burning   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
思いつめた
   
burning passion: 思いつめた感情 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 407
灼けつく
   
burning heat: 灼けつく熱気 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 77
燃えさかる
   
in a murderous tirade of burning lava: 燃えさかる溶岩の長い舌で(人を)ひと呑みにしてしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
燃える
   
there is a deep burning inside sb: (人の)体の中で何かが燃えている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 162
be dying for a hunka-hunka burning love: 燃える思いでメロメロになってる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
燻りだした
   
They might detect that within him was the odor of a burning fuse: 勲の内部ですでに燻ぶりだした導火線の匂いを嗅ぐだろう 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 286

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

twisted, burning face: 怒りにねじれた顔
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
the burning question in Washington will be: この先ワシントンの政界では、きっとこのことがさんざん取り沙汰されるはずだ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 161
do not know the circumstances of that burning: どんな状況で焼けたかということまでは知らない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
burning eye of the sun: 強烈な夏の日差し
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166
boat burning brightly in the darkness: 夜目にも鮮かな船火事
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 52
be burning with shame: 何ともいえぬ慚愧が(人の)体じゅうを熱くしている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 180
a house is burning to the ground: 家が燃えちまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
be burning: 燃えるように熱くなる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 75
the world is burning the equivalent of 10 billion metric tons of coal per year: 世界では石炭換算で年間100億トンが燃やされている
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
the whole of London is burning: ロンドンじゅうが火の海
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 213
the way that fire’s burning: あの火事の勢いなら
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 86
the fire is burning low: たき火はおとろえている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 48
the burning discomfort of gastritis: 胸焼け
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 102
it is murderously hot, the sun burning down: 猛烈な炎暑だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 301
have been in ... for three years, burning out one’s circuits day by day: (場所に)きて三年、心身をすりへらす日々だった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 178
burning sth: 〜のほのお
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
be not displeased to have a light burning late: 夜遅く明かりが灯っていることは好都合である
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 40
the delicate fragrance of burning rubber: 〜のえも言われぬ臭い
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 158
patiently press the ice bag down on one’s burning forehead: 氷嚢をうえからじっと抑える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 57
it seems the whole of London is burning: ロンドンじゅうが火の海といったあんばいだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 213
feel the sunlight slowly burning into one’s back: じりじりと背を焼く陽光を感じる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138