× 翻訳訳語辞典
 翻訳訳語辞典 Quiz
翻訳訳語辞典で、次の訳語をもつ英単語は何でしょうか?(基本1000語に入るような単語1語です。カタカナの訳語は除いてあります。*例文、†出典)
解答→ share       Next
share   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜にもある
   
sb shared the inclination to first blame oneself: (人)にも、まず自分を責める傾向があったからだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265

あずかる
   
a secret not ours to share: われわれのあずかり知らぬ秘密 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 23
おこぼれにあずかる
   
share in sth: 〜のおこぼれにあずかる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 175
おなじ
   
share an office with sb: おなじ部屋ではたらく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 206
お互いの好きずきに応じて融通し合う
   
share sth: 〜をお互いの好きずきに応じて融通し合う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 53
そっくり
   
share one’s figure: 体形がそっくりだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 43
ともにする
   
stop short of professing to share sb’s concerns: (人と)見解をともにするとまでは言わない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 495
わかる
   
share sb’s joke: (人の)冗談がわかる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 66
わけまえ
   
come in for a share: わけまえにあずかれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 7
わりあてられた
   
never shirk one’s share of work: わりあてられた仕事はけっしてほったらかしにしない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 360

一緒
   
share one’s apartment with sb: (人と)一緒にいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 196
割当てられた
   
can not get through this world without our share of trouble: 世の中をわたって行くにはそれぞれ割当てられた苦労をしなくちゃならない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 78
   
they’ll be selling shares: 株の売りが殺到する ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 204
plunk down one’s dough to buy AA’s common shares: AAの株に投資する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
共通する
   
the major processes that all business share: あらゆる産業に共通する主要なプロセス ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 8
共通の情報として把握する
   
share among ...: 〜が共通の情報として把握する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 92
共同で借りる
   
share an apartment: アパートを共同で借りる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
教える
   
it is too good to share with anyone: もったいなくて人には教えられない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 198
見合わせる
   
share looks, a smile, with sb: (人と)顔を見合わせてニヤリと笑う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
語る
   
But he hadn't been able to share even a fragment of his mad dream: ……が、こんなきちがいじみた考えの片鱗をも、彼は房子に語ることができなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
交わす
   
share the sort of rosy smile: バラ色のほほえみを、(人と)交わす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 311
賛同する
   
privately share this view: その考え方にひそかに賛同する アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 107
持っている
   
share the common dream: あの共通の夢をもっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
持つ
   
share bossy’s name: 牛と同じ名前を持つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
自分もつとめを果たす
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 99
取り分
   
our share of ...: 〜に対する各自の取り分 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
手つだう?やっぱり
   
Share?: 手つだう? やっぱり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
譲り
   
share with one’s mother a tendency toward the excessive: 感情が往々にして度を越すのは母親譲りだ ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 113
接している
   
share a border with us: わが国とは国境を接している クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 529
相乗り
   
share a taxi into ...: タクシー相乗りで〜へ行く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 275
相通じる
   
share quite a bit: 相通じるところ少なくない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
打ち明ける
   
share sth with sb: 〜を(人に)打ち明ける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 264
share sth with sb: (〜を人に)打ち明ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 136
ought to share this fact with one’s friend: 親友に打ち明けなくてはいけない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
貸し借りなし
   
now comes the time of sharing: 今からは貸し借りなしだ スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 253
調子を合わせる
   
agree as if sharing sb’s doubts: (人の)疑念に調子を合わせるようにいう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 163
通じ合う
   
share ... stories: 〜といった話題で通じ合うところが少なくない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 121
通ずるものがある
   
the kind that only one nay have shared: その容赦のなさは、どこか(人に)通ずるものがある アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 204
伝える
   
share one’s decision with sb: 決定を(人にも)伝える ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
伝わってくる
   
share sb’s reverence: (人の)感嘆が伝わってくる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 67
同調する
   
share sb’s optimism: (人の)楽観に同調する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
負担
   
dispersal of the State’s share of funding: 基金積立における州の負担の配分状況 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
   
pay one’s share: 自分の分は払う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
分かちあう
   
He had come by a great thing and could not show or share it: 最高にすばらしいものを手に入れたのに、それを人に見せたり、その秘密を人と分かちあうことができないのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
have interests but very little sharing of them: たがいに関心をもちあってはいたが、分かちあえる部分は皆無にひとしい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
分かち合う
   
share the stress: 緊張を分かち合う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 479
分け合う
   
share a bottle of whiskey: ウィスキーのボトルを分け合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 108
分け前
   
weasel oneself a bigger share: もっと分け前をとろうとする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
have hoped in vain to share in the reward: その報酬の分け前にあずかろうとして果たさない スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 280
貰うもの
   
receive one’s proper share: 貰うものはちゃんと貰っておく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
利益配分率の高
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
話す
   
please share with me your thoughts on memory: 記憶について思うところがあれば話して下さい 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 69