dawn   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
だんだんわかってくる
    辞遊人辞書

   
duelling pistols at dawn: 暁の決闘につきもののピストル スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
空が白む
   
think nothing of the dawn: 空が白むのもかまわず ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 140
思いあたる
   
dawn on sb: (人に)思いあたる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 119
徐々にはっきりしてくる
   
dawn on one: 徐々にはっきりしてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
   
from dawn to dusk: 朝から夜まで 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 241
朝の陽光
   
the bright dawn floods the room: 燦然たる朝の陽光がどっと部屋一面に溢れる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 136
朝空
   
the dawn not yet broken: まだ明けきっていない朝空 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
払暁
   
dawn attacks: 払暁攻撃 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
払暁の
   
dawn air: 払暁の大気 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
昧爽
   
a sign that the dawn is near: 昧爽の遠くないしるし 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 91
明けそめる
   
a new and incomprehensibly fairer life is dawning: 新しい想像もつかないような穏やかな生活が明けそめてきている ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 242
明け方
   
dawn-silent streets: 静まりかえった明け方の通り スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
夜が白み始まる
   
all through the cold an restless interval, until dawn: やがて夜が白み始まるまで、寒い眠られぬ夜を通して ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 89
夜明け
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
awake in the dawn: 夜明けとともに眼ざめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
黎明
   
His touch had to be like that of the dawn upon a mountain ridge: 唇と百合とが、まるで黎明と尾根とが触れるように触れ合わねばならない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 247

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

just before dawn: 未明
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 244
day dawn: 朝が来る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 51
at dawn: 払暁
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 71
after dawn: 夜は明けている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 253
the most wicked girls since the dawn of creation: 開闢以来の不良少女
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 125
lie awake until dawn stains the east: 横になったまま東の空が白々と明ける時刻を迎える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
just as dawn is breaking: 夜が白み始める頃
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
it finally dawns on sb that ...: ようやく(人は)〜に気がつく
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 97
it dawn on sb that ...: 〜という気がしてくる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 96
from dawn to dusk, it has been a day given over to ...: 〜に明け暮れした一日だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 143
day has not yet dawned: 夜はまだすっかり明けきってはいない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 240
before the crack of dawn: まだ夜も明けていないこんな時間に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
as the small hours of Monday morning creep toward dawn: 月曜日の朝まだき
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
an idea actually dawns: なにか思いつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
a light suddenly dawns on sb: 突然膝を拍つ
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 65
a dawning realization that ...: 〜ということがようやくわかってきた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
be at dawn Action Stations: 黎明総員配置をしいている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 178
almost dawn: そろそろ夜明け
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 207
dawn has found sb clear-minded in one’s purpose: 夜明けにはもう目的意識を持った頭は冴えざえとしていた
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 233
"Damn," he whispered to the dawn not yet broken: 「ええくそ」まだ明けきっていない朝空に向かってつぶやいた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
only emphasize the pre-dawn peace: 夜明け前の平穏をいっそうきわだたせる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 549
face another dawn: 日々の営みに立ち上がる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 59
glimmering dawn light: しらじら明け
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 359
The dawn air felt good against their heated bodies: 熱した体に払暁の大気は快かった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
launch dawn attacks: 払暁攻撃をかける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
there are nights when sb lie awake until dawn stains the east: 横になったまま東の空が白々と明ける時刻を迎えることもめずらしくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
Overhead, the first streaks of dawn lit up a purple and crimson sky: 見上げると、夜明けの最初の数条の光が空を紫がかった紅色に染めていた
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 141
reluctantly awake to another dawn: 寝起きの悪い朝を迎える
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 59
shatter the stillness of dawn: 轟音が夜明けの静寂をつんざく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 178
Somehow that noise only emphasized the pre-dawn peace: なぜかその音は、夜明け前の平穏をいっそうきわだたせた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 549
dawn stations: 黎明総員配置
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 326
dawn is tentatively on the horizon: 地平線にうっすらと曙光が射してくる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 157
woke to a gray dawn: 目を覚ますと、うっすら空が白みはじめていた
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 303