Takichiro   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Takichiro now drew designs merely as a hobby or diversion: 太吉郎の下絵は、今もう、趣味か道楽かである
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 32
Before the dance festivals, Takichiro gloomily went up to the teahouse: おどりの前に、太吉郎は浮かぬ顔で、茶席へあがって行った
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 205
Takichiro sat languidly, making no attempt to enliven the conversation: 太吉郎がぼそっとしていて、一向に話をはずませようとしない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 141
Takichiro looked puzzled: 太吉郎はけげんそうに、
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 100
Pursing her lips, she sat next to the woman in order to avoid Takichiro: 太吉郎をさけるように、女の横に腰をおろして、口を結んだ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 136
Takichiro's voice was unintentionally loud: つい太吉郎は、大きな声を出した
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 216
Takichiro usually did not like to be pressed for details: 太吉郎は常から、くわしく問いかえされることがきらいである
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 67
Takichiro felt vaguely young again: 太吉郎はほのかに若やいでいた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 208