conscious   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あえて
   
take the conscious decision to ...: あえて〜する決断をする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
わかっている
   
be conscious: わかっている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 89
わかる
   
be fully conscious of ...: いやというほどわかる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 215

意識
   
be very conscious of doing: 〜をひどく意識する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
意識が確かな
   
sb’s last conscious act: (人の)意識が確かな最後の行為 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 219
意識を有する
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 87
意識的
   
suppress conscious memory of ...: 〜の記憶を意識的に奥に押しやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 278
覚える
   
be conscious of an odd feeling of regret: なにか奇妙な後悔のようなものを覚える ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 325
感じる
   
be conscious of sudden chill: 急に寒々としたものを感じた アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 37
be conscious of a warm feeling of pleasure: ほのぼのとした悦びが湧いてくるのを感じる レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 192
気になる
   
be conscious of ...: 〜が気になる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 191
気をとられている
   
be simply conscious of sb: 〜のほうにばかり気をとられている カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 113
気持ち
   
be conscious of being: 〜という気持ちがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
承知している
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 200
心をいためる
   
be conscious of ...: 〜に心をいためる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 95
深い関心を抱く
   
be conscious of ...: 〜に深い関心を抱く ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 95
身をやつす
   
military, security-conscious dictators: 保身に身をやつす軍人独裁者 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 244
明確な意図を持った
   
part of a conscious plot: 明確な意図を持った陰謀の一環 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 41

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

murmur, barely conscious: 夢うつつのあいだに思う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 16
conscious rectitude: 清廉潔白
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 311
by conscious choice: 自分の意志でつとめて
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 113
become “love conscious”: 色気の付く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
without a conscious thought: なにも思わず
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
with hardly a moment’s conscious thought: 一切の警戒心を抱かずに
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 45
though conscious of the risks involved: そういう危懼を抱きながらも
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 248
the deep conscious knowing that ...: 〜という心底からの実感
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 232
one’s conscious train of thought begins to break up: 意識はぷつんと途切れてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
lose all conscious control of one’s muscles: どこの筋肉もいうことをきかない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 76
in a state of shock and barely conscious: ショックで意識がもうろうとする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 155
hardly conscious of where sb is going: どこへ向かうともなく
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 49
conscious only that ...: 〜ということしか頭にない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 33
conscious of the presence of other people about one: 周囲の人に気がねをして
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 13
become painfully conscious of the texture of shore life: 痛切に陸の生活の手ざわりを思い描く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
be very conscious that ...: 〜だと胸の中でつぶやきつづける
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 99
be uncomfortably conscious of the large wad of cash in one’s pocket: ポケットを膨らませている札束が自分でも気になって仕方ない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 14
be too conscious of ...: 〜が気になってしかたがない
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 87
be still perfectly conscious: まだ意識はしっかりしている
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 131
be quite conscious that ... would tell them nothing: 〜がたとえだれかに見られたとしても、秘密が露見することはあるまい
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
be in an unnatural stupor, not conscious of events around sb: 不自然な前後不覚の昏睡におちいっている
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 13
be ever conscious of sth: 〜から片時も解放されることがない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 76
be acutely conscious of ...: 〜に敏感である
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 156
be acutely conscious of ...: 〜を痛いように意識する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 386
an atmosphere of self-conscious boosterism: 〜をしっかり意識して盛り上げた雰囲気
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
self-conscious campaign: 隠密作戦
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
make a conscious effort to do: 努めて〜する
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 63
with self-conscious grace and fine form: 自分でもそれと解る程鮮やかな裾さばきで
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 48
make sb conscious of many imbalances and omissions: そこかしこでバランスが悪かったり言い足りない部分があるのに気がつく
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 81
not the least self-conscious: 気後れしているような様子はみじんもなく
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 106
look self-conscious: 情けない顔をしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 430
become more conscious of ...: 〜を意識する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 215
in self-conscious mortification: わが身を恥じるかのように
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
self-conscious, affluent bohemian neighborhoods: 裕福で気取ったボヘミアン的な住民のための場所
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
be self-conscious: どきどきして恥ずかしい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 102
become more self-conscious: すこしテレくさい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 202
become self-conscious at ...: 気にかける
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 48
self-conscious:自意識過剰ぎみの
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 103
be self-conscious about ...: 〜のことでけっこう神経質になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 308
make sb self-conscious: 晴れがましい気がする
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 130
sb’s eyes more self-conscious and shy: 内気ではずかしげだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 98
feel a little style-crampingly self-conscious: どうも照れ臭さが先に立って今ひとつのめり込めない
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 210
as soon as sb is conscious: (人の)意識が戻ったところで
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 33
survive, at any rate, in no conscious form of obligation or regret: すくなくとも義務感とか後悔といった意識的な形においてはもはや存在しない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
speak with a genuinely unself-conscious smile: しんからのんきそうに笑って言う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 137