dream   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うっとりとながめる
   
spend half an hour ... dreaming over sth: 三十分ばかりのあいだ〜をうっとりとながめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
うとうとする
   
be dreaming over some old number of ...: 〜のバックナンバーを膝にうとうとしている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 117
おもいもよらない
   
never dreams of considering whether the idea is right or wrong: その思想が正しいものか、それとも間違ったものであるかをじっくり考えてみることなどおもいもよらぬのだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 20
ぼんやりする
   
You're dreaming Stephen: なにをぼんやりしてるんだ、スティーヴン? ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 322

考え
   
fragment of one’s mad dream: きちがいじみた考えの片鱗 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
志す
   
dream of ...: 〜を志す サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 222
思いがけない〜に驚く
   
have never dreamed that sb can be practical: (人の)思いがけない事務能力に驚く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
心を遠くにやる
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 8
想像する
   
dream of: 想像する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 226
never dreamed: 想像したことさえなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
白昼夢
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
眠りをまどろむ
   
dream uneasily: 不安な眠りをまどろむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
   
wake up from one of the dreams: 夢にうなされて目が覚める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 399
there is no dream about it: 夢の入りこむ余地がない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 27
the dream that some doctors call a night terror: 医者たちが「夜驚」と呼ぶ種類の夢 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 552
the dream of ... is effectively over: 〜の夢は実質的に終止符に打たれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 39
the dream is held close to the heart: あくまでも夢を大切にする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 203
the dream figure take on corporeal qualities: 夢が肉質化する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
the borderline between dream and reality is breaking down: 夢かうつつか。つなぎ目がはっきりしなくなっている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
that dream dissolves into a nightmare: そんな夢が悪夢へと姿を変える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 24
sweeter-than-honey dreams: 甘ったるい夢 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 131
sort of dream one tell sb about: (人に)話せるような内容の夢 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
share the common dream: あの共通の夢をもっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
seem to sb half a dream: なかば夢のように感じられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
sb’s dreams don’t work out: (人の)描いていた夢がきれいに破られる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 357
remain a dream: 夢のまた夢で終わる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 166
prayers never stop the bad dreams: いくら祈っても、その悪夢を追い払うことはできない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 270
one never cried, not even in one’s dreams: 夢の中でさえ泣いたことがなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 9
one’s dreams would wake one: 夢にうなされて目ざめるだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
one’s dreams are full of fire: (人の)夢にはよく火が出てくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
nourish unrealistic dreams of one’s own: 身のほど知らずな夢を思い描く ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 157
make the dream real: 夢をかなえる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 556
have had this dream more than once, in various forms: この夢を再三にわたって、いろんなヴァリエーションで見た ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 15
have a dream: 夢をいだく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 202
dream from which he had just wakened: いましがた見たばかりの夢 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
dream and memory: 夢と現実 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 9
disabuse sb of sb’s dreams: (人の)夢に水をさす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
corrupt whatever dreams one may still have: 抱いている夢を壊わす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478
be but a dream: 〜なんて一瞬の夢だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 120
appear to be dwelling within a dream: 夢に気をとられているような姿に化す 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 94
appear frequently in sb’s dreams: 〜が夢の中に繰り返し現れてくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 65
accomplish that dream: その夢をかなえる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
a wonderful dream: たいした夢だ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 96
a man in a dream: 夢のなかをさまよう男 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
a kind of dream-haunted drug-daze: 薬のせいで夢とうつつの境目をさまよう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 269
夢を見る
   
don’t dream well: あまり良い夢を見ることができない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 272
夢を脹らませる
   
dream dreams: 夢を脹らませる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 198
夢想
   
grand dream: 大がかりな夢想 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39
dream possible: 〜を夢想する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 24
dream one have cherished too long: 永すぎた夢想 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 375
夢物語
   
proceed with one’s dream: 夢物語をきかせてやる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 39

