filled   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

a smile filled with affection: 慈愛のこもった微笑
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 264
after a lifetime filled with women: さまざまな女性遍歴を重ねたあげく
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 416
Afterwards, Steve White filled me on the details: のちにスティーヴは探知の状況を詳しく話してくれた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 82
be already filled with sth: (場所)の中には(物が)所狭しと詰め込まれている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 325
fix upon sb a glance that is filled with anguish: 苦しそうに(人を)見つめる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 64
be filled with anxiety: それなりの気苦労が多い
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 344
be filled with a new awareness of the power of the opposite sex: (人の)頭の中へ異性の匂いが新しく入ってくる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 168
be very well filled with an awfully good bunch: 華麗な人々が集まっている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 336
sb’s face becomes contorted in a pain-filled fury: (人の)顔に浮かぶ、怒りに歪んだ苦痛の表情
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
sb’s eyes are filled with bland fire: (人の)目が激しく憎しみに燃えている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 78
be filled with the full blast of the music: 音楽が〜にヴォリュームいっぱいに鳴りひびく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
be filled with the blink of an occasional signal light: 目につくのはときおり点滅する信号灯だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 319
the sky is so blue that one filled with a sense of well-being: 晴れた空が身に沁み込むように感ぜられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
filled with bobbing cakes of dirty ice: 汚れた氷の塊が一面にゆらゆら浮いている
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 49
the huge bath is filled to the brim with water: 広い浴槽にはなみなみと湯がみなぎっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 115
be filled to the brim with water: 満々と水がたたえられている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 151
be filled with business of every sort: 〜はありとあらゆる種類の物事で満ち溢れている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
I could have filled in sb’s dental chart: (人)は口を大きく開けた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
large yards filled with chestnut trees: 大きな庭にはたくさんの栗の木が立っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
fields filled with chirping grass-hoppers: キリギリスの鳴きたてる畠
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 104
bright, clear sky be suddenly filled with menacing clouds: 晴れ上がった空が俄かにかき曇る
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 11
the compartments filled with people: 乗客で満員になったコンパートメント
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
be completely filled with sth: 〜でぎっしりだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
a gully completely filled in with ice: 一面の氷で埋められた谿
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 269
one’s face filled with consternation: 顔一面にまざまざと驚愕のいろを浮べると
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 128
become filled with contrition: 俄かにおそろしくなる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 67
be filled with a new and deep sense of disappointment: 変に一種の失望を感じる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
be densely filled with ...: 〜が隙間なく埋める
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 13
be filled with disgust: 苦々しい唇を噛む
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
as to look like a man who had been drowned and filled with water: まるで水ぶくれになった土左衛門
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
be filled with a sort of emotion: 一種の感懐をもつ
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 13
one’s voice filled with emotion: 感に堪えたように言う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 198
every valley is filled with the roar of floodwater: 谷川という谷川は水量をまし
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 162
have one’s head filled up with nonsense and excitement: くだらんことで頭をいっぱいにしてのぼせあがる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 219
one’s eye are filled with tears: (人の)目に涙があふれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
be filled with a feverish pity for sb: (人に)心底不憫を覚える
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 173
filled the room: 部屋じゅうにひびきわたった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47
a metal container filled with empty racks: 空の枠をいくつも詰めた金属の容器
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 120
be filled up on snacks: つまみで腹がいっぱいだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
be filled with sissies and worse: 腰抜けかそれにも及ばない俗物がうようよしている
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 4
be filled with sth: 〜がぎっしりつまっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
have filled this space with sth: この部屋には〜がたくさん置いてある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
be filled with standing rainwater: 雨水がたまる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 10
be filled with sth and sth: (物)や(物を)詰める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 117
be filled with a sense of freedom and joy: 自由と歓喜に充ちる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
filled with gleaming brass and polished oak: ぴかぴかの真鍮と磨き上げられた樫材を多用した
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 18
be nearly filled with sb: (人で)ほぼ満員だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 116
be filled with sth: (物が)満載されている
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 91
the studio is filled with the rich odour of roses: アトリエの中には薔薇のゆたかな香りが満ち溢れる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
sb’s voice filled with dismay: すっかり狼狽した声を出す
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 280
sb’s mind is filled with idle thoughts: そんなことをむだに考える
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 193
sb’s heart is filled with reverence for sb: 心のうちで常に(人を)畏敬する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 187
sb’s breast is filled with pain: 胸は苦しいほど締めつけられます
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 26
say in a tone filled with regret that ...: 〜といって残念そうな顔をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 127
page after page be filled with ...: 〜がえんえんとつづいている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
one’s head is filled only with ...: 〜だけが頭にある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 192
hedges filled with flowers: 生け垣には花が咲きこぼれ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 34
gorgeous metal-filled mouth: 金歯でぴっかぴかのお口
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
filled with pain: 疼痛の塊のようになる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 250
filled with new resolve: 新たな決意を秘めて
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 171
be suddenly filled with sorrow: 急に悲しさがこみ上げて来る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
be filled with Victorian houses: ヴィクトリア風の家が並んでいる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
be filled with sth: (〜が)漲っている
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 68
be filled with sb: (人)をずらりと並べる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 34
be filled with piss and vinegar: 闘志まんまんだ
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 30
be filled with figures: 形になる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
be filled with an enormous and unreasoning anger: 心にいい知れない怒りがこみ上げてくる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 186
be filled with all ...: 〜がぎっしり詰まっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 38