まあ  

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 実際に 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

anyway の訳語→ 〜しまった に変わりはない いいから いずれにしても いずれにしろ いずれにせよ いずれは いまとなっては いやでも かまわず けど ことに さて じゃあ すでに せいぜい せめてもの そうでなくたって そもそも それでなくても それでも それなりに それに それにかまわず それにしても それにしても、とにかく それにまあ それにもかかわらず それはさて それはさておき それはそうと それはともかく それはともかくとして ただ ただでさえ たとえそうなったとしても だが ちっとは でなくても でも、とにかく とにかく とにかくね とにかくよ ともあれ とりあえず とれはともかく どうせ どう転んでも どっちにしても どっちみち どのみち どの道 なにぶん ま、それはいい まあ、これでとにかく まあいい もともと やっと わたしとしては 一応 何しろ 少なくとも 第一 念のために

but の訳語→ ・・・が こそすれ、〜 ながら にしても もさることながら いずれにしてもだ いわば かといって が、その一方で が、だからといって が、一方で くせに これにくらべて さりとて されど しいていえば しかしどうしたことだろう しかるに すると そこへゆくと そのかわり そのじつ その代りに それが それで それと それなのに それにひきかえ それよりも ただ〜 ただ〜の感はあったけどね だからといって だがしかし だがどうやら だけ だけどな だって だのに つい ではありますが でもいいんだ でもさ でもだからといって でもね でもねえ でも結局のところ といって といっても ところが ところで として とはいうものの とはいえ とはいったものの とはいっても ともかく なにしろ なにしろ〜なもんで なにせ なのに にもかかわらず のに ばかりだ ほかに ほかは まったく もちろん もっとも より外に 案外 遺憾ながら 一応は 一方 何はさて 実際 同時に 反面 ...

guess の訳語→ のね あたり あてずっぽう あてずっぽうで思いうかぶ あてずっぽうで答える あてずっぽうな想像 あて推量 おおかた〜だろう たぶん〜じゃないかと思う ちらりと思う どうやら にらむ みえる みたい らしい わからない わかる 憶測 憶測する 気づく 見当 見当がついている 見当がつく 見当のつく 見当をつける 見透かす 察し 察しがつく 察している 察しはつく 察する 思う 思うに 心づもり 推しはかる 推察 推察する 推測 推理 推理する 想像をたくましくする 想像する 想像がつく 探りあてる 知らない 知る 当たりをつける 当てようとする 当てる 当推量 踏む 読む 判断する 模索する 予想

however の訳語→ いかなる〜にせよ いや、しかし おまけに が、 これに反して しかし しかしですね そうかといって そのくせ その代り それでもあえて それに反して そんな〜ではあるけれど ただし ただそれが たとえ〜でも ですけど ところがどうして どうであれ

just の訳語→ 〜したて したばっかりだぜ したままぽかんと〜しているばかり でも なんだ に過ぎない までですよ あっさり あともう〜しかない いたって いつでも いましがた おとなしく かろうじて きっと ぎりぎり これこそ ごくごく さあ さっさと しげしげと すぐ そっくりの たかだか ただ、無性に ただじっと ただの ただひたすら たった今 たんなる だけに ちゃんと ちょっぴり ついさっき つい先頃 つまり というものだ とことん なに のこのこ のも ばかり ひょいと ふつうの ほんと、いかにも まさに まだ まちがいなく まったくの みすみす もっともな よりによって わずかに サシの 一介の 一足ちがいで 何をするともなく 簡単に 間をうめる 間一髪 今ここで 今しがた 今しがた〜したばかり 今の 今度のは 最近 至極 失敗する 瞬間 辛うじて 甚だ 正義を尊ぶ 精一杯 惜しいところで 単なる〜の域を出ない 単純に 同じように 同様に 不用意に 本能に 無造作に 黙って 要するに 要するに〜というものである 脇目もふらず ...

maybe の訳語→ 〜かもしれない くらいだろうか しそうだ したような気がした じゃないか じゃないかって気がするんだ といえそうである の可能性もある もあって ようだ いっそ いや、〜かもしれないが うん おそらく かな かもしれない かもしれないな かもしれん かもね さあどうだ さらに そうだな たしかに たぶん だったか だったら でしょうね どうやら〜らしい ひょっとして ひょっとすると ひょっとすると〜かもしれない もしかしたら、の話だけど もしかしたら〜かもしれない 可能性 可能性はある 疑問符つき 思うんですけど 場合によっては 多分

