courtship   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
つがい相手選び
   
be universal to human courtship: 人類のつがい相手選びに普遍的である フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 24

艶めかしい
   
speak of one’s early courtship to sb: (人の)艶めかしい回想などを(人に)聞かせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
求愛
   
usually achieve the last stage of the courtship ritual: 求愛儀式はぶじ最終段階に到達したことになる フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 23
melodies of human courtship are echoed in ...: 人間の求愛のメロディーは〜によく似ている フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 30
courtship feeding: 求愛給餌 フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 29
求愛行動
   
play a distinctly negative role in courtship: 求愛行動のなかではっきりと否定的な役割をになっている フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 17
交際期間
    辞遊人辞書
取り入る
   
be engaged in some out-of-channels courtship of sb: 裏口から(人に)取り入ろうとする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 112
色目使い
   
outrageous courtship: 唖然とするばかりの色目使い ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 313
丁重な打診
   
There was little courtship no arch approach, no customary fan dance: 丁重な打診もなければ、狡猾な接近も、ふつうならある思わせぶりもなかった ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 151
   
have a brief, stormy courtship with sb: (人と)短い、波乱にとんだ恋に落ちる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 113
恋人時代
   
But mainly the courtship revolved around their cleaning chimneys together: しかし彼らの恋人時代は主として、二人で煙突掃除をすることで過ぎ去っていった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

never be one for long courtships: 気長に口説くのは得意じゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 122