deep   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ぐっすりと
   
be in a very deep sleep: ぐっすりと眠りこむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 122
ぐっと
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 72
このうえなく
   
a look of deep contemplation: このうえなく瞑想的な顔 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 144
すっかり
   
sink in a deep gloom: すっかりふさぎ込む 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 99
ずしーんと底鳴りのする
   
a deep muffled roar: ずしーんと底鳴りのする轟音 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 294
たっぷり
   
take a deep draught: ひと口たっぷり流しこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
はげしい
   
have a deep stitch: はげしいさしこみをおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 307
ひとかたならぬ
   
have a deep affection for ...: 〜にひとかたならぬ愛情を抱いている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
ふかふかした
   
deep white plush carpet: 白くてふかふかした豪華な品 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 61
ふかぶかと
   
press one’s headbone deep into sth: (物に)ふかぶかと顔を押しつける べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 108
ふける
   
deep in thought: もの思いにふける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 93
ふっと大きく
   
taking a deep breath: ふっと大きく息をする フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 61
ふとい
   
with a deep harsh voice and a strongly marked German accent: しわがれたふとい声で、ひどいドイツ訛りがある ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 17
ゆったりした
   
sit in a deep chair: ゆったりした椅子にすわる ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 219
ゆゆしき
   
a deeper problem: ゆゆしき問題 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61

暗い奥
   
from deep: どこか暗い奥のほうで フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 148
奥深く
   
deep in one’s flesh: 肉の奥深く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
奥まって
   
the houses are set deep in: 家々は道路から奥まって建てられている オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 223
奥のほう
   
deep in one’s mind: 心の奥のほう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
奥に
   
keep one’s deepest secrets hidden: 自分がいちばん奥に隠している秘密を守る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 88
   
continued, speaking from somewhere deep inside one: 心の奥の何かにつき動かされるように続ける フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 360
荷が重い
   
too deep for sb: (人)には荷が重すぎる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 116
喫水の深い
   
deep hull: 喫水の深い船 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
広々
   
finally reach the quieter and deeper part of the sea: 比較的広々した所へ来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
根の深い
   
a deeper natural meanness: もっと根の深い、自然な悪意 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 320
根深い
   
hold sb in deep contempt: (人に対し)根深い侮蔑の念を抱く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 259
根深く
   
feel a deep sick misery: 根深く、癒やしがたいみじめな気持だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 333
実に
   
look at sb with deep disapproval: 実に不愉快な顔つきで(人を)眺める アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 226
心の奥底に秘められた
   
I am thinking about the deep very private personal needs of people: 今わたしは人間の心の奥底に秘められた、きわめて個人的な欲求のことを考えているところだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
心底
   
in deep empathy: 心底同情した様子で タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
深々と
   
The tines of a large chrome fork seemed to be planted deep in her flesh: クローム製の巨大なフォークの先端が、深々と肉に突き刺さったような痛みだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
Only a man who's still in love (or thinks he is) can fetch a sigh that deep: 恋をしてる男か、自分が恋をしてると思いこんでいる男でなきゃ、あんなに深々とためいきをついたりしないぜ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 14
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
深々とした
   
a deep masculine voice: 深々とした響きのある男の声 フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 37
深い
   
with meaning so deep that few would have understood: おそらく余人にはわからぬ深い意味がこめられている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 58
the deep winter comes early: 冬ははやく深まる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
see deep anxiety on sb’s face: (人の)顔に深い懸念の曇がかかる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
play deep: 深い守備態勢を敷く ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 238
deep sorrow and a difficult courage are fighting for possession of sb: 深い悲しみとなけなしの勇気が(人の)中でせめぎあっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 150
深い深い
   
a place deep in the center of one’s brain: (人の)頭の中心にある深い深い場所 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 304
深く
   
one’s evil runs much deeper than sb suspect: (人が)考えているよりもはるかに深く邪悪の色に染まっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
have their roots deep in sth: 〜に深く根ざしている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 32
go deep into the muck with a kind of a thunk: 地中深く、ぐさっと突き刺さる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
be bundled deep into the collar of one’s coat: 立てたコートの衿に顔を深く埋めている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
深みがある
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47
深める
   
one’s private conviction grows deeper that ...: 〜とひそかに確信を深めるに至る 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 7
深奥の 深海
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
深味のある
   
deep masculine voice: 深味のある、男のような声 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
a voice, deep and feathered: 深味のある声がくぐもってひびく ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 198
蒼い
   
deep shadow: 蒼い影 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 185
太い
   
speak in a deep hollow tone: 太くて鈍いひびきの声である ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 146
大きく
   
taking a few deep breath: 大きく息をつく フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 14
take a deep breath: 大きく深呼吸する ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 83
take a deep breath: 大きく息をする デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 160
take a deep breath: 大きく吐息をつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
大きな
   
take a deep breath: 大きな息をする 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 170
feel both a deep attraction and a powerful resistance to ...: 〜に大きな魅力と強い抵抗をこもごも感じている グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 2
谷間のような
   
rain falling in deep streets: 谷間のような街路に降りそそぐ雨 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 10
彫りのふかい
   
the deep lines of sb’s face: 彫りのふかい(人の)顔立ち 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 186
彫りの深い
   
a deep smile: 彫りの深い微笑 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 116
沈んだ
   
deep mood: 沈んだ気分 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
沈痛な
   
deep tone: 沈痛なひびき ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
追憶
   
be deep in recollections: 追憶にふける 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 75
   
the conviction grows deeper and deeper in my heart that ...: 〜という確信が心の底から起こってくる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 44
do deep in sb’s heart: 胸の底にまで〜する 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 11
底ごもりした
   
there is a great, deep roaring in the earth like thunder: 底ごもりした雷鳴にも似た地鳴りがとどろく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
底知れず 動かしがたい
   
some deep unwritten law adapted from business practice: ビジネスの場におけるある動かしがたい暗黙の鉄則のようなもの べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 283
濃い
   
deep haze: 濃いかすみ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 73
夢中
   
be very deep in ...: 〜に夢中である ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 154
夢中の
   
sb, deep in one’s work: 仕事に夢中の(人) ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 33
容易ならぬ
   
something deep: なにか容易ならぬこと ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 212
be in some really deep shit: 容易ならぬ立場にある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 473