evil   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うらめしく
   
find it hard to think evil of sb: (人を)うらめしく思う気にはなれない ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 47
したたかな
   
see her as a lump of evil flesh: (人が)したたかな肉の塊に見える 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 220
たちの悪い
   
evil ginger cats: たちの悪い褐色の猫 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 116
ひどい
   
speak evil words against sb: ひどい言葉を(人に)投げつける ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 92
よからぬ
   
evil men and women: よからぬ男女 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123

   
smite evil: 悪をたたきのめす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 194
exempted one from evil: 悪を免かれて生きてきた 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 134
悪の種
   
be formed by the same causes, the same evil: 同じような動機や悪の種を植えつけられている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 523
悪意
   
absolute and uncompromising allegiance to obscenity and evil: 猥雑な言葉や悪意との切っても切れない関係 オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 113
悪口
   
evils of ...: 〜の悪口 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 210
悪事
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 286
悪徳
   
make sin so marvellous and evil so full of subtlety: 罪悪をしてかくもすばらしきものと化せしめ、悪徳にかくも微妙な味わいを附した ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 211
悪魔
   
you evil son of a bitch: この悪魔! カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 158
forgiveness is the only thing that evil can’t sink its teeth into: 許しのあるところには、悪魔だって忍び込めない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 137
悪魔に似た
   
an evil thing: 悪魔に似たしろもの マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 181
悪霊
   
ward off evil: 悪霊をはらう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
How could you take part in bringing evil in our home?: いったいどうしておまえは、家の中に悪霊を持ち込む片棒を担いだりしたんだい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 73
   
machines are not evil in themselves: なんであれ、それ自体が害であるような機械は世の中に一つとしてありはしないのだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 40
<例文なし> ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 43
気味はわるい
   
despite evil connotations: なんとなく気味はわるかったが エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 122
   
good changed to evil: 吉は凶に転じた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
evil tidings: 凶報 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 292
嫌ったらしい
   
evil little face: 嫌ったらしい、ちまちました顔 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 88
根性が曲がっている
   
generally evil: 総じて根性が曲がっている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 53
災い
   
expectant of unguessed evil: 不測の災いを予想して ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 241
邪悪
   
one’s evil runs much deeper than sb suspect: (人が)考えているよりもはるかに深く邪悪の色に染まっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
grubby and evil: 邪悪で汚い トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
邪悪な力
   
to reverse the evil: 邪悪な力をくつがえすべく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 73
底意地の悪い
   
a brief evil glint: かすかな底意地の悪い輝き ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 193
無気味な
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 313

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

great evil: 禍い
flee evil: 虎口を脱する
evil spirits: 妖怪
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
evil root: 禍根
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 382
evil intention: 悪意
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
an evil spirit is at work: 魔がさす
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 235
women are all evil at heart: 女なんて生きものはまるで化物だ
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 19
wickedly, falsely, traitorously, and evil-adverbiously reveal: 不義、不忠、奸悪、不遜、不逞等々にも(人に)漏洩する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 111
should know if evil came upon sb: (人の)身に、変わったことが起こると、すぐピンとくる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 184
like an evil spirit, seeking rest and finding none: まるで憩いを求めて得られない悪霊ででもあるかのように
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 14
it is that evil evil woman: 不幸を配達するあの性悪女
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
have an evil mind: 一筋縄ではいかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 153
an instrument of evil: 世に害をなすもの
accept as the lesser of two evils: 背に腹はかえられない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 175
evil and aging face on the canvas: 画布上の次第に老いこんでゆく悪相
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 190
be both working the right side of the good-and evil beat: 善悪の垣根の同じ側で仕事をする
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 13
an evil counsellor: 悪い助言者
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 79
be cursed by evil spirits emanating from the dead dogs and cats: 犬猫の祟りを受ける
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 99
filthy, evil-smelling blanket: 垢臭い毛布
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 212
punish the forces of evil: 悪が成敗される
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 173
shoot sb an evil frown: けわしい目を向ける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 172
awaiting one’s opportunity to glimpse into the heart of extraordinary evil: 異常な悪の核心を垣間みるチャンスを待ちうけている
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 67
be hair-raising evil: おぞましいくらいに邪悪だ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 203
evil intent: 悪意
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
evil intention to do: 〜してやろうという悪意
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
an evil spirit: 悪魔
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 83
Then toward the end of May came evil tidings that caused him acute distress: そしてその五月の末に至り、徹吉を悲嘆させた相つぐ凶報がきた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 292