familiar   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いつもの
   
in one’s gentle, familiar way: (人の)いつものおだやかなやり方で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
a familiar wooziness: いつもの眩暈 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 132
おなじみの
   
familiar escort: おなじみのエスコート ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 141
お馴染みの
   
a certain familiar melancholy: お馴染みのメランコリー トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
きいたことのある
   
a familiar story: きいたことのある話だ ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 118
きき覚えのある
   
terribly familiar voice: いやというほどきき覚えのある声 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 168
どこかで見たような
   
look familiar: どこかで見たような顔だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52
なじみのある
   
give sb something familiar as an anchor: (人に)なじみのあるものを心のよりどころとしてあたえる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 88
なつかしい
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 335
よくある手
   
be so familiar: よくある手だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 217
よく見られる
   
the forbidding persona familiar to sb: (人に)よく見られるあの近づきがたい雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 74
よく知っている
   
be familiar with sb: (人を)よく知っている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 266
a familiar face: よく知っている相手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
よく味わった
   
formerly familiar cop-mood: かつて警官時代によく味わった気分 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159

愛称
   
be familiar for Joanna: ジョアンナの愛称である O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 8
何度か味わった
   
familiar conviction: 何度か味わった確信 フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 9
懐かしい
   
feel somehow familiar: 何か懐かしい感触を持っている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 18
familiar hand of death: 懐かしい<死>の手ざわり 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 223
懐しい
   
Back in the familiar labyrinth, he recognized: またあの懐しい迷路にはいりこんだことに、チャーリーは気がついた フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 199
覚えのある
   
a bus bearing a vaguely familiar destination: うっすら覚えのある行先標示をつけたバス ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
驚くにはあたらない
   
Sounded familiar: 今さら驚くにはあたらない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
月並み
   
As always, the questions were familiar: いつものことながら、記者団の質問は月並みだった セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 148
見たおぼえがある
   
familiar from someplace: どこかで見たおぼえがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
見なれた
   
the joy of seeing a familiar face: 見なれた顔を見たうれしさ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 398
見覚えがある
   
there is something familiar about ...: 見覚えがある マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 448
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
見覚えのある
   
vaguely familiar woman: なんとなく見覚えのある女 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 427
see a familiar figure in the distance: 見覚えのある人影が目にはいる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 284
Her familiar black eyes seared me with piercing disgust: 見覚えのある黒い眼があきれたようにおれを見つめていた デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 467
a young man with a familiar face: 見覚えのある青年 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 86
見慣れた
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 316
見慣れていた
   
many wild changes observable on familiar things: 今まで見慣れていたものまですっかり変ってしまって ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 121
広く普及している
   
familiar tests for IQ: 広く普及しているIQテスト バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 76
懇意
   
become quite familiar with sb: (人と)大分懇意になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
become familiar with sb: (人と)懇意になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
使いなれた
   
familiar desk: 使いなれた机 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 25
子供のころからよくやっていた
   
familiar look: 子供のころからよくやっていた目つき トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
私生活の
   
familiar detail: 私生活のディテール トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 323
勝手知った
   
the familiar corridors: 勝手知った廊下 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 390
詳しい
   
become all too familiar with ...: 〜にすっかり詳しくなっている ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 607
be familiar with ...: 〜に詳しい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 504
心あたりがある
   
be familiar with sb’s name: 〜という名前に心あたりがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
心得る
   
be not at all familiar with the neighborhood: この辺の地理を一向心得ない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 183
親しげ
   
there is something almost familiar and nostalgic about ...: 〜はなにやら親しげで郷愁を誘うものだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
親しみやすい
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 284
親密な
   
familiar associations: 親密な関係 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326
be quite familiar with sb: (人とは)かなり親密な間柄だ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
昔なじみの
   
familiar sensations that have returned: 戻ってきた昔なじみの感覚 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
昔に帰ったような
   
sb’s familiar confidence: 昔に帰ったような自信 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 80
知りつくしている
   
be eminently familiar with ...: 〜から知りつくしている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 488
長いつきあいの
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 138
得意
   
familiar ground: 得意分野 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 272
聞いた覚えがある
   
be familiar to sb: (人は)どこかで聞いた覚えがある オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 60
聞きおぼえのある
   
the voice is sweetly familiar: 聞きおぼえのある声 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 336
聞き覚えがある
   
be obviously familiar: あきらかに聞き覚えがある 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 14
聞き慣れた
   
detect a familiar tone: ある聞き慣れたトーンを感じとる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
A rasping voice that was nonetheless familiar: 耳ざわりな声だが、聞き慣れた声だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
聞き馴れた
   
familiar sound of ...: 〜の聞き馴れた音 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
朋輩
   
like a witch’s familiar: 魔女の朋輩とばかり スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 77
例の様な
   
familiar Oyone: 例の様な御米 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 181