bits   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have all fallen from ... into rusty bits and useless debris: 徐々にずりおちて、果ては屑同然になってしまう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 111
dodge and fight for bits of food: 飛びかいながらわれがちに食物のきれはしをついばむ
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 7
bits of liturgy: 儀式書の一節
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433
flick off the bits of red soil: 所々に着いている赤土を爪で弾く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
tear up the paper and throw the bits into wastepaper basket: 書いた所は寸々に引き裂いて屑籠へ投げ込む
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 109
whatever remains of the bits and pieces: がらくた同然
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 255
what sb say is in bits and fragments: 寝ごとのちぐはぐな切れ切れ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 48
sweep up the bits: あと始末
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
put the bits back together again: 調子をとりもどす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 120
put little bits together here and there: いろいろつなぎあわせて推理してみる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
pulling the daisy to bits with one’s long nervous finger: 細長い、神経質な指の先で雛菊を千切りながら
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 17
bits of verse: 短い詩
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 107
bits and pieces: めちゃめちゃ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 247
be dashed to bits: 絶えてしまう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 81
fly off into bits: 砕け飛ぶ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 41
prayers and garbled bits of jargon: 祈りか、悪態か、わけのわからぬ言葉
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 73
Without a moment's delay, the dragon chewed the prince greedily into bits: 竜はすぐに、がりがりと王子をかみくだきました
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 23
it’s just bits and pieces in ...: 〜はもうめちゃめちゃである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 247
pick up one’s bits and pieces: やっとのことで起き上がる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 32
Flicking off the bits of red soil from it, I said:: 所々に着いている赤土を爪で弾きながら先生を呼んだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70