× 翻訳訳語辞典
 翻訳訳語辞典 Quiz
翻訳訳語辞典で、次の訳語をもつ英単語は何でしょうか?(基本1000語に入るような単語1語です。カタカナの訳語は除いてあります。*例文、†出典)
解答→ fire       Next
fire   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
(銃を)撃つ
   
He raised the gun at once and fired: 彼はたちまち村田銃を構えて射った 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 260

おろす
   
fire sb from ...: (人を)〜からおろす ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 235
fire sb: (人を役などから)おろす ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 123
お払い箱にする
   
fire sb: (人を)お払い箱にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
さっと投げる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 324
たき火
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 400

引き金を絞る
   
fire the gun into ...: 〜に向けて引き金を絞る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
引金をしぼる
   
a rifle fired far in the distance: はるか彼方で引金をしぼられたライフル プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
   
there is fire in sb’s eyes: (人の)瞳には炎がめらめらと燃える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
make the fire eat up ...: 〜を炎で焼き尽くす ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 239
cast its bolts of thunder and rivers of fire: 空に稲妻、地に炎の河を走らせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
a lick of blue fire squirts out: 蛇の舌のような青い炎がぼうっと噴き上がる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
   
with a fire: 火がおこせれば カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
throw ... into the fire: 〜を火にくべる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
the great fire: 大火 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 134
the fires burn: 火が焚かれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
take heat from a fire in an oil drum: ドラム缶の中で火をたいて暖をとる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
smother the fire on ...: 〜にかぶせて火を消し止める ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 164
set sth on fire to drive sb out: (物)に火を放って(人)をいぶり出す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 89
set fire to ...: 火をかける 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 166
one’s dreams are full of fire: (人の)夢にはよく火が出てくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
make a fire: 暖炉に火をおこす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
like damp wood on the fire: 湿った薪を火にくべたときのような ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 85
light false fires: 見せかけの火をたく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
light a fire: 火を入れる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 337
fire ignites: 火が出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
catch fire: 火が出る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 17
be set to the fire: 〜には火がつけられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 321
be on fire in the self-consuming fashion of the sun: 太陽さながら、みずからを消耗させて燃える火に焼かれている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
火が移る
   
should have fired quickly but the flame wouldn’t catch: 火が移りそうでなかなか移らない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 78
火の手
   
He could see the fire now, about a mile to the south: ここだと火の手が見える、南に1マイルほどのところに レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 436
火を注ぐ
   
fire resentment of any consequence: 怒りに火を注ぎいらざる結果を招く マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 219
火を噴く
   
ready to fire: いまにも火を噴きそう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 105
火事
   
three-alarm fire: 地震、雷、火事にいちどきに見舞われる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 66
the fire happens: 火事にみまわれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
raise the cry of fire: 火事だとさけぶ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 35
火事のにおい
   
still carrying the fire with one: 火事のにおいを身につけたまま トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
火難
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349
撃つ
   
fire all XX bullets back through the door: ドアの内側からありったけのXX発を撃ち返す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
叱咤
   
be caught under sb’s fire: (人から)叱咤をあびる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 107
射ち出す
   
be fired out of the barrels of hundred thousand muskets: 何万という小銃の筒先から射ち出される ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 220
首を切る
   
fire sb: (人の)首を切る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
焼失する
   
be mysteriously fired: 不審火によって焼失する ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 205
槍玉にあげる
   
fire at sb: (人を)槍玉にあげる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
打ち上げる
   
fire off a flare: 信号弾を打ち上げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
対空砲火
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
   
The .31-caliber fire is flying all around sb: 31口径の弾は四方八方から殺到してくる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 52
friendly fire: 味方の弾 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 233
弾丸のように突き抜ける
   
fire directly through sth: (物の)まん中を弾丸のようにまっすぐ突き抜ける バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 28
暖炉
   
a nap by the fire: 暖炉のそばで寝そべること フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
追い出す
   
fire sb on the spot: すぐに(人を)追い出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
追放する
   
fire sb: (人を)追放する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
発砲する
   
nearly fire on sb: (人に)向かっていまにも発砲せんばかりのけんまく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 106
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
焚火
   
from near the fire: 焚火付近から クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 260
砲火
   
they would run into the simultaneous massed fire of seven ships: 七隻の同時集中砲火のなかにとび込むことになる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
砲撃
   
take fire from rocket-propelled grenades: ロケット式手投げ弾の砲撃を受ける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 218
浴びせる
   
fire the words at sb: たたみかけるように言葉の十字砲火を(人に)浴びせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 136