comes   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

next reasonably acceptable person who comes along: 次に出会うほどほどの相手
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 44
a sexual tie makes sb dense when it comes to affairs of the heart: 肉体でつながっていると(人は)心の面では鈍感になる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 19
a sloppy flapping sound comes again: 間のびした音がふたたびおそいかかる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
death comes to old and young alike: 老少不定
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 91
it all comes out in a almost hysterical rush: まるでヒステリーでも起こしたように言葉がほとばしり出る
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 83
a limousine car comes rolling gently along: リムジン車がゆっくりと流してくる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 52
A comes into the room along with B: AとBとが入ってくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 287
in the end the package always comes undone: 使いこみの常として最後にはかならずボロが出てしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
the answer comes easily enough: 理由は思案するまでもない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
what comes now is anticlimactic: その先がさっぱりだった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
never comes easily to anyone: 誰にとっても辛い
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
some diffident apologetic sunshine comes in: 日光が遠慮がちにおずおずと入ってくる
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 28
the first sign of ... comes within moments of sb’s arriving back home: (人が)帰宅してすぐに〜がわかる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 386
the dry voice comes authoritatively over the Tannoy: 拡声器を通して、命令口調の乾いた声が聞えてくる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 17
baby comes: 赤ん坊が産まれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
weariness comes rushing back upon sb: 疲れがまた出てくる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 47
try to swallow back the word even as it comes out of one’s mouth: 口に出して言いかけた言葉を飲みこむ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 239
sth comes back to sb: (人が)(物を)思い出す
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 170
a scent of soap comes back to sb again: 石鹸の香りがまた蘇ってくる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 100
the sun comes out from behind the tattering clouds: きれぎれになった雲のあいだから、太陽が顔を出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
a sense of the little conventions that belong comes: 当然の世の習わしに従う気持ちが少しは起きてくる
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 139
when it comes to the big night out: こういう楽しい夜遊びの話になると
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 230
sb’s head comes up a bit sharpish: (人の)顔をややギクリとあげる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
the look that comes over the nutty bitch’s face: とんちき女の表情
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
the real bitterness comes: 本当に落ち込む
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 211
the blackness comes over sb: 急に頭の中が真っ白になる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 116
a dank, malodorous breeze comes blowing across ...: 臭気と湿度の高い風が渡って来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 168
this bolt comes from the blue.: 青天から霹靂が降る
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 92
the trouble comes to full boil: トラブルが頂点に達する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
a bright idea comes into sb’s head: (人)はぱっと閃く
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 101
the whole rotten business comes toppling to the ground: この糞いまいましい状況全部が音を立てて崩れ落ちる
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 66
But it beats hell out of a mood ring or a mantra when it comes to comfort: とはいえ、心の慰めを考えるなら、気分の変化が色に出る、あのムードリングと呼ばれる指輪も、ヒンドゥー教の呪文、マントラも、ガミー・ランプには遠くおよばない
the call comes to sb: 連絡の電話が(人に)かかってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
the camera comes to rest on: キャメラ、〜にさしかかったところで静止する
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
sb’s voice comes out catty: (人の声に)ちょっぴり不機嫌の色が混じっている
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 82
Human beings are ceaselessly ingenious when it comes to self-gratification: 古今東西、自分の欲望の満足にかけちゃあ、人間はえらく頭がいいからな
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 100
shopping centre comes to a sudden end: にぎやかな盛り場がだしぬけに終る
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 153
it comes with a certificate of provenance: 出どころをあきらかにした証明書つきで仕入れる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
a faint check comes in sb’s thought process: (人の)思考過程にかすかな行きづまりが生じる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 66
hard color comes into sb’s cheeks: (人の)頬に血がのぼる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 220
cannot go running in circles if something comes up: 何かあった時におろおろするのは、まっぴらだ
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 19
a clear thought comes to sb: (人は)直観的に思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
sb’s voice comes up clearly: (人の)声がはっきりと聞こえる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
cliche comes ready to sb’s lips: 陳腐なたとえが(人の)口にのぼる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 26
a dull, rumbling echo comes: ごろん、ごろんと鈍い響きがきこえる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
until someone comes to take sb’s place: 手替りがくるまで
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
with sth comes greater responsibility: 〜にはより大きな責任がともなう
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
the music comes on like ...: 〜といった雰囲気で曲がはじまる
the memory of sb comes back to one: (人の)記憶を呼び起す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
the reaction comes: 効果が現れる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 323
the dealing with sb comes: (人との)交渉が始まる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 168
sb’s voice comes to sb suddenly: (人の)声がふと(人の)耳に入る
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 84
this feeling of strangeness never comes to sb: けっしてこういう観念には襲われない
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 15
the danger comes upon us: 危険が我々を襲ってくる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 61
sb’s reply comes: (人の)返事が出る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 386
the wind comes up: 風が吹いてくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
it comes to sb not as a thought but as a taste in the mouth: イメージとしてではなく、舌の上に味覚として蘇ってくる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 169
the tide gradually comes in: 潮が少しずつ張りつめる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 74
will not tell you momma’s first name when it comes to ...: 〜についちゃあ(人は)口が腐ってもいおうとはせん
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
whether it comes to sb in December or late August: 十二月だろうと、八月の暑い盛りだろうと
where the name comes from: 名前の由来
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
when the warm weather comes: もっと暖かくなったら
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 435
when the time for sb’s death comes ...: 死に臨んで、(人は)〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 412
when the time comes: 〜する段になったら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
when the time comes: いつでも
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 12
when the time comes: いよいよとなったときは
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 484
when one comes to think of it: 考えてみれば
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
when it comes to the point: 大事なところになると
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 432
when it comes to the finer points: こまかいところでは
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 195
when it comes to sth: (何かに)かけては
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 100
when it comes to sb: (人の)こととなると
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
when it comes to real running: いざ駆けくらべとなれば
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 271
when it comes to embezzlement: 使いこみをやらせば
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
when it comes to ...,: 〜に関しては
when it comes to ...: 〜などは
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 85
when it comes to ...: 〜に目を転じてみると
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 362
when it comes to ...: こと〜に関する限り
when it comes time for sb to talk about one’s own past: 自分の身の上話をする段になると
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
when it comes right down to it: さてとなると
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
when it comes down to talking a question of sth with sb: 〜について(人と)話し合う段になると
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 89
when it comes down on it: 要するに
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 55
what it comes down to is that ...: つまるところはこうだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 337
what it comes down to is ...: つまるところ〜ということになる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
what it comes down to is ...: つまるところは〜である
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 176
what comes out is worthless: ろくなものは出てこない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 146
there is danger in what comes next: この次が危険なところだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 544
there’s a horribly ironic twist that comes from ...: 実のところ、〜のおかげで恐ろしいばかりに皮肉な顛末がもたらされることになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
then a time comes when ...: しかしある時点から〜するようになる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
the word comes out in a croak so dusty: ざらざらした不快なかすれ声だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136