ability   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
できること
   
end sb’s current ability to do anything but do ...: 〜が終わると当面できることはなにもなく、〜するばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 501

感性
   
the ability to create images: ものの形を思い浮かべる感性 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 77
才幹
   
one’s ability was already identified by sb: (人の)才幹が〜によってつとに着目されていた フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 34
才能
   
theologian of considerable ability: 稀にみる神学的才能に恵まれ 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 5
it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has: 人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
have a clear artistic ability: 絵を描く才能が間違いなくある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 203
demonstrate incredible ability: すばらしい才能を発揮する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 223
能力
   
to the best of one’s ability: 能力の限界まで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 434
meet the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs: 将来の世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく現在のニーズをみたす ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
本領
   
one’s own ability: (人の)本領 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
有能
   
forgive ... for the sake of ability: 有能なら、〜を許す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
   
why shouldn’t one have the ability to prove it?: それを実証する力が自分に備わっていない筈はない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
腕前
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206
辣腕
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 15

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

great talent and ability: 才器
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 48
athletic ability: 運動神経
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 75
use this ability to ...: 〜を武器に〜する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 213
the ability of handling one’s body: 体の機敏さ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 95
one’s incredible ability to imitate and throw sounds: (人が)信じられないような擬音を出してみせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
lose one’s ability to understand: わからなくなる
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 105
if nothing else, one value one’s ability to judge other people: ひとを見る目だけは、育ててきた
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 165
have a remarkable ability to see years ahead: 何年先まで見通しだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 344
go beyond anyone’s ability to repair: だれにも手のほどこしようがない地点まで足を踏みこんでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
some acting ability: 演技力
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 315
one’s ability is already identified by sb: (人の)才幹が〜によってつとに着目されていた
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 34
have the ability to put people at ease: 人をほっとさせる能力のようなものがある
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 86
Raschi's ability to concentrate improved immediately: 以後ラーシーは、みるみるうちに集中力を身につけた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 416
sb’s ability to concentrate improved: (人が)集中力を身につけた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 416
the fact that sb is lacking in the ability to imagine: 持合わせのない想像力
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 70
men of little ability: ろくな才能もない人間
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 9
ability to motivate oneself: 意欲
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 8
Or maybe you have the ability to put people at ease?: それともあなたには人をほっとさせる能力のようなものがあるのかしら?
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 86
He seemed to be parading his ability to react in a most everyday manner: ごく日常的な態度で応じることが出来るところをわざわざ誇示しているようで
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 150
add with justifiable pride in one’s ability: 相変わらず己れの才能をとくとくとひけらかす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 166
don’t share sb’s reservation about sb’s ability: (人の)才能をおさえつけている(人の)やり方は承服できない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 115
swell beyond one’s ability to ...: 〜をはるかに超えて〜できなくなる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 216