fast   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あっさりと
   
shitcan sth faster than junkmail: ダイレクト・メールよりもあっさりと屑籠行きになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
あっというまに
   
get corrected fast and effectively: (問題は)あっというまにみごとに解決する コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 200
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
あっという間の
   
it all happens so fast: あっという間のことだ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 112
あっという間のことだ あとからあとから
   
the tears only came faster: 涙はあとからあとから流れてとまらない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 124
あわてる
   
not so fast: あわてなくてもいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 73
いきおいよく
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 44
いきなり
   
Boy, I rang that doorbell fast when I got to old Spencer's house: いやあ、スペンサー先生の家につくが早いか、いきなり僕はベルを鳴らしたね サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 11
いそいで
   
Talk fast: いそいでしゃべれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 589
いちはやく
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 214
かなりのスピードで
   
move fast: かなりのスピードで走る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 94
ぐっすり
   
be fast asleep in bed: ぐっすり寝ている アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 292
ぐるぐると
   
be wound fast with ...: 〜をぐるぐると巻きつけられる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
しっかり
   
larger rooms, which are dark and made fast for the night: しっかり戸締まりがされて、真っ暗な大きな部屋々々 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
すぐさま
   
get fast to the bottom line: すぐさま核心をついてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
すぐに
   
resulted in a fast nasty annulment: 痛ましい破局がすぐにやってきた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 113
make fast judgment about sb: 〜をすぐに敵だときめてしまう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
すらすらと
   
say it fast as hell: すらすらと言う サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 110
そそくさと
   
brush sb off fast: そそくさと〜して、ふたりを追っぱらう クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 433
だらしない
   
be fast as lightning: ひどく気粉れで、だらしない カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 40
つなぐ
   
make the dinghy fast against the jetty: ボートを桟橋につなぐ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
てきぱきと
   
work fast: てきぱきと仕事をする デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 15
どんどん
   
Which is why the town's going nowhere fast: だから町もどんどんさびれていく 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 114
はやい
   
kick in pretty fast: 効果ははやい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 203
figure sth faster than sb do: 〜より読みがはやい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 559
はやく
   
sense sth faster than anybody: いちはやく〜を感じ取る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 45
hope that the effects will come fast: はやく効きますようにと願う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 499
ひたと注がれている
   
sb’s dark eyes fast upon sth: (人の)黒い瞳が〜にひたと注がれている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
ひとたまりもなく
   
sing fast: ひとたまりもなくしゃべる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 377
びゅんびゅん
   
take the wet, dark streets very fast: 雨に濡れた暗い通りをびゅんびゅん飛ばす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123

スピーディ
   
be fast and exciting: スピーディで、心をわくわくさせてくれる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 102
スピードの出る
   
fast cars: スピードの出る車 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339

一刻も早く
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
一目で
   
weigh up the situation fast: 一目で事態を把握する デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 291
一目散に
   
be out of there fast: 一目散に逃げだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
穏やかな
   
be fast asleep: 穏やかな眠りに落ちる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 243
急ぐ
   
not so fast: まあ、そう急ぐな タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
急激に
   
wake fast: 急激に目がさめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
急速に
   
the public current of the time set too strong and fast for sb: 時世の流れは、恐ろしく急速に、そしてまたどうにもならない勢いで動いていた ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
肩で風を切って
   
walk fast: 肩で風を切って歩く 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 82
高速な
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
高速を誇る
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 220
迅速
   
nothing happens fast: 何事も迅速には運ばない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 68
前置き抜きで
   
go in fast: 前置き抜きで切り出す エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 275
早々と
   
seem fast asleep: 早々と眠りについてしまったように見える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
早い
   
be going too fast: 気が早すぎる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 26
a fast track: 早い出世 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
早く
   
word travels fast: ニュースは早く伝わるものだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
get home as fast as one can: 一刻も早く家へ帰る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
as fast as one can: 少しでも早く サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
早めに
   
get ready to clear out fast: 早めに切りあげようとする 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
早急に
   
sell out fast: 早急に身売りする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 63
早口
   
say fast enough in this big voice: 相変わらずの大声で早口に言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 389
早口でしゃべる
   
not so fast: そんなに早口でしゃべらなくてもいいでしょ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 119
足ばやに
   
No matter how fast we walked, we seemed to make no progress: どれだけ足ばやに歩いても、とても前に進んでいるようには思えなかった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 127
足早に
   
be gone fast: 足早にそこを出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
速い
   
a ball going that fast: めちゃくちゃに速い球 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
速く
   
walk as fast as ever: 例によって足ばやに歩く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 259
動かない
   
make the oars stick fast in the water, worse than ever: 櫓はますます水にはまり込んで動かない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 105
敏捷に
   
move fast: 敏捷に動く ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 16
敏速
   
be fast at adopting new technologies: 新しいテクノロジーの導入に敏速だ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 73
滅茶苦茶な
   
fast living: 滅茶苦茶な生活 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 379
立派に
   
already fast shouldering one’s way to ... behind one’s compeers: いまではすでに仲間を押しのけて立派に〜に精進している ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152