dead   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いなくなる
   
with sb dead: (人が)いなくなってしまうと ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 364
いまはいない
   
one’s dead mother: いまはいない母 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 205
かじかんだ
   
be stamping feet dead from the cold: 寒さにかじかんだ足を踏みならしている シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 161
がっと ぐでんぐでんに
   
be simply dead drunk: もうぐでんぐでんに酔っている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 187
この世にいない
   
be dead: この世にいない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 206
しごく
   
dead calm: しごく落ち着いて ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 132
ask dead casually: しごく無造作にきく ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 168
ぜったいに
   
be dead right: ぜったいに正しい アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 82
ぞっとするほど
   
the dead pallor of ...: 〜でぞっとするほど青い マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 136
なりをひそめている
   
dead volcanoes: なりをひそめている火ノ山 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 490
はっと
   
stop dead in one’s tracks: はっと立ちどまる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 320
ぴたっと
   
stop dead: ぴたっととまる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 509
ぴたりと
   
stop dead: ぴたりととまる 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 113
come to a dead stop: ぴたりと停まる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 143
まっすぐ
   
look sb dead in the eye: (人の)眼をまっすぐのぞきこむ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 22
まったく身動きがとれない
   
be dead in the water: 海上でまったく身動きがとれなくなる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 222

オシャカになる
   
be lay out dead on the floor: 床にばったり倒れてそのままオシャカになる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
ハタと
   
stop dead: ハタと立ち止まる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 145

陰に籠もって
   
be a dead sound: (声が)陰に籠もっている スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 32
往生
   
be stopped dead: 立ち往生する トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 20
音をたてない
   
But the speaker above him remained dead finally, irrevocably dead: だが、頭上の拡声器はひそとして黙し、ついにそれっきり音をたてなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 370
   
leave hard-pressed soldier dead: 痛めつけられた一兵士の骸をおいて去って行く ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 369
空白の
   
have dead time: 空白の時間ができる ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 19
   
the dead castle: 古城 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
屍となって
   
while sb be lying dead in some sordid lodging: (人が)どこかの薄ぎたない下宿で屍となって横たわっている最中に ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 162
死にたえた
   
black, dead buildings: 黒い死にたえた建物 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
死ぬ
   
go on living as if one were dead: 死んだ気で生きて行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
死んだも同然
   
The GATT-Bretton Woods trading system is dead: GATT・ブレトンウッズ体制は、すでに死んだも同然だ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 96
死んで
   
sb is barely two months dead: (人が)死んでから二か月たつかたたないかに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 239
死んでいる
   
be quite dead: もう死んでいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
死んでしまう
   
be dead by an accident: 事故で死んでしまう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18
死んでしまったもの
   
there’s no bringing back the dead: 死んでしまったものは仕方ない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
死者
   
the bequests of the dead have never ended: 死者たちの残した波が収まることは、絶えてない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 547
look like a dead man: 死者たちの仲間入りをしてしまったみたいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
live in the dead’s debt: 死者の残したものの上に生きている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 65
死体となってころがる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
失われた
   
a dead city: 失われた町 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 272
終わり
   
be dead: 終わり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
生きていまい
   
be probably dead: おそらく生きていまい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 206
逝く
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
切れる
   
the line went dead: 電話が切れた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 488
前の
   
sb’s dead wife: (人の)前の奥さん カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 349
息が絶えて
   
be quite dead: 完全に息が絶えている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 215
息たえている
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 460
他界した
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 80
当時
   
even to read of the luxury of the dead is wonderful: 贅沢の限りをつくした当時のさまは、たとえ読むだけでも無上の喜びだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 202
反応しない
   
dead forever to such stimulation: こうした刺激を受けてももう永久に反応しない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
不毛の
   
salty, dead soils: 塩分を含んだ不毛の土地 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
風のない
   
be sitting as still as a dead summer day: 風のない夏の日のように滞っている ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 343
墓のなか
   
still dead: いまも墓のなか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
亡くなる
   
dead now: もう亡くなったわ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
無表情な
   
devastated dead expressions: 生気のない無表情な顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
命を奪われた
   
dead pet: 命を奪われたペット スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
囮の
   
dead letter: 囮の手紙 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 191