bit   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いくらか
   
a bit impatient: いくらか苛立っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 92
いささか
   
be a bit shy and awkward: いささか恥ずかしがりやで不器用だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 83
a bit: いささか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 303
かすか
   
nod a bit: かすかにうなずく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
かなりの
   
a bit of a drinker: かなりの呑兵衛 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 163
きれっぱし
   
a bit of ...: 〜のきれっぱし ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
きれはし
   
dodge and fight for bits of food: 飛びかいながらわれがちに食物のきれはしをついばむ バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 7
こころなしか
   
one’s voice is a bit hoarse: (人の)声は、こころなしかかすれている グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 66
しばらく
   
wait a bit: しばらく黙っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
すこし
   
work sb a bit too hard: (人に)すこし勉強を無理強いする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 81
ぜんぜん
   
sb do not sound a bit like one do: (人と)おれとはぜんぜんちがう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234
not a bit: ぜんぜんだめだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
だいぶ
   
a good bit: だいぶ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 12
ちょいとのま
   
I’ll stay here a bit: おれは、ちょいとのま、ここに逗留するからな スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 12
ちょっと
   
look a bit ragged: ちょっとやつれている デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 395
allow oneself a bit of a frown: ちょっと眉をしかめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
a bit cheeky of sb to ...: (人が)〜するのはちょっとやりすぎだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 42
a bit: ちょっと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
ちょっとばかり
   
bit of a punchboard: ちょっとばかりあっちの面が過ぎる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
ちょっぴり
   
a bit of ...: ちょっぴり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
どこか〜臭い
   
a bit of a fraud: どこかいかさま臭い ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 139
なにか
   
get sb a bit of recognition for ...: 〜の功績になにか報いる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
なんだか
   
it is a bit of a waste: なんだか空しい フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 159
a bit of a bad face: なんだか浮かない顔 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
なんとなく
   
look a bit lost: なんとなく違和感を感じているように見える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 410
はした
   
give sb a little bit of money: (人に)はした金を与える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 397
ぼんやり
   
be a bit clouded: ぼんやり雲がかかっている ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 316
もどき
   
a bit of Brando: マーロン・ブランドもどきに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
やや
   
turn a bit: やや身をひねる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
sb’s head comes up a bit sharpish: (人の)顔をややギクリとあげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46

一画
   
a bit of sour grass: 雑草の一画 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 132
一向に
   
do not seem to mind a bit: 一向に嫌がるふうもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
一瞬
   
be recoiled a bit: 一瞬ムッとする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
一節
   
bits of liturgy: 儀式書の一節 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433
何やら
   
mumble a bit: 何やら低く口走る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 79
記述
   
The bit about snowslides didn't register with me,: 雪崩に関する記述はもうひとつピンと来なかったが、 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 133
所々
   
flick off the bits of red soil: 所々に着いている赤土を爪で弾く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
小さな
   
a bit of ...: ほんの小さな〜 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
少々
   
things are a bit sticky here: 目下こちらは少々面倒な状況です ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 235
少し
   
for a bit: 少しのあいだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 178
drink a bit: 酒を少し飲みすぎる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
begin by telling a bit about ...: 〜について少し語っておく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
寸々
   
tear up the paper and throw the bits into wastepaper basket: 書いた所は寸々に引き裂いて屑籠へ投げ込む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 109
風味
   
with a bit of nepotism thrown in: ネポティズムの風味を加えたもの ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 15
   
a bit of France: フランスのある一面 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 126
毛筋ほども
   
not seem a bit surprised to see ...: 〜を眼にしても、毛筋ほどもおどろいた様子を示さない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93