fancy   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜がいいな
   
I fancy fish and chips: フィッシュ・アンド・チップスがいいな レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 132
〜と思い込んでいる
   
I pity the higher djinns, who fancy themselves somehow closer to GOD: 上位の妖霊たちは不憫じゃよ、神にいくらかでも近いと思いこんでおるのだからな ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 129

あれこれ想像する
   
begin fancying the sort of thing that will happen: そうなったときのことをあれこれ想像しはじめる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 50
かなり立派な
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 124
きっと〜でしょ
   
He's made a good deal of money and he's seeing life, I fancy: あの人、かなりお金を貯めたらしいし、きっと物見遊山の旅行でもなさってるんでしょ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 66
きまりもなく
   
with dense fancy stretches of silverware: 銀の食器がごてごてときまりもなく並べられている カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 25
しゃれた
   
nothing fancy: しゃれたものはなんにもない ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 202
make ever such a fancy knot: えらいしゃれた輪を作る シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 147
fancy shoes: しゃれた靴 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
みごとな
   
fancy brocade: みごとなブロケード トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
よそゆきの
   
fancy kimono: よそゆきの着物 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 15
わかる
   
fancy what sb must think: なんて思うかわかるじゃないの ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 183

関心
   
some other likely lass will take sb’s fancy: (人が)だれか別の女の子に関心を移す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 69
catch sb’s fancy: 〜が(人の)関心を引く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 208
気に入る
   
My friend Marv fancies you: おれのダチのマーヴはおまえが気に入ったとさ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 71
気の利いた
   
have fancy lawyers: 気の利いた弁護士を雇う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
fancy gadgets: 気の利いた機械装置 ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 91
興味
   
catch sb’s fancy: (人の)興味をひく カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 76
凝った
   
fancy costumes: 凝った衣装 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 213
be much fancier than ...: 〜にくらべてはるかに凝ったつくりだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
軽やかな
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
見映えのする
   
a nice, fancy new home: 見映えのする立派な新居 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 315
好き嫌い
   
have one’s fancies: 好き嫌いを言う セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 100
考える
   
fancy oneself as sth: (自分を何かと)考える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 111
高級な
   
fancy French restaurant: 高級なフランス料理店 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 52
豪華な
   
fancy Hollywood house: 豪華なハリウッド調の邸 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
豪壮な
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 172
思い
   
be seized with a fancy to listen to the peal from outside: 鳴曲の響きを外で聞いてみたいとの思いに駆られる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 59
思いこむ
   
fancy contained bronzes: この中に青銅がいると思いこんでいる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 182
思い浮かべる
   
begin fancying the sort of thing that will happen: そんな場面を思い浮かべる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 35
受けとる
   
fancy that ...: 〜と受けとる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 120
上等な
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 373
色とりどりの
   
huge tables laden with silver platters of fancy food: 大きなテーブルのうえの銀の食器には色とりどりの料理が並ぶ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 5
   
a woman who has taken his fancy: 男が心を寄せた女 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 136
大仰な
   
Nothing fancy: 大仰なものじゃなく・・・ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 131
超一流
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
珍無類の
   
fancy hats: 珍無類の帽子 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 119
特別
   
fancy handmade shirt: 特別仕立てのシャツ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
特別の
   
arrange for a fancy dessert: 特別のデザートを用意する コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 93
派手
   
fancy fashionable things: 派手でしゃれたこと 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 157
派手な
   
consider giving all a display of the fanciest techniques sb is capable of: 能うかぎり派手なワザでも披露してやろうかと思う 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 68
放心状態
   
abandon oneself to the fancy: 放心状態に落ちる 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 71
夢想
   
a forced attempt to relate to one’s own fancies: (人の)夢想にむりに辻褄を合わせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 101
欲しい
   
What would you fancy: なにが欲しいのかな、きみは スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 43
立派な
   
nothing fancy at all: ぜんぜん立派じゃない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 125
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 241
恋情
   
stimulate sb to mere fancy: (人)ならただ恋情をかきたてられるだけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
連想
   
giving one’s fertile fancy free play: 奔逸する連想のおもむくまま 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

take sb’s fancy: (人が)一目惚れする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 237
take one’s fancy: 気がむく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 189
take a fancy: 気が向くと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
nothing fancy: なんの変哲もない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
have strange fancies: なんだかんだといろいろ想像を逞しくする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 123
fancy ~ing: ぜひとも〜したい
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 77
fancy oneself trapped: なんだか進退きわまったような気がする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 230
fancy oneself: 自分にほれぼれする
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 118
fancy lunch: グルメ・ランチ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
fancy gardening metaphor: 園芸を例に引いたたくみな比喩
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
fancy fishing plug: ルアー釣用の擬似鈎
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
fancy doing ...: まあ考えてもごらんなさい〜なのよ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 372
fancy cuisine: 高級料理
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 204
don’t fancy me?: わたしじゃいやなの
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 45
catch one’s fancy: (人の)心に適う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 101
as the fancy takes sb: 気儘に
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 201
would take a fancy to cats: まんざらネコぎらいでもなくなる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 34
would not fancy running into sb: (人に)ばったり出くわしてはたまらない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 47
with very fancy inside: 内部がとても凝っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 338
what do you fancy for lunch?: 昼めしはなにがいい?
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 452
take a fancy to sth: 〜を見てすっかり魅せられる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 26
take a fancy to sb: とてもかわいがる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 131
take a fancy of diverting oneself in a very singular Manner: これはまた、とほうもない遊びを思いつかれる
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 45
such a large, fancy apartment: あまりにも大きいマンションの広い部屋
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 126
people who’ve struck our fancy: なんとなしに心ひかれたひとたち
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 213
one might fancy she was looking for dead things: どう見ても、屍をあさり歩く女のやう
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 13
one might fancy a huge black bird that ...: まるで大きな鳥が、大きな黒い鳥が〜しているやうな
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 74
leave it to fancy where sb is that ...: いったい、(人は)どういうつもりで、〜なのか見当もつかん
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 241
have not fancied anything Japanese: 日本製は敬遠してる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 177
fancy sb’s having the insolence to confound me with ...: こともあろうに、〜とまちがえるなんて、おもしろいじゃないか
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 221
fancy jacket made from the skin of some creature with a two-chambered heart: 爬虫類の革のジャンパー
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
do some fancy steppin’: 危ない橋を渡る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
create a fancy space for ...: 〜のためのスペースをていねいにこしらえる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 39
behave just as the fancy takes one: 勝手気ままに振る舞う
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
a wandering fancy wanders through the mind of sb, that ...: (人は)、〜と、そんなとりとめもないことを考えている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
be stimulated to the most extravagant flights of fancy: 刺激されて、大胆不敵な空想を展開する
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 34
fancy goods stalls: 美術商
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 42
flight of fancy: 空想
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 200
make ... iridescent with fancy: 幻想の変幻自在な色彩を与える
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 67
since sb have a fancy for melodrama: 芝居がかったことが好きな(人の)ために
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 113
have read more than sb would fancy: これでもなかなか(人が)ご想像なさる以上に、本をどっさり読んでいる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 69
one flight of fancy summons up the next: 空想が次の空想をよぶ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 200