beat   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜よりずっとましだ
   
it had to beat doing nothing: 何もしないよりはずっとましだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 31
〜よりはずっと気がきいている
   
but it beat having that dying geranium staring at me: 枯れてしまったゼラニウムの鉢を置いておくよりはずっと気がきいている 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 36

あらがう
   
beat ... with ...: 〜で〜にあらがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
いじめる
   
beat oneself up: 自分をいじめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 140
かなう
   
nobody would beat sb: (人に)誰もかなわない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 122
じりじりと照りつける
   
the heat beat down on the neck: 日がじりじりと首に照りつける メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 222
すごく疲れた
   
look beat: すごく疲れた顔だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 316
つきつける
   
beat sb up with the truth: (人に)真実をつきつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
ときめく
   
set sb’s heart beating faster: 胸がときめく 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 181
one’s heart beats faster at the thought that ...: 〜に心がときめく 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 48
どきどきする
   
one’s heart begins to beat quick with excitement: 興奮して胸がどきどきする ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
なぐる
   
beat sb black and blue: (人を)なぐってあざだらけにする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
beat on each other: なぐりあう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 244
ぶっつける
   
beat ... against ...: 〜を〜にぶっつける 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
ぶつける
   
beat ... in a rapid tattoo: 〜をぱたぱたとぶつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
へこます
   
beat sb at sb’s own game: (人の)やり口で(人を)へこます ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 205
まぬかれる
   
beat the gas chamber: ガス室送りをまぬかれる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 217
やられる
   
AA beats BB: (BBが)(AAに)やられる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 446

キッと
   
take a beat on sth: 〜にキッとなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 25
ビート
   
one’s limbs move at double the beat: ステップはダブルビート プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
hold the beat: ビートを叩き続ける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 184

一秒
   
without skipping a beat: 一秒も無駄にせず トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
営み
   
pass on the beat of human life: 人間という生の営みを伝えていく フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 53
殴る
   
used to beat sb regularly: しょっちゅう(人を)ぶん殴っていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
beat the shit out of sb: (人を)とことんぶん殴る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 237
管轄
   
on one’s beat: (自分の)管轄内で デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
虐待する
   
beat one’s kids: 子供を虐待する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
強い
   
beating rain has endured through the night: 夜中、性こりもなく強い雨がつづいた オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 172
拳を固めて襲いかかる
   
beat sb savagely: 拳を固めて激しく(人に)襲いかかる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 400
攻略する
   
don’t beat sb in a frontal attack: (人を)正攻法では攻略できない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 343
降す
   
beat ... 6-5: 〜を六対五で降す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 248
高鳴らせる
   
one’s heart begins to beat quick with excitement: わくわくと胸を高鳴らせる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 44
高鳴る
   
my heart was beating: 私の胸は高鳴った 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
出し抜く
   
beat sb: (人を)出し抜く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
照りつけている
   
the sun beat mercilessly down on ...: 陽が〜に照りつけている 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 62
生き生きする
   
... make sb’s heart beat faster: 〜で(人の)心が生き生きした 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 43
折檻する
   
beat up on sb: (人を)折檻する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 248
beat sb terribly: (人を)ひどく折檻する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 581
打ちすえる
   
beat any Bolshevik they find: 目に入るボルシェヴィキをひとり残らず打ちすえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 322
打ちのめす
   
beat sb: (人を)打ちのめす ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 18
打ち勝つ
   
beat the law: 法律に打ち勝つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 509
打つ
   
the outrage and unfairness of being beat: 無意味に無慈悲に打たれたこと ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
one’s heart is beating like a triphammer: (人の)心臓は早鐘を打っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
叩きのめす
   
result in sb’s being beaten: 結果的に叩きのめされる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
beating sb makes one bigger or toughter than sb: (人を)叩きのめすことで(人が)(人)よりもタフでビッグなんだという気になれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
叩く
   
beat sth to death: 叩き殺す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
担当
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
地区
   
the beat cop: その地区の巡査 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
調子
   
keep a common beat: 調子をあわせる フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 25
   
be hard to beat: 敵にまわすと手ごわい トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 26
投げ付ける
   
the dazzling blue of the sky beats against sb’s face: 青空の色が痛烈な色を(人の)顔に投げ付ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
踏みつぶす
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
縄張り
   
This is my post, my beat: ここはおれの基地、おれの縄張りだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 20
   
pause a beat: 一拍おく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 258
hold for about two beats: 二拍ほどおく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
避ける
   
beat the traffic: ラッシュを避ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 36
鼻をあかす
   
We can beat both our fathers: わたしたち、両方の父親の鼻をあかしてやれるわ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 259
部署
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 103
暴力をふるう
   
be brutally beaten: 激しい暴力をふるわれる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 20
免れる
   
beat the murder charge: 殺人罪を免れる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 429
抑える
   
beat sb: (人を)抑える ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 442