feet   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ゆする
   
rock on the balls of one’s feet: 体をゆする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212

   
with one’s hands and feet quite raw: すぐ手だの足だのを擦り剥く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
walk one’s feet off: 足を棒にして歩く 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 151
the furtive shuffle of their feet: こそこそした足音 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
take one’s feet out of ...: 〜から足を抜く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 68
shift between feet: 足をもぞもぞさせている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
sb’s bare feet: むきだしにされた(人の)足 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 169
if one’s feet were on the floor or drifting just above it: (人が)床に足をつけて歩いているのか、それとも床から浮き上がってふわふわとただよっているのか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
hand and foot: 手足もろとも ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
drop to sb’s knees at one’s feet: (人が)こちらの足もとにひれ伏す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 424
bare feet: 靴をはいていない足 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
足もと
   
sb’s feet give way underneath sb: 足もとがあぶなくなる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 344
足元
   
charge sb’s feet: (人の)足元めがけてとびだしてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
立ち上がる
   
help sb to sb’s feet: 立ち上がるのに手を貸す ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 154

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

tap one’s feet: ステップを踏む
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
put one’s feet up: 休む
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 413
lift sb to sb’s feet: 立たせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 107
at one’s feet: 足もと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
a few feet: 一メートルばかり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
within a few feet of sb: (人の)すぐ傍には
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 238
with hearts that fails one when one hear the thronging feet: それが群集の足音だった時などは、見るもいたましい傷心に胸をふさぐ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 91
when sb stand upon sb’s feet: さすがに、椅子から降り立った(人の)姿を見ると
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 186
was on one’s feet: 立ち上がっていた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
throw sb over sb’s own feet: (人を)がっくんつんのめらせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 514
the whole family think on sb’s feet: 家族の一致団結
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 228
struggle to one’s feet: やっとのことで立ち上がる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
struggle to one’s feet: 辛うじて起き上がる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 35
streets familiar to sb’s feet: (人の)歩きなれた街々
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 126
stand on one’s own feet: ひとり立ちする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 146
scramble to one’s feet: 慌てて立ち上がる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 109
scramble to one’s feet: 立ち上がる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 172
sb’s bare feet on ...: 〜を裸足でぺたぺたと歩きまわる音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
pull sb to sb’s feet: ひっぱって立たせようとする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 67
one’s shoes pinching one’s bare feet: ストッキングなしで靴をはく
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 39
leap to one’s feet: いきなり立ちあがる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 146
in one’s stocking feet: はだしでも
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
get to one’s feet: 立ち上がる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
get back on one’s feet: 気をとりなおす
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 316
bounce to one’s feet: バネ仕掛けのように立ち上がる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
be very neat and nimble on one’s feet: 足さばきが軽くて敏捷だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 44
be very fast on one’s feet: 目にもとまらぬはやさでとびおきる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 30
be on one’s feet: 立ち上がる
twenty feet above sb: 〜の頭上二十フィート
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
rise abruptly to one’s feet: さっと立ちあがる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
Isao abruptly picked it up and got to his feet: 勲はつとこの本に手をのばして立上がった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 187
He could hear again the furtive shuffle of their feet like a refugee army: またも彼らの、難民の群れのようなこそこそした足音がきこえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
walk with its feet up in the air: 足を空に向けて歩く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
draw one’s feet back in some alarm: ぎくっとあとずさり
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 60
draw one’s feet back in some alarm: 思わず足をひっこめる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 56
feet brace at a wide angle: 両足を大きくひらいてふんばる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
turn one’s feet around: きびすを返す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
return from an artfully reluctant trip to the bathroom under orders from sb to wash one’s feet: (人に)足を洗うことを命ぜられてわざとしぶしぶ足を洗ってきた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
be asleep on one’s feet: もう半分寝ちゃってるみたい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 184
get back to one’s feet: 立ち上がる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
The pencil-line of light by his feet fattened to a bar: 足もとに射しこんでいた鉛筆幅の光の筋が、棒切れの太さにふくらんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
keep one’s bare feet clear: むきだしの足が水に浸からないようにする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
bath one’s feet and face in cold water: 冷たい水に足を浸し、顔を洗う
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 46
