catching   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
伝染性のもの
   
Maybe this is catching: これ伝染性のものじゃないでしょうね カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 215

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

mutter, with an unusual catching in one’s voice, that ...: いつになく、どもりぎみで、〜と呟く
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 46
be no doubt admirable for the purpose of catching the eye: 目につきやすいことは確かだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 26
almost say, before catching oneself: 口がすべりそうになって、危ういところで言葉を呑み込む
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
in a gentle exercise at catching up on things: いろいろなことになじみをとりもどすための、まずは肩ならしだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
I can throw a ball but I am very feeble at catching one: ボールだって投げられるけど、受けるのはすごく下手だし
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
Yogi Berra hated catching doubleheaders, particularly in the heat: ヨギ・ベラは、とくに暑い日は、ダブルヘッダーでマスクをかぶるのを、ひどく嫌った
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 335
remind sb, catching sb off guard: (人の)言葉に(人は)びっくりする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 368
her emotions are always catching her off guard: 彼女の感情は隙だらけだ
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 8
catching sight of sb: 気がつく
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 80
be catching up on the news: 噂話に花が咲く
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 304
'I've got good news for him,' Smiley explained cheerfully, catching her mood: 「いい話を持ってきたんだ」女の気分に合わせて、スマイリーは快活にいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
a decent place for swimming and catching crawfish: (場所)で泳ぐこともでるし、ザリガニ採りだってできる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
firefly-catching party: 蛍狩り
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 105
have a hard time catching cabs: タクシーをつかまえるのに手間がかかる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 115
Lacon warned uneasily, catching something the others had not heard: ほかの者の耳にはいらなかったなにかをききつけて、レイコンが不安げになだめた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
can’t prevent oneself catching sight of ...: どうしても目は〜のほうに行ってしまう
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 233
be as self-evident as catching a number II bus: 2番バスに乗るのとおなじぐらい、なんでもないことだ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 87
So do you, thought Jerry, catching that first-wife's scent again: 「おまえさんもな」ジェリーはまた昔の妻のにおいを嗅ぎとりながら、胸の内でつぶやいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 34