attack   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
たたく
   
attack the escorts: 両護衛艦をたたく マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
とまる
   
have a total heart attack: 完全に心臓がとまる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 490
どっと襲いかかる
   
be attacked by ...: 〜が、どっと襲いかかってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
ぶつかる
   
attack directly into sb: (人に)まともにぶつかる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 385
やり込める
   
attack sb for sb’s frivolity: ( 人を) さも軽薄もののようにやり込める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 214

空襲
   
attacking from astern: 後背からの空襲のさい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
群がる
   
locust attacking social causes: 「社会のため」という大義に群がって貪り食う破壊分子 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 174
攻撃
   
sb’s reckless threats and attacks: (人の)あからさまな脅威や攻撃 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 223
dawn attacks: 払暁攻撃 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
counsel a near-term attack on ...: 〜に対する早期の攻撃を提言する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 421
a probing attack: 側面攻撃 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 236
攻撃する
   
be really going to attack: 本気で攻撃をかける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 255
手きびしい
   
one’s scathing attacks on ...: 〜に手きびしい批評をくだす(人の)言葉 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 58
襲う
   
carry out an attack on ...: 〜に襲いかかる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 47
侵害
   
attack on sb’s network: ネットワーク侵害 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 151
侵入する
   
attack other computers: よそのコンピュータに侵入する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
直撃する
   
attack sb midline, spreading from the heart: 心臓を直撃し、そこから全身にひろがっていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
被害
   
be immune to attack: 被害とは無縁である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 108
麻痺
   
have a heart attack: 心臓麻痺を起こす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
die of a heart attack: 心臓麻痺で息をひきとる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
腕をふるう
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 258

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sneak attack: 不意打ち
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 112
rush in to the attack: 攻め入る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 91
make one’s attack: 攻撃をかける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
launch an attack: 攻撃に出る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 95
enemy attacks: 敵襲
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97
be attacked: ねらわれている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 117
attack repeatedly: 攻めたてる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
when to stage the attack for maximum surprise: いつ襲撃するのがいちばん衝撃が大きいか
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 197
switch to a frontal attack on ...: 突然、〜の悪口を言いはじめる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 54
suddenly attack me from behind: さっと隙をつかれる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 66
secure sth against all possible attacks: 防御を固める
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
one’s way reflexes brace one against attack: 反射的に身構える姿勢になる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 113
make an attack on ...: 〜に対して攻勢に出る
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 313
I just defended myself when I was attacked: ふりかかる火の粉をはらったまでだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 191
go on the attack: 高飛車に出る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 75
don’t beat sb in a frontal attack: (人を)正攻法では攻略できない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 343
be attacked as preposterous: 無茶な試みであると叱正を買う
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 74
change one’s attack to sb: 矛先を向けかえる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 56
the trained attack perfectly co-ordinated: 襲撃訓練の成果がみごとにきまった
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 404
have a collective heart attack: 集団で心臓発作を起こす
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 26
concentrate one’s attack on ...: 〜に集中攻撃をかける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 52
a wholly inadequate cover and powerless to save the convoy from any determined attack: 直衛にあたるにはまるで不足で、敵がその気になってかかれば、どんな襲撃からも船団を守る力はない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 186
suffer a crippling heart attack: 心臓発作を起こし、寝たきりの状態になる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
for a really crippling attack: 徹底的にやるには
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 276
the heavy attack being directed against ...: 〜に、猛攻撃がくわえられる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 457
one’s noses dip into the plane of the shallow attack dive: 機首が緩降下姿勢にさげられる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 386
entertain visions of our quarry dead of a heart attack: 大事なかもが心臓麻痺で息絶えるの図がしきりと目にうかぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 25
extensive attack: 広範囲にわたる侵害
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 151
the heavier attack by far: 前回をはるかにしのぐ猛攻撃
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 457
shift under the ferocity of the attack: 凄まじい攻撃を浴びてもぞもぞする
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 52
the heart attack that turned out to be gas: 心臓発作かと思われたのがげっぷ一つでけろりとなおった
heart attack strikes: 心臓発作におそわれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
heart attack:心臓麻痺
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
the heavy attack: 猛攻撃
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 457
choke back an attack of hiccups: しゃっくりを押さえる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 340
has an gallant, hit-and-run method of attack: 刺し逃げという卑怯な手を使って攻撃をしかけてくる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 281
immediateness of his attack: 速攻法
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 209
minor attack: 小規模な侵入
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 151
sb’s real affense have been to attack advertising: 本当は(人の)広告批判が逆鱗に触れたのだ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 35
attack pattern: 攻撃隊形
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 465
press home one’s attack: 必殺の攻撃をかけてくる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 387
provide umbrella cover against air attack: 敵空襲にさいしては傘形援護でこれをふせぐ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 77
entertain visions of our quarry dead of a heart attack: 大事なかもが、心臓麻痺で息絶えるの図がしきりと目にうかぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 25
the bustle which succeeded the attack: 攻撃が終った後の騒ぎ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 156
torpedo attack: 魚雷攻撃
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 333
wickedly make one’s attack on the most vulnerable spot: 意地悪く、その急所を襲う
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 254
And, worse, he could use our network connections to attack other computers: それ以上に始末に悪いことに、ハッカーは研究所のシステムからネットワークを利用してよそのコンピュータにも侵入できるのだ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31