best   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜の鼻をあかす
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 31

いちばん
   
the best available at that time: その時はとりあえずそれがいちばんだ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 71
いちばんいい
   
The best alternative: 気分転換にはいちばんいい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
いちばんふさわしい
   
things might best be called ...: 〜というのがいちばんふさわしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
うってつけの
   
the best man in ...: 〜にうってつけの人物 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 60
およそ善き
   
the best of times: およそ善き時代 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 9
お誂えむき
   
sth provide the best cover of all: 〜は隠れみのとしてはお誂えむきだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 190
けっこうな
   
best of friends: けっこうなお仲間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
こしたことはない
   
think it best to be on one’s guard: 用心するにこしたことはない--こう(人は)考える ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 176
ことに
   
like best: ことに感心する 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 24
このうえなくうまく
   
everything for the best: すべてこのうえなくうまくいく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
この上ない
   
one’s best potential source of information: 有望この上ない情報源 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 230
この上なしの
   
commit hundreds of the like mistakes in the best humour possible: このような失敗は数えきれないほどだのに、この上なしの上機嫌だ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 75
しごく順調な
   
at the best of times: しごく順調なときでも アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 11
せめて
   
the best thing that could be said for her was that ...: せめて〜しただけでもよかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 585
できるかぎり
   
shall do one’s best to meet sb’s needs: できるかぎり期待にそうつもりだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 150
できるだけ
   
try one’s best: できるだけ努力する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 237
とっておきの
   
wear one’s best shy smile: とっておきのはにかみ笑みをうかべる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 191
とってておきの
   
sb’s best “schoolma’am” air: とっておきの学校の先生ぶり ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 86
とびりきの
   
do one’s best acts: とびきりの道化を演じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
なににもかえがたい
   
the best feelings: なににもかえがたいのは〜という感じ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
ひいき目
   
at best: ひいき目に見ても トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 63
ほかない
   
be best done by ...: 〜するには〜ほかない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 36
まし
   
be the best sb has: 〜よりましな〜がない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 48
またといない
   
be the best of men: こんないい人はまたといない スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 89
またとない
   
the best opportunity for a grab: またとない誘拐のチャンス フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 216
めぼしい
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 149
やり手
   
be out of the best in the business: 有名なやり手だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120

ベスト
   
one’s absolute best yet: 文句なしにこれまでのベスト ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 195
keep one’s silence when it is best: 沈黙を保つのがベストのときには口をつぐむ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
give it your best: まあ、ベストをつくしてくれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
do one’s best to look heavyset and immobile: てこでも動かぬ大男に見せようとベストをつくす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
be not up to one’s best: ベストをつくせない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
be best served: 〜にとってベストである デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 323

一世一代の
   
one’s best piece ever: (人の)一世一代の傑作記事 バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 149
一張羅の
   
sb’s best silk blouse: (人の)一張羅のブラウス デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 11
一番いいもの
   
assemble the best: 一番いいものを形にする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 150
一番の
   
keeping calm is the best medicine: 腹を立てないのが一番の薬 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 15
一番効果的な
   
determine the best time to do: 〜するのに一番効果的な時間を考える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 117
一番高い服
   
sb’s best ... dress: (人が)持っている一番高い服、〜のスーツ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 120
一番手
   
best outside bet: ダークホースの一番手 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 143
一流
   
be one of the best: 一流の〜だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 344
一流の
   
the best hitters: 一流のバッター ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 244
   
best not describe it: それはいわぬが花ということにしょう カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 104
極力
   
assuage sb’s injuries as best one can: 受けた傷の痛みを極力やわらげてやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
見事に
   
bloom best: いちばん見事に花を開く サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 122
言うことない
   
would be best of all: 〜だったら言うことありませんが カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
限界
   
to the best of one’s ability: 能力の限界まで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 434
最高
   
at best: 最高に見ても トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
最高の
   
I’m going to offer you the best deal of your life: 生涯最高の超特価でご奉仕しますよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 170
have not been one’s best ...: 最高の〜にはほど遠い タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
最上の
   
polish to the nth degree one’s best shoes: 最上の靴をピカピカに磨きあげる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 272
最善
   
use what sb be to shape the best: 今の自分を叩き台にして、何とか(人)なりに最善を求める フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 258
最善の
   
remain the best practice in ...: 〜においても依然として最善の行為である ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
最善の事態
   
hope for the best: 最善の事態を望む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
最大の努力
   
do one’s best: 最大の努力をする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 97
最大限の利益
   
make the best of sth: 〜から最大限の利益を引き出す ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 7
最良
   
the best day of his life: 人生最良の一日 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
at its best: 最良時 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
最良の
   
the best way: 最良の方法 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
give the best years of one’s life: 人生最良の歳月を貢ぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
be best listener: 最良の聞き手をつとめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
至極いい
   
be in one’s best condition: 体の調子もいいようだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 179
実に
   
be the best cure for headache: 頭痛をいやすには実に妙薬だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 164
若くはない
   
be best to do ...: 〜するに若くはない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 186
周到な
   
the best plans of sb were beaten by ...: (人の)周到な計画が〜のために一敗地にまみれた ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 48
上出来
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 99
精いっぱいのこと
   
the best one can do in the circumstances: 現状でやれる精いっぱいのこと マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 352
精一杯
   
do one’s best: 精一杯やる ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
be doing one’s best: 自分なりに精一杯やっている オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 29
精一杯の
   
make the best of a bad situation: 不利な状況に精一杯の対処をする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
精一杯のこと
   
the best one can do: それが〜にできる精一杯のことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
精鋭
   
select the best from ...: 〜から精鋭を選りすぐる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 265
絶好の
   
the best chance: 絶好のチャンス タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
be a fool to destroy the best chance one have ever had at a second start: 人生をやりなおす絶好の機会を、愚かにも棒に振る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 456
選り抜き中の選り抜き
   
The best I've ever had,: 選り抜き中の選り抜きを揃えたよ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 62
衷心より
   
expressly command best wishes sb: 〜に衷心より敬意を表す マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 380
超一流の
   
the best against the best: 超一流同士がぶつかり合う ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 96
都合のいい
   
the best excuse: 都合のいい口実 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
得意の
   
Results this season show it's definitely her best distance: 今シーズンの成績を見れば、一マイル半は彼女のいちばん得意の距離だということがはっきりしています ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 248
put together a routine of one’s best sounds: 得意の音をいくつも組み合わせて聞かせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
満点
   
in the best of taste: 趣味も満点 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 103
無二の
   
sb’s best friend: 無二の友 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 79
   
the best lawyers: 名弁護士 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
名手
   
the best shot ever: 射撃の名手 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 194
唯一の
   
the best time: 唯一のチャンス フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 40
優秀な
   
The best I ever met,: あれは優秀な男だった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 57
the best drawings: 優秀な図画 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 83
有数の
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 95
頼みの
   
last best hope: 最後の頼みの綱 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 256