might の訳語→ 〜かのようだった しそう したほうがいい しないともかぎらない するには有効かもしれない であればいい とおぼしい なのではと思う みたいである られるのである ありうる うっかりすると ことがある しかねない ひょっとしたら よもやとは思うが、ひょっとして 可能性がある 気がする 思われる 精魂

now の訳語→ 〜が済む あとは あらためて いい? いい加減に いつしか いまこの瞬間 いまさら いまだから いまにして いまは いよいよ おやおや が、いまは こうなっては ここ ここから先は ここでは ここは このとき この期になって この時点で これで これでやっと こんどはやおら さあってばさ さてと しばらく前から そういえば そうよ そこにゆくと そして そのため そら行け それでは とうとうきたよ とりあえずは なら はじめる はやくしろ まずは もう もうすっかり もとより もはや やがて よーし ようやく ようやく〜になる んーと 一刻も早く 何はともあれ 近ごろ 近頃 現在 現在では 現代では 後で 此の頃は 今から考えると 今こそ 今さら 今でも 今となっては 今にして思へば 今になって 今のところ 今は 今はもう 今や 今後は 今更 今度こそ 今度は 今度ばかりは 今日 最近では 事情を聞いてみれば 早くも 待て 当面の 目下 ...

okay の訳語→ ああ いいか いいかな いいだろう いいでしょ いいですね うまくいく じゃあ言うけど そうですか たのむぜ ちゃんとした では ととのう はいはい ま、いいか まあまあ まずまずの まともな やっぱり やります ようし よかった よし わるくない オーケー 悪いやつじゃない 安否 異常はない 上々だよ 成功 生きている 大丈夫 波風を立てない 不都合なわけでもない 無事 問題なし 落ち着く

only の訳語→ 〜ぐらいなもの しかない ですむことである にすぎない の域を脱していない をどうにもできない 以外立入禁止 あくまでも あとはただ〜 いかにも いつも決まって かえって〜する かぎる かりにも きり こそなれ さもなければ〜もせぬ しょせん じゃなきゃあ すくなくとも せめて そこそこしか たかが たたでさえ ただ〜である ただの〜 ただもう たった だけだ だけは ちょっと〜しただけ でしかない でならない とどめる なにぶんの には のみ はじめて はじめての はやい ひとえに ひとつしか ほかない ほかに〜はない まぎれもなく まだほんの まだやっと までだ むろん ものの やはり よく見ると ろくに わずか 一心で 何でもない 何とか 何のことはない 却って 限らず 弱冠 初めて 専用 他にはない 当然 畢竟 変りはない 無二の 目標を限り 唯一 唯一の ...

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ あまり あんまり いいかげん いくらか いっそ〜したい いつになく かえって かわりに けっこう このさい ごく さすがに さぞ すこし ずいぶん それはもう それよりか ちょっとした つとめて ではなく というより というよりは ともすれば とんだ どことなく どちらかというと どちらかといえば なかなかの なくって なんて なんとなく なんとはなしに はなはだ ばかに ほとほと ほんとうに まだまだ めっきり やや ややともすると より正確には わざと わりあい わりに 依然 何だか 何の 感じの 気味 極めて 結構 思いのほか 実に 小さな 少々 少しばかり〜 頗る 心持ち 随分 多少 避け 妙に

some の訳語→ 〜かなにか か何か というもの ある ある者 ある人 ある程度の いいしれぬ いくつかの いくばくの いささかの収入 いろいろ おあまりの かなりの か何処か ごろ さまざまな ざっと〜ぐらい そこらの その位の たいした たっぷり ちょくちょく どういう どこかの どこかの誰か なかには〜ものもある なにか なにがしかの なんか むかし もう少し やや〜そうに ようなもの よほど高価な 或る 一つ 一掬の 一種 一端 一度ならず 一部 一部では 一部には 一部の 一部の〜 一面 何か 何かしら 何かの 何か形のある 何と大した〜ではないか 何らかの 何故か 何処か 何人か 何度か 僅かな 結構な 向き 時として 少々の 少しは 少しばかり 少量の 人によっては 人もあり 数あるなかには、〜もある 多少とも 多少なりと 内外 二、三 薄々 比較的 妙な 余り ...

sort の訳語→ 〜ともいえる ように かたち ぐらい こんな その手 たぐい たち ほどの人 まあね みたいな ような よくあるタイプ よりわける らしきもの タイプ 区別する 仕分けする 仕分けをする 種類 整理する 選りわける 調子 程度 内容

God の訳語→ いけない! やめて! いやあ いやはや うーん お願いだから くそっ すごい なんとしたことか 神様

そのほかの「まあ」で始まる語句・表現