前  

お前 そば 御前 目の前 面前

フロント 前っ面 前部 前面

正面 真面 表がわ 表側

先行 先行- 先行する 前の

ahead の訳語→ 〜かなたにある うえだ これから さき はるかに上 将来に 上回る 制す 先に 先まわり 先を 先を行っている 前に 前途に待ちかまえている 前方 前方を 早い 目前にいる

back の訳語→ 〜しなおる あおむけ あがる あちら あと あとずさりする あとについて あらためて うしろ うしろに うしろの座席 うしろへ こっちを すむ そちらへ行く のけ反らせて ひるませる ふたたび ふたたび〜する ぶりかえす また むこう もとどおりに もどる よす ハラ バックする 一票を投じる 引き 引きさがる 引き返す 奥まった 応える 応援する 押しとどめる 下げる 荷台 帰った 帰る 仰向 肩を持つ 肩入れする 後ずさり 後ろ 後ろで 後ろに 後ろ向きに歩く 後ろ盾 後退 後退する 後部の荷物用スペース 後部座席 後方 後方で 好む 甲羅 根底 止まる 上げる 振り返る 折れてくれる 相手にする 追いつめる 逃げ帰る 納まる 背もたれ 背筋 背後 背後から 背後姿 背中 背中側 反対側に 復活 舞いもどる 返す 戻す 戻る 来る 落ち込み 裏口 裏口の 裏手 裏手の庭 離れた 離れていく 力になる

before の訳語→ ・・・から〜する から、また し、やがて〜 したあとで したところで したのは した末に、はじめて して〜する してから〜する しないうちに しないように しなければ、〜ない するまで するまでには する暇もなく ということになって、やっと に先立って ぬうちに まで〜しない までに よりも早くに を待たず ところで うち かつて から けっきょく最後には この前 これまでに さっきまでは してはじめて すると そこへ その前に それからやっと それまでのあいだ とうに ないまま なかで にあたって には ぬ先から はじめて ひまもなく ふくまれていない まだ〜しかねているうちに まだ〜しないうちに まだ〜でなかった時代 まで までは もうそろそろ やおら やっと ようやく よりはやく より早く 以前 以前にも 一足先に 一度も 暇もないうちに 過去に 眼前を 近い 後に 後まわしで 今まで 今度は 最後は 際に 真ん前に 先から 先刻 前にも 前もって 前回 漸く 早くに 置いて 直前 途中で 抜きで 面前で 目の前に 目の前の 目前に ...

earlier の訳語→ さっき さっきは

early の訳語→ くりあげの さっさと さっそく すみやかなる ときならぬ とっくに はじめごろ はじめの はやくに ばかり まもないころから 回想 改まったら 間もなく 最初の 若い 若いころ 初頭 序盤に 前から 前半 前半の方で 早々から 早々と 早いうちから 早いうちに 早い時間に 早く 早く死んで葬られた 早めに 早朝 存外はやく 朝から 朝一番 幼い 幼いころの 匆々 黎明期の

forward の訳語→ 以降 厚かましいお願い 出る 進み出る 進む 前のめりに 前へ 前向きに 前進 前進の 転送 転地先に送る 背をこごめて

front の訳語→ お体裁 かばう 隠れ蓑 押し出し 偽装 虚勢 胸の部分 建て替える 軒先 玄関 玄関の 玄関ドア 玄関前の 手前 正面に 正面玄関 先頭 代弁をする 入口 表に 表向きの 門前

near の訳語→ 〜あたりの きわで にひとしい のわき 寄り 近傍の 付近 いい線いっている しそうになる すれすれまで そばに といってもよいほど ぴったり ほとんど ほぼ まずは みたいだ 陰に 遠くはない 界隈 間近 危機一髪 寄って 近づく 近所 手近の 徐々に 親しみを感じる 方向に 脇に

next の訳語→ 〜に隣接した わきの あくる あとは いまから お次 かたわらの このつぎ この先 これから先 そのあと そのあとから その後 その後の そばの それから それからの それで ついで つぎ つぎなる つぎに つぎの つぎの瞬間 つづいて つづく わき わきに 一瞬 次の 次回 周辺に 続く 同様 二の舞 並べる 明日の 翌年の 隣で 隣に 隣の 隣接する

old の訳語→ 〜じいさん のやつ ありきたりの いいとし いつかの いつもの おいぼれ おとといの おなじみの おんぼろの お手のものの かっての かびっぽい これまでの しのぶ じじい ずいぶん前 それまでの としをとる ばあさん ひところのような ふるい もとの わかりきった 以前の 一人前の 往年の 過ぎ去った 記憶の 旧式の 古い 古き 古びた 古めかしい 古色蒼然 古代 荒れはてた 歳をとる 思い出の 時代物 従来通りの 上の 昔から 昔からの 昔ながらの 昔の 昔気質の 大きい 脱皮した 着古しの 年かさだ 年かさの 年とって 年を取っている 年を食っている 年寄り 年寄りの 年増 年代物の 年長 年配 年配の 年老いた 肌になじんだ 由緒ある 履きふるした 履き古した 例の 齢をとる 老〜 老い 老いがくる 老いさらばえし 老いた 老いて 老いぼれ 老いぼれの 老けこみ 老けこむ 老けた 老けて 老けている 老け込む 老け込んだ 老け込んでいる 老巧 老人っぽく 老年の方に近い ...

outside の訳語→ 〜の郊外 の前の はともかく を別とする を別とすれば 郊外に 前で しゃば そばを の前で はなれて よそ目 以外で 以外の 外で 外の 外へ 外角 外部 外面は 見かけ 郊外 社外 窓の外 庭の 表で 娑婆の

presence の訳語→ 〜をうろつくこと ある いる いること そこにいた はいりこんでいる 謁見の場 何か 気配 姿 出向いたところで 人物 人柄 存在 存在感 同席 風貌 平静 目のあたり 目の前にあること 来ていたこと

previously の訳語→ 〜前 これまで それまで 前の日に 前以て 予め

short の訳語→ あっさり きれる すこし すこし欠ける すれすれ たちまち ちょっと ちょっとずつ てっとりばやい はかない はたと はっと ひとことで みじかい わずかしかない ショーツ ショートパンツ ミニ 一時の 簡にして 間もない 詰まる 急に 狭い 凝然と 事欠く 手っとりばやい 手短かに 小さな 小柄な 少し 人員が払底する 浅く 早くいえば 足りない 短い 短躯 短躯で 短時間 短絡させる 薄い 不足