bread   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
パン
   
chew flat bread: 薄っぺらなパンを噛む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
a piece of rocklike bread: 石ころみたいなパンひと切れ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 173
a lousy loaf of bread: しみったれたパン一個 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
パン屑
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250

   
curse the purpose that bring one have to eat another man’s bread: 目的のためとは言いながら他人の飯を食べねばならない仕儀を呪う ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 107

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

bread and butter: 初歩的な問題
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 258
have finished one’s bread some time ago: とうに自分のぶんのパンを食べてしまった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 483
crusts of bread: パンの切れっぱし
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
develop an unexpected taste for fried white bread: 思いがけないことに、白パンの揚げたものはちょっとした好物になる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 103
come early with fragrant still warm bread: 朝一番にやってきて、まだ温もりのある香ばしいパンを届けてくれる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 55
soften one’s modicum of hard and bitter bread to such extent as one could: わずかにその苦い堅パンの味を和らげることができる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 69
All he's going to think is: For a lousy loaf of bread I was mutilated: そいつが考えるのは、あんなしみったれたパン一個のために、俺は身体の一部をちょんぎられちまったということだけさ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
a heavy bread: がっしりしたパン
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
such morsels of bread as might serve for patches to hold ... and ... together: 〜と〜をつなぐパン代をかせぎ出す
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 79
One mandatory loaf of black bread: なにはなくとも欠かせぬ黒パンのひとかたまり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 60
a large piece of bread-and butter: バタつきパンの大きなかたまり
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 132
a stale bread roll: 古くなったロールパン
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 25
none of your not touching of ... and sticking to bread: てめえはいただきません、パンだけで結構でなんて、くだらねえことは言いっこなしだぜ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 289
stooping French bread: 前のめりのフランスパン
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
stuff a piece of bread in my mouth: パンを口に運ぶ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 316
Returning to the kitchen, I cut a few slices of bread then peeled an apple: 台所に戻ってナイフで調理台のパンを切り、ついでにりんごをむいた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 139