Kelly   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

The idea of forcing her to do anything bridled Kelly: 何事にもせよ彼女に無理強いするというのは、ケリーには気が進まなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 132
"Aviators gotta be crazy," Kelly bitched: 「飛行機乗りなんて、並みの神経じゃありませんね」ケリーはぼやいた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 160
Not since he was sixteen years old had anyone ignored Kelly so blatantly: 十六歳になってからこちら、ケリーは人にこれほどあからさまに黙殺されたのははじめてだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
But Kelly had shown some mercy after all: それでもケリーは一掬の情けをかけてやった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
Kelly explained as evenly as he could: 彼はできるだけ淡々と話した
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
Kelly unfolded the chart, again examining the river he'd be taking up: ケリーは地図をひろげ、自分がさかのぼる川をもう一度よく見た
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 173
He was the sort who finished number one in nearly everything, Kelly figured: なにをやらせてもたいていトップで終える男なんだな、とケリーは察した
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
First, the police are wrong, Kelly told himself: なによりもまず、警察は間違っている。ケリーはそう断じた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
Both were local, experienced UDT men, trained almost as well as Kelly: どちらも地元の男だが、水中破壊作業のベテランで、ケリーにひけをとらぬ経験を積んでいた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
"Fire in the hole," Kelly said, repeating the mantra three times more: 「爆破準備完了」ケリーは三度、おまじないのようにつぶやいた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
Eyes narrowed at that, all of them, Kelly saw: これには全員の目が険しさをおびるのをケリーは見た
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 91
A little pride in that one, Kelly noted: ちょっぴり誇らしげな口調をケリーはききとった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 577
Kelly didn't know what it was, but didn't search for the reason, not now: それがなんなのか、ケリーにはわからないが、さしあたってはさぐらないことにした
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
Kelly explained as offhandedly as he could: ケリーはできるだけ無造作にこたえた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
Orderly, Kelly thought: 従兵だな、とケリーは判断した
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 226
"Want me to demonstrate with one of yours?" Kelly asked quickly: 「なんなら、おまえさんの玉で実演して見せようか」ケリーはすかさずやりかえした
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 55
-- quit, Kelly's mind corrected, with not a little quilt: 自分からやめたのだ、とケリーは頭のなかでいいなおし、すくなからぬうしろめたさを覚えた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 363
Kelly said without thinking: ケリーはつい迂闊に口にした
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
"Yes," Kelly's body shuddered for a moment: 「うん」ケリーの肩が、一瞬、小さくふるえた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 216
Luck smiled on Kelly: 運がよかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
"Wrong answer!" Kelly snarled: 「それでは答えにならん」ケリーはどなりつけた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 582
The surgeon didn't have the stomach to look at Kelly's face: 外科医はケリーの顔を見る勇気を欠いた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
Kelly's voice was all business: ケリーのしゃべりかたは、冷静そのものだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
"Teams in place," Kelly whispered: 「位置につきました」ケリーが小声で告げた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 78
Kelly wasn't really looking for challenges -- yet: ケリーはまだチャレンジまではもとめていない--いまのところは
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400