blaze   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ぎらぎらと輝く
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123

   
in self-appointed blaze of glory: 一人よがりな理屈をつけて栄光の炎に包まれて ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 571
huge blaze: 大きく燃え上がる炎 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 206
炎上する
   
blaze furiously: ごうごうと炎上する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 478
輝く
   
one’s eyes are blazing: 眼がらんらんと輝いている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
暖炉
   
erecting oneself before the blaze: 暖炉の前に立って E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 16
怒りに燃える
   
eyes blazing: 眼は怒りに燃えている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
燃えさかる火
   
step out of the blaze: 燃えさかる火のなかからあらわれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
燃え広がる
   
blaze afire: すごい炎がバアッと燃え広がる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 213
猛火
   
red blaze lights the sky above ...: 〜の空が猛火に焦がされている 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 91

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the blazing carrier: 炎上する空母
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
one’s eyes blazing: 瞳をめらめらと燃やす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
blaze with lights: こうこうと明かりがつく
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 58
blaze whitely: 火焔が白色光を呈する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 298
blaze into life: 命を吹き込まれる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 71
blaze higher and higher: 燃え上る
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 54
blaze down: ぎらぎらと照りつける
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 343
blaze away: しきりに手を動かす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 113
blaze away: ドンパチの火ぶたを切る
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 185
the whole place is a blaze of light: その部屋はまばゆいばかりの照明がこうこうとついている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 109
the sun is blazing hot: 太陽がうるさい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
it hurts like blazes: 身を切る思いをする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 49
blaze down upon ...: 〜の上に照りつける
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 26
with the rising and falling of the blaze: 火の手が、あるいは上がり、あるいは収まるに従って
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 90
gold spheres blaze bright as glass: 黄金の球は玻璃のごとくに燦然と輝く
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 11