awfully   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いやに
   
be awfully cooperative to sb: いやに熱心にやってくれる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 374
えらく
   
have spent an awfully long time: えらく時間がたってしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
awfully clever people: えらく気のきいた連中 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 216
すごく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
すっごく
   
it takes sb an awfully long time to do: 〜するまですっごく時間がかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
be awfully exciting: すっごくおもしろい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 144
ずいぶん
   
It's awfully queer, isn't it?: ずいぶんきたいだねえ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 88
たいへん
   
feel awfully guilty: たいへんつらい 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 94
とても
   
look awfully good to sb: (人)にはとてもすばらしく見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
it’s awfully good to see you: いやあ、お目にかかれてとてもうれしい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
なかなか
   
be awfully popular: なかなかはやってる 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 38
なんとも言えない
   
an awfully satisfactory feeling: なんとも言えない満足感 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 53

心から
   
be awfully pleased: 心から楽しんでいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
随分
   
sleep an awfully long time: 随分長く眠る 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 264
呆れるくらい
   
be awfully fussy about ...: 呆れるくらい口うるさい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 61

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

not awfully well: 思わしくない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 115
it’s awfully good: すばらしい品物
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
I’m awfully sorry: 申しわけありませんが
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 13
get awfully tired: ひたすら疲れ果てる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
be awfully tired: だるい
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 209
be awfully silly: 馬鹿馬鹿しい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 528
awfully sweet: うっとりって感じ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
You look awfully respectable: 今日はばりっとしてるじゃないか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 439
You’ve been awfully kind to my children: いつも子供がお世話になります
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 11
would like awfully to ...: ぜひ〜したい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 104
one’s voice is awfully excited: (人の)声は弾んでいる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 209
not awfully well, thank you: 思わしくありませんのです
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 115
it’s in awfully good condition: 保存状態はすばらしいんです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
I’m awfully glad that ...: これほど嬉しいことはない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 333
have got an awfully soft spot for sb: (人が)気になってる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
can be awfully grouchy: (人が)どんなに機嫌をわるくするかは見当もつかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 300
be very well filled with an awfully good bunch: 華麗な人々が集まっている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 336
be awfully touchy about it: そのことを気にかけすぎる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 57
be awfully popular with the girls: けっこう女の子にモテる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
be awfully good at ...: 〜が得意だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
be awfully easy to lose in traffic: 流れにまぎれこんだら、まず見分けがつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
be awfully cheap for a man: 男のくせにみみっちい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 129
bad for the seller but awfully good for the buyer: 売り手としては情けない状態ですが、買い手にしてみれば、これはじつにおあつらえむきの状況ですよね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
awfully near give up: あきらめるばっかりだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 209
be awfully blunt: 口のききようが悪い
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 120
be awfully feeble for a cat like Lily: リリーにしては余り意気地がない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 74
make an awfully sour face: 苦虫をかみつぶしたような、(人の)表情
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 89