feels   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s hand feels abnormally hot: 気持ち悪いくらい、熱い手だ
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 66
aggravate the sense of guilt sb feels toward ...: ますます〜に対して負目を感じる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 251
You might ask what it feels like: どんな状態をいうのか、疑問に思われるかもしれませんね
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
sb’s head feels like it is awash with fluid: (人の)頭の中が液状のものでいっぱいになったような感じだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
everybody involved feels bad about the whole deal: 居合わせた全員が後味の悪い思いをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
gaze at ... until sb feels quite bashful: (人が)テレるほどしげしげと〜を見る
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 63
one’s head feels vague and confused: 頭の芯が朦朧となる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 366
there is something definitely suspicious, sb feels: ひどく納得のいかない気分である
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 32
she feels sb have delicately wounded her in some way: 彼女はどこかをかすかに傷つけられたような気持ちだ
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 146
have a depressing impact on one that feels unexpectedly primal: それまで感じたことのないような、予期せぬ深い落ち込みを感じる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
it feels different: 変化の兆しが感じられる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 315
one’s body feels dull and heavy: ひどくだるい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 90
one’s body still feels exquisitely languid: 体には何ともいえぬだるさが残っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 282
one, at least feels that ...: 当人は〜と解釈する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
it feels sort of ...: 〜みたいな感触
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 242
feels so bad I can hardly stand it: たまらなくいやな感触だ
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 66
what it feels like to sb ...: 〜というのがどんな気持ちするものか
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
how one feels to do: 〜する〜の胸中
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 112
what it feels like: どんな状態をいうのか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
one’s stomach feels queasy: 腹具合がおかしい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 187
one’s spirit feels refreshed: 心がすうっとする
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 82
one’s head feels hot, and the rest of one chill: 頭だけがほてって、からだじゅうはさむ気がする
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 50
one’s head feels heavy: 頭が重たくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 22
one’s body feels on fire with fever: 体は発熱のために焼けるように熱い
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 267
it really feels like spring: なんとなく春めいてきた
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 31
it feels good to ...: 〜するのは気分的にいいことだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
in a way one seldom feels inclined to meditate upon: あまり考えたくないことだけれど
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 286
how sb feels: 具合
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 172
how a woman feels when she gives herself to a man: 女の身をまかせる気もち
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 135
it feels safe and homely there: 安心感と家庭的な安らぎがある
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 118
sb’s face will reflect the impatience sb feels: (人が)面倒臭そうな顔をする
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 88
know what infatuation feels like: 恋愛感情とはどんなものかを知る
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 31
know just how sb feels: 身につまされる
宇野千代著 フィリス・バーンバウム訳 『色ざんげ』(Confessions of Love ) p. 45
one’s whole body feels lethargic from ...: 全身が〜でけだるい
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 257
it feels more promising: ものごとは良い方向に向かっているように見える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 315
it feels right: それで不快な気分にならない
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 182
one still feels that ...: 〜の感がある
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 94
the warmth one feels for ...: 〜へのあのほのぼのした思い
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 130
one’s head feels as if it were wrapped in tight, damp cloths: 頭は締めつけられたように重い
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 131