ants   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ants get at sth: 蟻が(物に)たかる
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 38
loss of his breakfast to ants: 蟻に奪われた朝食
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 20
The ants must be removed: 何はさて、蟻を駆除しなくてはならない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 241
neither man wants to admit openly: どちらの男も口に出して認めたくはない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
be more pleased than one wants to admit: 内心のうれしさをそれ以上は口に出せない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 240
summoned to rise against the tyrants of the earth: 世界の暴君たちに抗して立てという召命に応じて
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
agree to do as sb wants: (人の)希望を入れる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
all sb wants to do is ...: 今はただひたすら〜したい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 285
all sb wants to do is ...: 矢も楯もたまらず〜したくなる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 469
laugh so hard one almost wet one’s pants: 笑いすぎておしっこを洩らしそうになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
always be trying to get into one’s pants: 隙あらば(人の)パンツのなかにもぐりこもうと虎視眈々の様子だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
who wants to be an anachronism?: 時代錯誤は願い下げだ
And the government wants the records of this accounts?: で、政府がその口座の記録を要求している?
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
be antsy for ...: 〜を待ちかねてしびれをきらしている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 65
be not something anyone wants to do who do: 〜している者にとって、ちょっと具合がわるい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
who wants to look at boring ..., anyway?: 〜なんか見たってつまらねえや
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 25
the warrants would appear: 捜査令状がわいて出ることだろう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
army surplus pants: 軍放出のズボン
He wants to see you, ASAP: きみに会いたがっておられる。可及的速やかに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
ask sb what sb wants: ご用件は、と聞く
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 196
assorted stimulants: 何種類かの興奮剤
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
palace guards and attendants have showed me to the anteroom: 衛士と侍従が、控えの間に導いてくれる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 42
complete with attendants at self-serve islands: 従業員をセルフサービスのスタンドにおく
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 20
the blood flows from sb’s heart and down sb’s chest, down sb’s legs staining sb’s white pants scarlet: 心臓から血が溢れ出て、胸を流れ、脚をつたい、白いズボンを緋色に染める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 515
suppress the sorrow that wants to burst out into a scream: 声になりそうな悲しみを我慢する
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 29
have the appearance of skeletal giants with bushy heads of hair: さながら蓬髪の巨人の骸骨だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 192
be in charge of the servants: 女中頭
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 57
peasants’ clothes: 野良着
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 34
be going to come in one’s pants: いっちゃう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
a tug come at one’s pants leg: 誰かが〜のズボンを引っ張った
spend in the company of vagrants and other outsiders: 落ちこぼれや、やくざのたむろする場所で暮らす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
few confidants: 数すくない友
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 387
all of the contestants were bleeding from their ears: クイズの解答者は、だれもかれも両の耳の穴からだらだらと血を流していた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
a couple of pheasants: 雉のつがい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
stop crapping your pants, will you: びくびくするなよ
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 18
one of the occupants of the cubicles opposite: むかいのブースを占領している人
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
repair the moral damage done to the inhabitants: 住民の悪ずれを払拭する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 158
have been uncertain in one’s dealings with tenants: 極度の店子恐怖症に犯されている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 142
under the decree which banished all emigrants on pain of Death: すべての亡命貴族は追放する、そしてそれにそむくものは死刑だという例の法令
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 180
truly, a decree for selling the property of emigrants: そう、亡命貴族の財産は売立てに出すという法令ですよ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 120
the faults of the aspirants are often denounced: よく参禅者の不心得を諷せられます
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 204
tell sb how desperately one wants to affirm that sb is real and really with one: (人の)存在を確かめたがっていることがありありとわかる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 77
be key determinants of ...: 〜を直接左右する産業
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 250
have not done the plants much good: 植木にかわいそうなことをする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 449
have got sb with sb’s pants down: (人の)きんたまを握ってる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 168
squeeze out of sb every dribble of the remnants of ...: 〜の残滓を一滴のこらず(人から)しぼりとる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 58
If you want to chase down a drunk's pink elephants, be my guest: 酔いどれの戯れ言に付き合いたければ、好きにしてください
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 470
new entrants: 新人
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
the European-style restaurants: 西洋料理店
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
that’s exactly what one wants: それこそ〜の望むところである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 238
explain what one wants: 自分の要望を明確にする
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 42
... set plants growing unusually fast: 〜で植物が徒長する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 203
the faults of the aspirants: 参禅者の不心得
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 204
smell of vagrants fill sth: 浮浪者の匂いがこもっている
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 139
flannel merchants: 口達者
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 73
'To hell with what George wants,' she retorted, flaring: 「いいのよ、ジョージなんかほっとけば」彼女はおこってどなりつけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 279
be flying by the seat of one’s pants without much precedent: 前例のない思い切った試みだ
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 29
You get no tips from the fringesters living off grants: 世の一部でしか認められていないマイナーな連中からはチップをもらえないのだ
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 34
do the usual gigs for a few years--serve papers, pick up fugitive warrants, does car patrols: 書類事務、不法入国者の取締り、パトロールなど、通常の任務を一、二年こなす
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 39
give sb just what one wants: (人の)絶好の餌食になる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 284
give sb anything sb wants: (人の)いいなりだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 245
live off grants: 世の一部でしか認められない
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 34
prepare the ground for one’s tomato plants: トマト畑を耕す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 84
shirts hang over sb’s pants: シャツの裾をパンツの外に出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
have one’s wet pants: 小便をちびる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
have no talent with plants whatsoever: 植物の世話はからっきしだめだ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
one of Los Angeles’ hippest restaurants: ロサンゼルスで最先端のレストラン
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 9
hitch one’s pants up: ぐいとズボンを引っぱり上げる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 249
sb’s home office wants sb to ask: 本社のほうから訊いてこいといわれる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
hot croissants: ほかほかのクロワッサン
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 123
hot pants: 好色
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
there is a man in a khaki shirt and pants: カーキのシャツとズボンという格好の男がいる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141
the inhabitants of a newsstand: ニューススタンドにたむろするような人々
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 251
even the most relaxed of its inhabitants: どんなに悠然とした棲息者にも
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 93
the more one wants to keep ...: 〜に対する執着はいっそうつよくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
it’s a kick in the pants: こいつはおどろきだ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 49
kid the pants off sb: (人を)とことんからかう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 123
make sb participants in a killing: (人に)殺人の片棒を担がせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 86
the ladies one wants to lay: ものにしたい女たち
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
the last thing one wants is ...: (人は)〜を極端に恐れている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 276
be the last thing one wants: どれほど勧められても、決して〜すると言わない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 141