feeling   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜感
   
an awfully satisfactory feeling: なんとも言えない満足感 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 53

その気
   
the feeling ain’t there: その気がない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114

イメージ
   
sunny feelings for ...: 〜に抱いている晴れやかなイメージ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 90
ムード
   
a feeling of soft enclosure: やわらかな隔絶ムード トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252

印象
   
always have the feeling that ...: 〜という印象はつねにある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
   
need the clean feeling: 爽快感がほしい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
feelings of inadequacy: 無力感 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 247
be seized with a feeling of absurd amusement: 滑稽感を覚える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 227
感じ
   
the feeling that sb have been had: 追いつめられているという感じ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
have the feeling ...: どうも〜なようだ。なんだかそんな感じだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 387
bilious feeling: いやな感じ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
be overcome with the feeling that ...: 〜だという感じがはげしく(人の)胸を打つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
a feathery spooky feeling like being touched by a moth: 蛾の翅に撫でられたようなぞっとする感じ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
感じる
   
a feeling of anticlimax: なんだかあっけなさを感じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 131
感覚
   
sensitivity of one’s feeling for sth: 〜に対する(人の)鋭敏な感覚 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 48
get feeling again in ...: 〜に感覚がもどる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
感受性
   
one’s feelings are as sensitive as anyone else’s: (人の)感受性は全然人に負けてない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
感傷
   
the feeling is unexpectedly welcome, as though sb’s heart have been unbound: それは思いの外、甘い、心のほころびるような感傷だ 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 125
感情
   
the feeling of the sea: あの大洋の感情 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
The feeling I get is terribly unfocused, yet very solid: 僕の受ける感情はものすごく漠然としていて、しかもソリッドなんだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 56
some of these feelings: そんな感情のあれこれ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
sb’s feelings have been grievously hurt: (人は)ひどく感情を害している ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 35
rare feeling: めったに味わうことのない感情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
no feeling: 感情がこもっていない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 341
make up for the previous times sb’s counsel and feelings has been bypassed: これまでに(人の)意見や感情がないがしろにされてきたことを、埋め合わせする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 484
judge sb’s feelings by one’s own: (人の)感情を察する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 424
have the woeful feeling: 痛ましい感情に襲われる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
have feelings for sb: (人に)感情移入する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 314
feelings that one have closeted off: いままで押しとどめてきた感情 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 323
color sb from the same palette of murky feelings: (人は)いつもおなじ陰鬱で複雑な感情を味わう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
can’t seem to rid oneself of such feelings: この手の感情の動きをどうしても制御できない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
can’t hurt sb’s feelings: (人の)感情を傷つけるに忍ばない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
be struggling to align one’s feelings: 自分の感情の間尺を合わせようとあせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 148
be not dim to feelings: 人の感情にうとい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
be full of unexpressed feelings: 感情がだぶつく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
ambivalent feelings about ...: 〜に対する引き裂かれた感情 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
a queerly pervasive feeling steals over sb: (人は)全身に広がる奇妙な感情の波につつまれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
a new set of feelings about one’s death: (人の)死をめぐって湧き上がってきた一連の新たな感情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
感想
   
sb have a feeling that ...: 〜というのが(人の)感想だ ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 140
喜怒哀楽
   
sb’s feelings are simply unavailable to sb: 喜怒哀楽は手の届かないところにある マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 158
機嫌
   
hurt sb’s feeling: (人の)機嫌を損じる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 73
   
there will be no hard feelings: 気をわるくしません タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 247
movement gives one the feeling that one ...: 動いている限り〜気がする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 276
have the distinct feeling ...: なんとなく〜ではないかという気がする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 394
be afraid that one have hurt sb’s feelings: (人の)気をそこねてわるいことをしたと思う ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 34
気がする
   
had a sudden feeling that ...: ふと〜という気がした 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
気持
   
have mixed feelings about it: こっちの気持も複雑だ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 185
have a confused feeling: ちょっと奇妙な気持だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 203
funny feeling: 何とも言えない不思議な気持 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 140
気持ち
   
trample on people’s feelings: 他人の気持ちを踏みつけにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
speak the truth about one’s feelings: 自分の気持ちを正直にいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 481
speak of one’s feelings: 気持ちを打ち明ける フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 419
have a bad feeling: いい気持ちがしない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
express a strong feeling of apology towards sb: (人に)迷惑を掛けたことに対するわびの気持ちが強く現われている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 27
気配
   
the place had a deserted feel: 人の気配はまるっきり感じられなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 32
気分
   
The feeling now wasn't as pleasant as it had been then: しかし気分は、あのときのように愉快ではなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
one’s feelings of strangeness: しっくりしない気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
one’s feelings of guilt: うしろめたい気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
a warm, protective feeling: あたためてあげたい、守ってあげたいという気分 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
a feeling of calm and ease settles over sb: おだやかで安らかな気分が(人を)つつむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
胸の内
   
sb’s feeling concerning ... is adj.: 〜が〜として(人の)胸の内に残る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
決意
   
all one’s feelings of articulateness had gone: 率直に思いの丈を話そうという決意は消し飛んでしまった ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 217
考え
   
try to explain to sb clearly what one’s feelings are: あからさまに自分の考えを打ち明ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 111
思い
   
with mixed feelings: 複雑な思いで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
with miserable feelings: 傷ましい思いで 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 36
This painful feeling made Sonoko seem all the more ephemeral: するとこの苦しい思いが逆に彼女の存在をはかなげに見せた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 135
that feeling is still with sb: いまだにその思いを持ちつづける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 375
思い入れ
   
don’t have enough real feeling for ...: 〜にそれほどの思い入れを持っていない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
思い入れたっぷり
   
tell it glowingly and with feeling: 熱っぽい口調で思い入れたっぷりに ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 58
実感
   
the feeling of having misbehaved: 不倫の実感 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 68
speak just now with a good deal of feeling about sth: (物のことを)、ずいぶん実感を籠めて話す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 32
not an image but a feeling: 外見ではなく、実感 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 97
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
充実感
   
sb’s feeling is deeply hurt: ひどく心を傷つけられる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 6
心境
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 157
心持ち
   
be drawn together by a gentle, brotherly feeling: 兄弟の優しい心持ちが湧いてくる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
after reading ..., one never take sb’s feelings lightly again: 〜を読んで、(人の)心持ちを決して軽々しく考えてはいけないのだと肝に銘じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 64
心地
   
the feeling of sliding irresistibly downward, down into the depths: すっと奈落へ落ちて行くような心地 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 267
the dark, drunken feeling: 暗い酔い心地 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
feeling of embracing her: 女の抱心地 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 101
神経
   
spare sb’s feelings: (人の)神経を過敏にしない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
a fellow of any sensitiveness or delicacy of feeling: 細かい心づかいや、繊細な神経の持主 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 252
   
feelings of self-reproach: 自責の念 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 148
腹の中
   
wear sb’s feelings so frankly on sb’s face: 腹の中をそのまま顔に出す アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 137
憤懣
   
vent one’s feelings: 憤懣をぶちまけた アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 218
万感を
   
agree sb, with feeling: 万感をこめて同意する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 166
予感
   
have sort of a feeling then that something is coming: 何だかへんな予感がしている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 112
have a nasty feeling that ...: 〜という嫌な予感がする レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 17
have a feeling ...: 〜な予感がする ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 146