amusing   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おもしろい
   
very amusing: おもしろいご意見ですな トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
find sb amusing: (人の)目には〜がおもしろいとうつる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148

一興だ
   
it would be amusing to see if ...: 〜かどうかやってみるのも一興だ ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 248
冗談めかした
   
amusing deviation: 冗談めかしたはぐらかし ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 16
人の注意をそらさない長身
   
tall, spare and amusing: 長身痩躯、人の注意をそらさない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 87
飽きない
   
be amusing to observe ...: 〜は見ていて飽きない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 244
魅力的
   
The gesture was friendly, brief, even rather amusing: そのしぐさは、親しさにあふれ、簡潔で、むしろ魅力的に思えた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
面白味のある
   
be the type of man who, though not amusing has a knack of knowing things: 面白味こそないが、いろんなことに通じるこつを心得た男だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 60
余計なお世話
   
think that is just about as amusing as filtered cigarettes: フィルター付き煙草並みの余計なお世話だと思う ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 32

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

there is an amusing possibility that ...: ひょっとすると〜かもしれない
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 50
it is all very amusing: それもまた一興だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 59
be not without sb’s amusing side: なかなか捨てがたいものだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 149
all this was amusing: なかなか洒落たことをする
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 197
be recklessly amusing about sth: 図に乗って物の図に乗って(物の)ことを面白おかしく語る
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 133
but it was very amusing anyway: それにしてもなかなかおもしろかったぜ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 117
be both pathetic and amusing: 気の毒になるやら可笑しいやら
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 262
supply amusing epilogue: 面白おかしくしめくくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 113
an amusing little story: なかなか愉快な話
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 94
Usually, the extent of Dixon's interest was less amusing: セックスへのディクソンの関心度は、ふだんはスターンにとって愉快なものではない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159
very amusing: なかなかおもしろい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 117