calm   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おだやか
   
a feeling of calm and ease settles over sb: おだやかで安らかな気分が(人を)つつむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
おだやかだ
   
one’s voice is rich and calm: (人の)声は朗々としているのにおだやかだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
おだやかに
   
the calm wide sweep of the lake: おだやかに広がる湖の水面 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
おちつきはらった
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 90
おとなしくて
   
a calm friendly animal: おとなしくて言うことをよくきく馬 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 75
しんとして
   
all is calm: あたりはしんとして 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 160
なだめる
   
calm the conscience: 良心をなだめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 502
calm one’s mind: (人の)心をなだめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 215

穏やか
   
be the calmest one see sb: これまでになく穏やかだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 394
気が静まる
   
finally one calm down enough to do: なんとか少しは気が静まって〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
興奮がしずまる
   
Such as a medicine bottle full of tablets, he thought, calming a little: たとえば錠剤のびん--すこし興奮のしずまった頭で彼は考えた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 132
心なごむ
   
calm and pleasant morning: 心なごむ楽しい朝 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
心静か
   
feel unusually calm and insightful: いつになく心静かで頭が冴えている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 309
静寂
   
a strange kind of calm have descended over sb: 奇妙な静寂が(人を)を包んでいる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 54
沈んでいる
   
one’s voice is calm: (人の)声が沈んでいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
鎮める
   
calm one’s angry skin: 皮膚のうずきを鎮める グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 38
   
After the storm had come the calm: 嵐のあとの凪 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 31
凪いだ
   
the calm sea: 凪いだ海 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 131
物柔らかな
   
calm authority in one’s voice: 物柔らかな中に凛とした話ぶり 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 27
平気
   
be surprisingly calm: 案外平気だ 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 157
平静
   
try to look calm: 平静をよそおう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 40
remain calm: 平静を保っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
completely calm: 平静そのもの ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 73
平静を失っていない
   
hope one’s voice is calm: 声が平静を失っていないことを願う クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 51
平和な空気
   
calm of swh is often shattered by sb: (人が)(場所の)平和な空気を頻々と掻き乱す アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 107
悠然たる態度で
   
calm examination of sth: (物を)悠然たる態度で調べている ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 143
落ち着いた
   
appear to have a calming effect on sb: 〜で気分がいくらか落ち着いたらしい(人) タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 112
落ち着いて
   
dead calm: しごく落ち着いて ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 132
落ち着き払った
   
encounter the calm gaze of sb: (人の)落ち着き払ったまなざしに出くわす セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 52
落ち着き払って
   
be calm: 落ち着き払っている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82
落着き
   
say in a calmer tone: やや落着きをとりもどした声だ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 66
冷静な
   
with a strangely calm feeling that surprises even me: 自分でも愕く程冷静な気持で 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 28
冷静に
   
try to appear calm and reasonable: つとめて冷静に、理性的に話しかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 413

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with professional calm: 専門家らしくきわめて冷静に
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
usually find calming: ふだんなら気持ちをおちつかせてくれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
calm sb down: (人の)動きを抑える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
calm sb down: (人を)宥める
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 31
calm sb: (人の)なだめ役をする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 418
calm oneself: 気を静める
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 102
calm down: おとなしくする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
calm down: おとなしくなる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 99
calm down: 収まる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
calm down: 頭を冷やす
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 348
calm and peaceful: 平穏無事な
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 280
calm and easy: 沈着冷静な
calm and comfort: やさしくなだめる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 223
become calm: おとなしくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 327
be perfectly calm: 淡々たるものだ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 327
you must be calm: 驚いてはいけません
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 258
with a nonchalant, aristocratic calm: 貴族のように悠然と
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 92
try to calm oneself: 自分をおちつかせようとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
the ocean looks pretty calm: 波があんまりないみたいだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 211
say, working to maintain a calm tone: 取り乱すまいと注意しながら語る
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 160
say what one can to calm sb: なんとか(人を)なだめておく
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 22
life continued that way, calm and uneventful, for about two years: そういう順調な2年間を送る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 102
keeping calm is the best medicine: 腹を立てないのが一番の薬
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 15
in one’s heart there is a rapturous calm: うっとりと心が和む
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 55
in a calm impersonal tone of voice: 冷ややかな口調で
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 44
have especially cultivated a calm steady manner: わざとのようにゆるやかなものいいだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 9
have a cozy, calming warmth: ぬくぬくとして、居心地がよい
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 377
get sb to calm down: (人を)なだめる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 247
be very calm and dignified in one’s bearing: やわらかい物腰のなかに威厳がそなわっている
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 104
be always in calm good spirits: いつも平静だ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 15
be a calming influence around one: 周囲の人間をほっとさせる人物だ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 103
He waited awkwardly, trying to look calm: 彼は平静をよそおいながら、心もとなく待った
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 40
sb’s collected and calm manner can not prevent one’s blood from running cold: 幾らそれが冷静な態度でやられていようと、聞く側の(人に)してみれば、思わず血まで凍りつくような思いを禁じえない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 13
one’s carefully constructed calm: 必死に保ってきた心の平静
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 148
a disconnected calm: 脈絡のない静けさ
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 234
the exclusive and calm current of life: 孤高で閑寂な生活の流れ
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 79
an extraordinary calm: ベタ凪
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 49
struggle to keep one’s face calm: 冷静な表情をつくろうのに苦労する
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 31
be predominantly calm: 凪ばかりだ
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 63
fight exhaustion with a calm professional reservoir: 端倪すべからざる意思の力で沈着に疲労と戦っている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 115
keep really calm: ようく落着いて
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 44
speak in the calm and sweetly reasonable voice: おだやかでやさしげなわけ知りの声で切りだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
calm and regretful: 名残りおしそうに静かに
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 149
be calm and restful: 静かな満ち足りたものである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 56
one’s calm is shattered: 心の平静を破られる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 319
sb’s voice came back, calm and slow: (人の)声が答えた。落ちついた悠々たる声だった
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 205
sound so absolutely calm and certain: 落ち着き払って、自信たっぷりにそういわれる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 69
take this with stoical calm: ストイックなほど冷静に事態を受けとめる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
a terrible, calm voice: 落ち着きはらった不吉な声
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 103