early   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
くりあげの
   
make straight A’s at ... and graduate three semesters early: 全優の成績をみとめられて三学期くりあげの卒業を許される スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
さっさと
   
so early: さっさと ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 350
さっそく(〜した)
   
early protest: さっそく上がった抗議の声 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 29
すみやかなる
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 18
ときならぬ
   
sb’s early tragic death: (人の)ときならぬ悲劇的な死 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 268
とっくに
   
have got home early: とっくに帰っている ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 129
はじめごろ
   
in the early 1970s: 一九七〇年代のはじめごろ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 70
はじめの
   
earlier fears: はじめのころの驚愕、狼狽 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
はやくに
   
peak early in life: はやくに人生の頂点をきわめる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 261
ばかり
   
it is early in the morning: 夜が明けたばかりだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 100
まもないころから
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154

回想
   
speak of one’s early courtship to sb: (人の)艶めかしい回想などを(人に)聞かせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
改まったら
   
in the early part of the year: 年が改まったら 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 66
間もなく
   
early the following year: その翌年になって間もなく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
最初の
   
in the early years: 最初のころは トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
若い
   
sb’s earlier marriages: (人の)若いころの何度かの結婚 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
若いころ
   
be touched with early frost: 若いころつらい目にあう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 252
初頭
   
in the late 1960s and early 1970s: 1960年代末から1970年代初頭にかけて ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
序盤に
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 228
   
two weeks earlier: 二週間ほど前 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
an hour earlier: それより一時間前 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 490
前から
   
had promised sb earlier that ...: 〜という前からの約束だった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
前の
   
an earlier generation: 一世代前の カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 48
前半
   
one’s reminiscences about one’s early life: 前半生を語る(人の)追憶談 クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 429
early in the week: 週の前半 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 246
前半の方で
   
there is a big pile-up earlier: 前半の方ででかい衝突がある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 33
早々から
   
a challenge this early in the game: ゲーム開始早々から思いがけない反撃 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 167
早々と
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 450
早い
   
it seems too early even though it isn’t: じっさいにはなんの障害もないのに〜するのが早すぎると思ってる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
be up early: 早起きする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 365
早いうちから
   
be one of few early voices to speak out against ...: 早いうちから〜に反対する声をあげた少数派のひとりだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
早いうちに
   
the shock of one’s initiation comes early: その種のショッキングな洗礼を早いうちに受ける ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 51
早い時間に
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 242
早く
   
a moment earlier: ひと足早く 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 185
早く死んで葬られた
   
one’s early grave: (人が)早く死んで葬られた墓 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
早めに
   
sneak out of work early: 仕事場から早めに抜け出す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 54
早朝
   
early flight: 早朝フライト クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
存外はやく
   
afford early confirmation of ...: 〜を存外はやく立証する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78
   
though still early: 朝ながら 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
朝から
   
there have been more of early brooding than drinking: 飲むというよりは、むしろ朝から何か考え込んでいる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 298
at the sight of an early visitor: 朝から来客と知って セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 178
朝一番
   
come early with fragrant still warm bread: 朝一番にやってきて、まだ温もりのある香ばしいパンを届けてくれる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 55
幼い
   
make oneself recall ... from one’s earliest memories: 幼い日の記憶に残っている〜を思い浮かべる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
幼いころの
   
sb’s early life of moving around: 幼いころの移動生活 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
匆々
   
early in the year: 新年匆々 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 110
黎明期の
   
the early fliers who pioneered over-water flight: 初めて海を越えた黎明期の飛行士 バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 239