blast   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
がんがん響く
   
music blasts from the radio: ラジオから音楽ががんがん響く フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 470

攻撃の矢を向ける
   
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 23
高らかに奏でる
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 328
勢い
   
the blast from the alcohol: アルコールの勢い ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 82
声を荒げる
   
blast sb: (人を)前にして声を荒げる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 34
大音量で鳴りひびく
   
loud TV suddenly blasts: 突然、テレビが大音量で鳴りひびく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
爆発したような感じで〜をはじめる
   
blast out the monologue: 爆発したような感じで大声の独白をはじめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 123
鳴らす
   
blast sb with a mighty BLAM-BLEM of one’s horn: 「ぼわんぼわん!」と警笛のラッパをたからかに鋭く鳴らす 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

pressure blast: 圧力波
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 294
nuclear blast area: 核爆弾実験場
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
blast off ...: 〜をふきとばす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 481
be blasted: 吹きとばされる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 94
a sudden blast of wind: 突風
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 216
with the air conditioner on full blast: エアコンをギンギンにきかせ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 120
turn the hose faucet on full blast: ホースにつないだ水道の栓をいっぱいに開く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 28
the rhythm section blasts off: リズム・セッションの演奏がぱたりとやむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
the first blast of heat: 身体がかっと熱くなる瞬間
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 170
sound three blasts on her horn: 三度汽笛を鳴らす
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 92
receive a blast of music: 音楽ががんがん鳴りだす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 56
last good blast of sth: 〜を締めくくる素晴らしいフィナーレ
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 142
have Rod Stewart going full blast: ロッド・スチュアートをがんがん鳴らす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
be filled with the full blast of the music: 音楽が〜にヴォリュームいっぱいに鳴りひびく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
a tree in the full blast of the wind: いっぱいに風に吹かれている木
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 95
a blast from a blow torch: 溶接工の使うバーナーの炎
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 86
lower one’s emotional blast-shield: 心の防風ガラスをひきさげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
be blurred into one giant blast: 入りまじってひとつの大音響になる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 338
blast off the entire bows: 艦首をそっくりふきとばす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 481
launch oneself full-blast at ...: 全力で〜に体当たりする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
The first shrill blast of a bugle killed the rest of the sentence: ラッパのつんざくような最初の一声が、語尾を消した
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
the first shrill blast of ...: 〜のつんざくような最初の一声
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39