Gaunt   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いかつい
   
the gaunt shape of windmill looms up upon ...: 〜に風車のいかつい姿がぬっと聳えだす セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 19

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

gaunt scarecrows of that region: あの着たきりすずめたち
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 57
"Fine as paint," Gaunt agreed: 「なかなかのものでしょ」ゴーントは答えた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
Mr, Gaunt agreed: ゴーントさんは否定しなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
Awhile, Gaunt replied; awhile: もうだいぶになりますね。ゴーントは答えた。かなり長いですね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
"This would only take a minute or so," Gaunt coaxed: 「なに、ほんの一、二分ですよ」ゴーントがそそのかした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
"Oh, come on," Gaunt coaxed: 「迷うことないでしょ」ゴーントはたきつけた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
"A hundred and forty," Gaunt countered: 「百四十」ゴーントは答えた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
"A note for your employer," Gaunt said: あなたのボスへのお手紙
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
God, he loved Leland Gaunt: そしてなんとしたことか、キートンはリーランド・ゴーントに愛情さえおぼえていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
He looked at Gaunt with a hurt so deep it was grief: 深く傷つけられて心がうずいている--そんな眼で、彼はゴーントを見た
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
Gaunt's smile grew: ゴーントの顔に笑みがひろがった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
Gaunt insisted: ゴーントはもうひと押ししてみた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
"Name me a price," Gaunt invited: 「呼び値は?」ゴーントがうながす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
"No, you dummy," Gaunt said: 「そうじゃない。馬鹿」ゴーントはさえぎった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
'You don't have to be that prompt,' she said as Gaunt walked her to the door: 「そんなにお急ぎにならなくても……」戸口まで送ろうとするゴーントにポリーはいった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
Mr. Gaunt had offered to wrap her purchase for her, but Miss Ratcliffe refused, saying she wanted to hold it.: (人は、)手にもっていたいといって首を横にふった。
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
Gaunt removed the key when it wouldn't turn anymore: いっぱいまで巻き上げたゴーントは、キーを鍵穴から抜いた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
Gaunt replied, grinning back: ゴーントは、そういって笑みを返した
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
"Sadly, so have I," Gaunt said: 「悲しいかな、私もそうなんですよ」ゴーントは答えた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
"Not money," Gaunt said: 「金じゃありません」ゴーントはいなした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
"Well," Gaunt said: 「いいですか」ゴーントは口をひらいた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
'Of course,' Leland Gaunt said for the third time: 「ええ、もちろん」リーランド・ゴーントは三たびこの答えを口にした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
Gaunt watched them, smiling: ゴーントはにやにやしながら、そんなふたりの様子を見やっていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
'Worse,' Gaunt snapped: 「それ以下だ」ゴーントはぴしゃりといった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
Gaunt squeezed the baseball: 手にしていたボールをゴーントはぎゅっと絞った
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
Don't go to any trouble on my account, Mr.Gaunt!: ぼくのためだったら無理しないでください、ゴーントさん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 44
Gaunt watched them, smiling gently: そんな彼らをゴーントはおだやかにほほえみながらじっと見つめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
Well, I'll wish you a very good day, Mr.Gaunt--: ではここで失礼します、ゴーントさん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63