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

never dream ...: まさか〜などとは想像もしていない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 174
drug-created dreams: 薬物による陶酔
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
dream of sb: (人の)姿を思い浮かべる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
dream of ...: 〜の道に進もうとする
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 222
dream away ...: 〜を忘れる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 13
dream about ...: 夢のなかには〜が出てくる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 109
be in a dream world: 夢見心地
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 252
bag of dreams: 子どもだまし
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
awful dream: 悪夢
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
a technological dream: 技術者は夢を膨らませ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 81
wouldn’t dream of ~ing: 〜するなんて考えられない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 352
wouldn’t dream of ...: 〜は考えもしない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 246
would not have dreamed of doing: 〜する気持は露ほどもなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 172
would not dreamed of trying to do: 〜しようなんてちらりとも(人の)頭をよぎらない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 237
would have been a paparazzo’s dream: ゴシップ・カメラマンがよだれを流して撮っていたはずだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
this whole damn business is a pipe dream: なにからなにまで白昼夢でも見てる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
there are stranger things in heaven and earth than some of us dream of: 事実は小説より奇なりという言葉もある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
the other members never dream of doing ...: だれも〜するものはない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 351
tell sb a bit about one’s dream of doing: 〜したいと思っているとちらっと打ち明ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 550
sweet dreams at the end of the journey home: 家に帰れば、道はそのまま夢路へと通じている
something one have never dreamed of being before: (人)とはおよそ縁遠いあるもの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 167
shake sb out of sb’s dreams: 夜中に(人を)揺り起こす
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 87
remain half in one’s dream: 半覚醒の状態だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 204
never dream that ...: まさか〜とは思わない
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 17
never dream that ...: まさか〜などとは思ってもいない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 352
never dream of ...: 夢にも想像出来ない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 53
must not dream of doing ...: 〜するなんてとんでもない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 184
might not be anybody’s idea of a dream date: 女性がデートをしたがる相手ではないかもしれない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 177
like a man in a dream sb walk to ...: まるで夢遊病者の足どりだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
I never dreamed you would manage to do: よくも〜したものだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 120
have never dreamed of such a fortunate meeting: 思いがけない幸福な出会い
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 29
give sb little more than a dream: (人に)何を伝えるものでもない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
dream seizes sb from sleep: 夢が(人を)眠りから引き離す
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 28
do not dream of suggesting sth: おくびにも出す気はない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 418
be still partly immersed in the world of dreams: 半ば夢のなかで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 37
be beyond the dreams of ...: 夢のまた夢
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 220
be at the very edge of one’s dream: もう一歩で夢に手が届くところまで来ている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 59
abandon the dream one have cherished too long: 永すぎた夢想を捨てる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
silly and absurd to be upset by a dream: 夢ぐらいで動転するのは愚かなことだ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 16
rarely dream anymore: めったに夢を見なくなっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
would never dream of betraying anyone: かげ日なたをつけるなどということは考えることもできない
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 127
a brain that boils in a ferment of awful dream: さまざまな悪夢に翻弄されて煮えたぎる脳
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
one’s dream is clear to one: 夢はなまなましい
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 11
sail along the cloudy coastline of every dream: さまざまな夢の国のおぼろな海岸線を航海する
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 19
sb’s remarks have coloured the content of one’s dream: (人の)言葉が(自分の)心に残っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 284
amazing proof of sb’s dream’s deep meaning: (人の)夢占の裏附
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 120
dream deliciously: 甘美な夢を見る
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 137
have been lost in some delightful dream: (人の)脣にはかすかな微笑がただよう
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 234
He had heard the Quartermaster's summons distinctly in a dream。: という操舵手の呼び声を、さっき夢の中で彼ははっきりきいた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
unseen ideal whose memory haunts us artists like an exquisite dream: 見えざる理想の追憶があたかも精美な夢のように去来し続ける
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 171
be like a frantic dream: 夢中だった
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 49
free for one’s fool dream of ...: 〜という愚かな夢から我にかえった
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 249
golden glow from one’s dream: 夢の淡い黄金色の残照
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 46
have to dream: 夢が必要だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
The border between dream and memory had grown indistinct in Honda's mind: 本多の記憶のうちで、夢と現実の堺はあいまいになり、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 9
still under the influence of sb’s dream: 夢の余韻を引きずったまま
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 178
a dream like that: この手の夢
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 15
logic is never strong point of a dream like that: この手の夢は理屈を超えて展開する
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 15
have had a lucky dream: 吉夢を見た
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 119
perpetual motion, even under strictly controlled conditions, is still a fool’s dream: 永久機関がいかに高度に制御されようとも、しょせんは愚者の夢でしかない
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 218
never dream ...: とてもとても〜とは夢にもおもわれぬ
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 43
be a particularly bad dream: ほんとうにひどい悪夢だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 138
people dream: 人は夢を見るものだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 182
present pipe dreams: 大風呂敷を広げる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 308
remarkable dream: 意味深い夢
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
But he hadn't been able to share even a fragment of his mad dream: ……が、こんなきちがいじみた考えの片鱗をも、彼は房子に語ることができなかった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
be sickened by this dream: この夢で後味の悪い思いをする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 151
not sufficient to be called a dream: 夢ともつかぬ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 163