let’s beat feet: さ、フケようぜ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
beat feet: トンズラする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 400
beat feet: 逃げ出す
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 71
between one’s feet: 両足のあいだにはさむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
blind feet seek the carpet slippers: 足でさぐりながらスリッパを探す
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 289
one’s feet printing tracks in one’s own blood: 動いたあとには血の足跡がしるされていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
bounce promptly to one’s feet: ぴょんと立ち上る
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 640
bow oneself at sb’s feet: (人の)足もとにひれ伏す
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 42
jam both feet down on the brake-pedal: ブレーキを両足で踏みこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
stand but a few feet behind sb: (人の)つい二、三フィート後方に立つ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
the light by one’s feet: 足もとに射しこんでいる光
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
Carefully, he pillowed Vallery's head on the gloves, rose slowly to his feet: 彼はヴァレリーの頭をそっと手袋の上におろし、ゆっくりと立ちあがった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
He passed an arm round Vallery, raised him carefully to his feet: 彼は片腕をヴァレリーの腰にまわし、そろそろと立ちあがらせた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 396
sb’s feet are carelessly extended: 足をむぞうさに投げ出している
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 23
have one’s feet up on one’s oak carrel: 閲覧席のオーク材のデスクに両足をのせて
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
have a chunky physique, well under six feet: 小太りの体型で、身長は一八○センチにだいぶ足りない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
clamber to one’s feet: 起きあがる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 122
the clip of one’s own feet: 自分の足音
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 422
His feet clad in elasticized hospital slippers, shuffled on the linoleum: 病院のなかで履かされるビニールのスリッパを、彼はずるずるとひきずっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 334
If you got cold feet: 危ないと思うなら
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 139
get cold feet: 逃げ腰になる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 314
the vibrations of feet in contact with the ground forerun: 地面を踏む足音が響いてくる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 197
think of the corpse under one’s feet: 足許に死骸が埋まっていると思うと気色が悪い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
be on one’s feet again in a crack: またたくまに立ちあがる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 173
creak and groan under sb’s feet: みしみしと跫音が響く
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 180
cringe at one’s feet: (人の)足もとにひれ伏す
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 384
cross one’s feet: 足がもつれる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
grab at the crumpled blue dress at one’s feet: 足元に丸まっていたブルーの服を拾いあげる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 29
be stamping feet dead from the cold: 寒さにかじかんだ足を踏みならしている
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 161
stamp upon sb, until sb lie dead under one’s feet: (人を)さんざん足蹴にして踏み殺す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 37
be dead on one’s feet: 生ける屍である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
drag one’s feet about ...: 〜をしぶってなかなかやらない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 337
drag one’s feet: 煮えきらない態度をとる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 95
drain after being on one’s feet for XX hours: XX時間立ちっぱなしで仕事をして、汗でぐっしょりになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
rub one’s feet dry: タオルで足をふく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 74
Mary sat up effortlessly and rested her bare feet on its icy surface: メアリは軽快に体を起こすと、ひんやりした床に素足をあずけた
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 65
sth is elsewhere, AA feet away: 〜はAAフィートはなれたところにある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 542
sb’s shoes are ready to fall off sb’s feet entirely: 靴なんかいつ分解して、足から消えてなくなるかわからない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 473
fall at sb’s feet: (人の)足もとに身を投げ出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
pass out on one’s feet fall over: 酔いつぶれてばたんと倒れる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
the whole family thinks on its feet: 家族の一致団結
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 228
fling sb off sb’s feet: 足をすくって投げとばす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
fling sb off sb’s feet: (人の)足をはらって投げとばす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 389
be fling off one’s feet: 足をすくわれてはじきとばされる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 167
at AA feet above ground level: 地上AAフィートで
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
the peacock picked up its gray feet: 孔雀がその灰色の脚をぴょんぴょんとはねあげる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
without shifting one’s feet: 足の位置をそのままに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
sb’s feet: (人の)足下
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
one’s feet in the wind: 足が風になぶられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
lie down near sb’s feet: (人の)足下に横になる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 146
have one’s feet up on sth: (物に)両足をのせて
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
on catlike feet: 猫のような足どり
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 163
in all one’s life one has never seen soldiers so uncertain on their feet: これほど足もとのおぼつかない兵士たちを見るのは、生まれてから一度だってない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
be a bit unsteady on her feet: 足もとがおぼつかない
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 326