body   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
からだ
   
take control of one’s body away from one: からだにコントロールを失わせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
feel one’s body relax: からだの緊張がほぐれるのを感じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
cling to sb’s very body: からだにまつわりつく 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
can feel sb’s body tense: (人の)からだがこわばるのが感じられる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 163
はだ
   
be amorous of sb’s body: (人の)肌がほしくてたまらない ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 38
まとまった
   
tidy body of ...: けっこうまとまった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446

遺骸
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
遺体
   
view the body: 遺体と対面する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 373
make sure that the right body go off to the right family: 遺族に間違いのない遺体が届くようにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 274
go to the body: その遺体に寄り添う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 54
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 17
一同
   
student body: 塾生一同 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 419
機体
   
the folks who make the body: 機体製造者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
筋肉
   
one’s whole body: (人の)筋肉 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
五体
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 300
御体
   
the body of Christ: 救い主の御体 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
四肢
   
elegant, perhaps overly slim body: すんなりとほそい、やや細すぎる四肢 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138
姿態
   
sb’s wayward, perfect body: やんちゃで完璧な姿態 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 140
死体
   
Were there any compromising materials on the body George?: 死体になにかまずい遺留品はなかったかね、ジョージ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 59
record the process of loading the body into ...: 死体が〜に運び込まれるところを撮影する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
bodies in a trench: 塹壕の死体 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
a body half consumed by fire: 半焼死体 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 104
所持品
   
begin one’s search of the bodies: 被害者の所持品を調べにかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 434
上体
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
   
one’s body shudders with fear: 戦慄に身が震えるのを覚える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
one’s body rigid with accumulated fears of the sexual act: 長いこと貯えてきた性の知識の恐怖に身をこわばらせながら 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 202
in body and mind: 身も心も マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 252
身体
   
you can always do something with your body: 身体を動かしてなにかをすることはいつだってできる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
what’s good for one’s body and what is not: 己の身体についての養生法 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 100
sb’s loneliness seems to grip sb’s whole body: 侘しさが( 人の) 身体に食い込むような感じがする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 219
mangle sb’s body: (人の)身体に余計な傷をつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49
like the way sb’s body: (人の)身体つきっていい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
let the wind blow gently on one’s wet body: 濡れた身体を風に吹かせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
hold the length of sb’s body: (人の)すらりとした身体に腕を巻きつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
feeble body: 老衰した身体 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
affect one’s body: 〜で身体の調子が狂う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 212
a sudden spurt of electricity course through one’s body: (人は)突然ほとばしりでた電流が身体をつらぬいていくのを感じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
身柄
   
I want his body George, hear me?: やつの身柄がほしいぞ、ジョージ、いいな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 383
His body or nothing, you got me?: 身柄か、でなきゃご破算だ、いいな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 383
人影
   
drowning bodies: 溺れる人影 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
人間
   
certainly esteem oneself a steady, reasonable kind of body: 自分でも相当しっかりした理屈のわかる人間と思っている E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 69
人体
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
図体
   
a vast body: 大きな図体 カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 50
世界
   
whole body of literature: 小説の世界 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 326
全身
   
one’s body dress in a clammy jacket of sweat: 全身にべっとりと汗のジャケットをまとう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 239
   
with one’s body bent at a weird angle: 変なふうに体をねじまげたまま 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 162
the joints of sb’s body become stiff: 体の節々がかちかちにこわばる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316
squeeze one’s sweating body into the chest: 汗だらけの体を抽斗の跡へもぐり込ませる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 13
soft, round curves of one’s body: どこもかしこも丸くたるんだ(人の)体 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 139
sb’s head is too small for the rest of sb’s body: 頭が小さく、体とのつりあいがとれていない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
sb’s body reject ...: (人の)体が〜を受けつけない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
one’s body has recovered from ...: 体が本当になる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
one’s aging and ailing bodies: 年を経てだいぶ草臥れてきた体 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 236
heated body: 熱したからだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
get a body down: 体から力がぬける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
every nerve in one’s body: (人の)体のすみずみ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 77
every bend and curve of one’s small body is cool to the touch: (人は)小さく、体は隅々まで冷たい 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
edge one’s rather small body near sb’s side: 小柄な体をすり寄せる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 166
be present in body only: 家にいても体がそこにあるだけだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 320
be a restorative measure the body is taking on its own: 体が自らを回復しようとしていて、〜はその手段だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 130
体つき
   
stocky body: ずんぐりとした体つき 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 148
large-framed, stolid body: 骨太のいかつい体つき 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
体の形
   
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 119
体の節々
   
one’s body aches: 体の節々が妙に痛い 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
体の線
   
Her expression was hard, her body poised, on the alert: 表情はこわばり、からだの線が身がまえるかたちになっていた 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 21
体躯
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 304
体型
   
a kind of very fat turnip-shaped body: 異様に太ったかぶらみたいな体型 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 317
団体
   
private bodies: 民間団体 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
内部のうごき
   
desperate bodies: 内部の狂おしいうごき ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
   
another body: ただの肉 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
肉体
   
the body is doomed to signal the truth: 肉体という代物は真実を告白するように宿命づけられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
give the machinery of the body that extra boost: 肉体の働きを高め、そのヴォルテージをあおりさえする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
a sea of ample, waving bodies: おばさんとおばさんとおばさんの肉体の海 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
腕や躯
   
with one’s body reaching for ...: 腕や躯が〜を探すかたちになっている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76