dusk   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
黄昏
   
winter dusk time: 冬の黄昏 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 77
宵闇
   
dusk is rapidly falling: 宵闇が駆け足で迫ってくる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 391
dusk falls: 宵闇迫る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 45
暮れ方
   
Visibly the dusk was falling, coming well before its time: みるみる早すぎる暮方がおとずれた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 73
暮方
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
   
from dawn to dusk: 朝から夜まで 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 241
夕闇
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
夕焼け
   
dusk creep over: 夕焼けが忍びよる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 127
夕方
   
it is not yet dusk but no longer afternoon: まだ夕方とは言えないが、もはや昼間ではない オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 75

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

turn dusk: 日が暮れる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 25
with the sun quickly setting and shrouding sb in dusk: 足のはやい夕暮れがあたりの薄闇を急速に深めて
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
from dawn to dusk it has been a day given over to ...: 〜に明け暮れした一日だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 143
fade into the gathering dusk: 薄墨に溶け夜の闇に消えてゆく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
dusk is setting in: あたりは暗くなり始める
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 178
dusk has fallen by the time ...: とっぷりと暮れきってから〜
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 117
a fast tropical dusk is gathering: 南国の夕闇はまたたく間に濃さをます
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 203
dusk Action Stations: 薄暮総員配置
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97
It could have been dusk already: tea-time in an old country house: もう一足とびに夕暮れがきたかのようで、古い田舎の屋敷のティー・タイムという印象である
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 122
drink in the beauty of the summer dusk: 快い夏のたそがれの美に陶然とする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 375
the dusk gathers at the window: 窓に夕闇がおりる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 121
glisten in the dusk: 夕闇にてらてら光る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
loom out of the dusk: 黄昏の中にぬっとそびえる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 5
This was as routine as dusk Action Stations themselves: これは、薄暮総員配置とおなじように、おきまりのことだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97