たまたま  

たまさか たまに まれ 時偶 滅多に 珍しく 適々 適さか 適適

つい ついつい なんとなく はからずも ひょいと ふいと ふっと ふと ゆくりなく 不図 何となく 何気無く 偶々 偶さか 偶偶 偶然 偶発的 図らずも 巧まずして 思いがけず 思い掛けず 思い掛ず 思わず 思掛けず 思掛ず 端無く 計らずも

ひょっと 図らず 期せずして 計らず

端無くも

accidentally の訳語→ うっかり 何かの加減で 何かの拍子で 偶然に

get の訳語→ 〜が入り込んでしまう になる を仕入れる あう ありつく いただきだ いやという目にあわす うける おく おさめる かかえてる かけつける くらう させる される しなきゃ そばまでいく そろえる たたきつぶす つかまえる つきとめる とらえる とりつける ならぶ なんとかかちとる はじめる ひっかけまわる ひっぱりだす まきこまれる もぐりこむ もって帰る ものにする やってくる わかってる 意味に気づく 引き出す 飲む 噂になる 開く 感触をつかむ 陥れる 起きる 吸う 救う 駆けつける 結ばれる 見つくろう 見る 見抜く 呼ぶ 雇う 座る 仕入れる 思いあたる 思いどおりになる 耳に入る 取り戻す 手にする 手に入れる 手をつける 受ける 収集 集まる 出る 焦らされる 乗り込む 食べる 食らわせる 心を打たれる 訊く 征服する 積む 狙う 漕ぎつける 貸す 託される 知る 着ける 通じる 当たる 得る 届く 入る 把握する 買う 避難させる 払う 紛れ込む 聞き出す 聞く 変る 捕まえる 歩く 募る 暮らす 命を縮める 明け 傭う 容赦しない 用意する 要求する 浴びせられる 頼んで〜させる 理解される 理解する 連れだす 連れていく 連絡する ...

happen の訳語→ 〜なんだ な目にあう になる日が来る ありがちだ ある いきさつ じつは どうしたことか ふと〜する ふりかかる みまわれる もちあがる やる 運ぶ 何かのついで 何の気なしに〜 起こる 経緯 経験する 現実になる 始まる 持ちあがる 次第 出来する 身にふりかかる 成り行き 珍しい事態ではない 顛末 動き 変化が生まれる 魔がさす

occasional の訳語→ 〜もある しばしば ときおり ときおりの ときたま ときどき口に入れる ときに ときには ところどころ ところどころに ままある めったに現われない よく 携帯用の 時々 少なくない 数少ない 二度、三度と 毎年必ずある 臨時

rare の訳語→ いつになく いつもならほとんど〜しない きちょう ごくまれ ざらにはいないりっぱな ざらにはお目にかかれない そうそうはない たまの まれな まれに見る めずらしく めったにない めったに経験することのない めったに見られない めったに味わうことのない ようやく 異例の 一時的の 奇蹟的な 希少価値が高い 希有な 稀な 貴重な 珍しい 滅多にない

somehow の訳語→ 〜だが でまた ある意味で いささか いずれは〜だろう いつかは いつのまにか かえって そしてなんとなく それでいて それとなく つくづく とかく とにかく とにもかくにも ともすると どういうものか どういう方法でか どうかこうか どうかすると どうしてか どうしてかはわからんけど どうしてだか どうしても どうにかこうにか どこか どこかで どこからか どことなく どことはなしに どこをどう迷ったものか なぜか なにかの折に なんだか なんとか なんとかして なんらかのかたちで なんらかの形で なんらかの手段で なんらかの方法で ひどく ひょっとしたら ひょっとして むしろ もしかすると 何か 何かしら 何がなし 何らかの 奇妙に 気がついたときには 懸命に 心なしか 多少 多少なりとも 必死で 不思議に

unexpectedly の訳語→ いかにも だしぬけに 意外と 意外なことに 意外に 意外にも 思いもかけない 思いもかけぬ 存外 突然 不意に 予期せぬ 藪から棒に

そのほかの「たま」で始まる語句・表現