cheek   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ほっぺた
   
dance cheek to cheek with sb: (人と)ほっぺたをくっつけて踊る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 85

   
press the side of one’s face against sb’s cheek: (人の)顔に頬をよせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
   
have sth in one’s cheek: 口の中には(物が)入っている ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 230
   
two large tears come rolling down sb’s cheeks: なみだが二つ、頬をつたってころがりおちる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 91
turning-the-other-cheek: 右の頬を打たれたら左の頬を出せ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 118
the tears run down one’s cheeks: 涙が頬をつたって流れる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 298
the cold nips one’s cheeks low down: 寒気が頬をくぼませる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
tears are running down one’s cheeks: 頬をつたって涙がとめどなく流れる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
rub sb’s cheek: 頬を撫でる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 138
pull away from sb’s cheek: (人の)頬から自分の顔を避ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
one’s cheeks puff in and out: (人の)頬は収縮をくりかえす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
one’s cheeks now flare with color: 頬はすでに朱を帯びている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
one’s cheeks begin to fill with dark red color: (人の)頬はどす黒い赤に染まりつつある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
lean over and give sb a kiss on the cheek: (人の)頬にキスをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
laugh so hard tears run down one’s cheeks: あまりに大笑いしたためか、(人は)頬に涙を伝わらせている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
have roses in one’s cheeks: 頬はバラ色に染めてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
hard color comes into sb’s cheeks: (人の)頬に血がのぼる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 220
caress one’s cheek with a handful of razor-blades: 手に何枚もかさねもった剃刀の刃で頬をなぶるように切り裂く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
blow out one’s cheeks: ぷうっと頬を膨らませる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
頬ぼね
   
<例文なし> 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33
頬を寄せ合って
   
break into a cheek-to-cheek tango: 頬を寄せ合ってタンゴを踊る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 83
頬肉
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

that’s enough of your cheek: 生意気だ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 227
rouge a cheek: 頬紅を刷かれた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
nurse one’s cheek: ほおをおさえる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 62
bloody cheek: 付き合いきれるものか
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 93
with dimples in one’s cheeks: えくぼを浮かべて
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 93
the color drain out of one’s cheeks and one’s smile disappear: 真顔になる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 161
tears roll over sb’s cheeks: 涙をぽろぽろこぼす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 219
sit cheek by jowl with sb: 同じテーブルで鼻つき合わせる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 410
prop one’s cheek on one’s left hand: 左腕でほお杖をつく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 37
one’s cheeks burn with the silent imputation of sth: 無言のうちに(物事を)非難されて顔から火の出る想いをする
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 5
lie cheek and jowl daily with the arcane: 曖昧なもの、不可解なことと毎日折り合いよくやっている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 245
cheek by jowl with these are a number of tubes of paint: 絵具のチューブも何本か一緒につっこんである
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 39
sb’s cheek-bones less angular: あごのあたりもふっくらしている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 208
apply one’s peach-colored blush in broad even stroke across one’s cheek: 新しいピーチカラーの頬紅を大きく頬に刷く
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 42
bring sb’s hand to one’s cheek: (人の)手を自分の頬にあてる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
sb’s carefully rouged cheek: ていねいに紅をはいた頬
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 271
stroke sb’s cheek and comment on its smoothness: 頬をなでて、きれいな肌だなどと言う
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 40
feel a tic in one’s cheek developing: 頬がひくひくしてきたような気がする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 36
fall across one’s cheek: 頬にかかる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 271
a flake of snow grazes one’s cheek and comes to rest on the sleeve of one’s raincoat: 雪が頬をかすめてレインコートの腕にとまる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 253
fresh smile on sb’s cheek: (人の)頬のみずみずしいほほえみ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 132
sb’s cheek grows paler and paler: (人の)頬は次第に色を失っていく
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 74
feel the soft tumult of sb’s hair against one’s cheek: やわらかく固まった髪が、(人の)頬をくすぐる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 256
press sth mildly against one’s cheek: (物を)優しく頬に押し当てる
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 77
Ralston's hand came up slowly, fingering the reddening weal on his cheek: ラルストンの片手がそろそろとあがって、頬の赤味をさしてきた個所をさすった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 323
sb’s smooth cheek: つるりとした頬
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 138