creep   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
こっそり
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 156
しだいに〜する
   
creep down: しだいにさがる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 74
しみこむ
   
creep through sth: 〜の隙間からしみこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 140
そっと進んでいく
   
watch sb creep along ...: そっと進んでいく(人の)姿にじっと眼を凝らす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
にじりよる
   
creep towards ...: 〜の方へにじりよる ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 135
にじり寄る
   
creep toward sb: (人に)にじり寄る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 119
creep a foot closer: にじり寄る トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
but creep nearer: その代りに(人の)傍ににじり寄る ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 134
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 37
ひそかに赴く
   
one oneself would creep upstairs to the locked room: 例の鍵の固くかかった部屋にひそかに赴く ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 190
ひそやかに向かう
   
creep up on dilapidation: ひそやかに荒廃へと向かう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
ひどいやつ
   
"The creep" Debbie Sue said: 「ひどいやつ」デビー=スーがなじった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 297
ぴたりと張りつく
   
creep up on each side of ...: 〜の両脇にぴたりと張りつく バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 43
へばりつく
   
creep over the toes of one’s shoes: 靴の爪先にへばりつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
やつ
   
sickening creep: けったくそわるいやつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
よじのぼる
   
creep warily up to the ridge of the spit: 用心深く、州のいちばんの高みによじのぼる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 182

ゴミ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281

下種
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 369
下種野郎
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 234
下劣野郎
   
--: -- ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 234
気持ちわるいやつ
   
The creep: ふん、そんな気持ちわるいやつ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
身の毛がよだつ
   
give sb the creeps: 〜で身の毛がよだつ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 106
足音をしのばせる
   
creep along the corridor: 廊下の壁沿いに足音をしのばせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
忍び出る
   
creep down the back halls: 裏口から忍び出る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 56
背筋の寒くなる思い
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
肌寒い思い
   
it gives sb the creeps to do: 〜のときに肌寒い思いをさせられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
犯人
   
shadowy look of some creep on a wanted poster: 指名手配ポスターの犯人じみたうさんくささ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 184
変態野郎
   
Just don't put up with this creep who keeps calling: しつこく家に電話をかけてくる変態野郎がいるけど、相手にしないように カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 127
連中
   
small-minded, tight-assed creeps: 尻の穴の小さい連中 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 196
悄然として
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 157
拗ね者
   
<例文なし> オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 163
滲む
   
incipient refusal creeps into sb’s voice: (人の)声音に断る気配が滲む 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 15

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

little creep: ちんちくりんの人
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 172
get the creeps: 背筋が寒くなるのをおぼえる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 81
dusk creep over: 夕焼けが忍びよる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 127
creeps: ひるみ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
creep up stealthily: じわじわ忍びよる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 393
creep up: そっと忍び込む
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 215
creep slowly: ゆっくり走りぬけていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
creep shyly up: おずおずと近づいていく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 83
creep quietly downstairs: 足音を忍ばせて階段をおりて行く
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 232
creep out: そっと出ていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 81
creep out: ひきさがる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 291
creep on: 刻々と過ぎる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 260
creep into bed: ね床にもぐる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 11
creep into ...: こっそり〜に忍びこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 295
creep in: しのびこむ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 187
creep back: ぶりかえす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
creep back: 忍び足でもどってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
creep about: こそこそ忍んでくる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 321
you’re giving me the creeps: 気持の悪い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
the light creeping out from underneath sb’s door: (人の)ドアの下から漏れてくる明かり
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 471
the doubts start to creep in: 疑いが湧いてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
old age be creeping up on sb: 寄る年波に抗し難くなる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 46
give sb the creeps: 背筋が寒くなる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 187
feel a frustrated anger creep into one’s chest: いらだたしい怒りが胸もとまでこみあげてくるのを感じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
creep up to sb: (人の)傍に寄ってくる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 237
creep up on sth: そっと〜に忍び寄る
creep up on sb: じわじわとやってくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 58
creep out from sth: 〜からにじみでる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
creep off someplace and just feel sorry for oneself: 隠れてくよくよしている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 188
creep into one’s thoughts: 心に忍びこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
creep down the stairs in the dark: 暗い階段を足をしのばせておりてくる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 155
creep around behind ...: 〜のうしろをこっそり通り抜ける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
creep about like a silent order: 無言の行のように音もなく歩き回る
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 139
be creeping along that same snow-slope, very softly, not sneezing: 雪の斜面をくしゃみをしないようにそろそろと進む
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 72
as the small hours of Monday morning creep toward dawn: 月曜日の朝まだき
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
a smile creeping across the straight line of one’s mouth: 一文字に結んでいた口元がゆるむ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 17
a hint of agitation creeps into sb’s voice: 苛立ちがにじむ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 35
as age creep up on sb: 寄る年波とともに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 116
creep up on them buck-ass naked: 無防備にむきだされた鹿の尻のところまで忍び寄る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
creep everywhere: ところきらわず這ってまわる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 15
creep by the skylight of one garret: こちらの屋根裏部屋の引窓から這い出す
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 85
creep slowly: そろそろと這い降りる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 16
creep slowly forward: そろりそろりと進んで行く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 113
creep unseen along passages: こっそり通路に吹き込む
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 75