flight   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
フライト
   
wait to board a flight to ...: (場所)行きのフライトの搭乗待ちをする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 394
uneventful flight: 無事で退屈なフライト クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 356

軌跡
   
the flight of the ball is barely discernible: ボールの軌跡がほとんど識別できない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
航空
   
conduct a personal inspection of flight operations: 航空作戦の現場視察 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 290
行方
   
follow the flight of the ball: ボールの行方を追う プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
高揚
   
have a certain flight: 高揚する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
飛ぶ
   
take flight out the door: 部屋から飛んでいく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 107
飛行
   
in the flight of life, solo thus far: いままでの人生を単独飛行してきたが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
follow a specific flight path and altitude: 所定の飛行針路と高度に従う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
飛行機
   
flights from swh: (場所からの)飛行機 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 222
飛行状態
   
stabilize one’s flight: 安定した飛行状態を保つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 407
飛来
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 466
怖じ気づいた
   
give an impression of flight: 怖じ気づいたと思われる クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 42
奔出
   
the flights of heroism: ヒロイズムの奔出 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the people in the flight tower: 管制官
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
in full flight: 総崩れで
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47
imitative flights of imagination: 想像の翼
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 252
flight of fancy: 空想
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 200
flight controller: 管制官
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
abrupt flight: 遁走
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 121
a flight of steep steps: 急な階段
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 30
watch the flight of the ball: 飛んでいくボールの行方を見守る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
too soft for any mental discipline or sharp flights of sprit: 本当に頭を働かせたり、精神の飛躍を試みたりするのにはい心地がよ過ぎる
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 13
to be flighted to death: 死ぬほどたまげた目にあう
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 52
three flights of dark red-carpeted stairs: 深紅のカーペットを敷いた階段で三階まで通じている
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 98
the pop and the long flight: 高く舞い上がったり大きく伸びたり
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 158
the last Pan Am flight for London leaves at one: パンナムのロンドン行き最終便は一時発
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 404
the flight is only about a third full: 乗客が定員の三分の一くらい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
the actual flight of the pitched ball to react audibly: ピッチャーの手から離れたボールが空気を切り裂いていく音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
take a flight to ...: (場所)へ飛ぶ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 407
prove to be a very rough flight: (飛行機が)ひどく揺れる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
predicted flight of the ball: ボールの予想飛跡
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 327
on a bumpy two-hour flight: よく揺れる飛行機に乗っている2時間のあいだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 51
mysterious pattern of the beetle’s flight: ニワハンミョウの妖しい足どり
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 13
make a flight from the trouble, in one’s own cook’s dress: 今度の騒ぎで、使っているコックの服を着て、辛うじて逃げ出す
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
in flight from some pursuing hand: 追っ手をかわそうとする
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 235
hurry up the several flights out onto the roof: 階段を駆けのぼり、屋上に出る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 357
hurl up high in flashing flights: あざやかな手さばきで空中高く投げあげる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 11
go up above ... for a short flight: (場所)の上空あたりをほんの一刻ふわふわと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
frightened expression on the flight attendant’s face: スチュワーデスが真っ青な顔をしている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
fall down a flight of stairs: 階段から転げおちる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
climb the three flights: 階段を四階まであがる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 357
be stimulated to the most extravagant flights of fancy: 刺激されて、大胆不敵な空想を展開する
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 34
a skilful and drawn-out flight: さんざん逃げまわる
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 22
walk briskly up the high flight of stone steps: 高い一続きの石段をとんとんとのぼる
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 136
early flight: 早朝フライト
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
the early fliers who pioneered over-water flight: 初めて海を越えた黎明期の飛行士
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 239
His intent was to go up above Long Beach for a short flight: ロングビーチの上空あたりをほんの一刻ふわふわと、というのが彼の思惑だったようだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
be locked in the mating flight contact with sb’s beasts: 交合飛翔の接触によって竜と一体となり身じろぎもしないでいる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 353
a MAC flight: 軍用機
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 294
I rad it all through again on a bumpy two-hour flight: よく揺れる飛行機に乗っている2時間のあいだに、もう一度目を通しておいた
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 51
The flight wasn't as restful for the others: ケリー以外の者には、あまり休まるフライトではなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 304
roar in the air like a flight of bees: まるで蜜蜂が唸りをあげて宙を飛ぶような勢いで町中にひろまる
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 45
one flight of fancy summons up the next: 空想が次の空想をよぶ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 200
turn into the final flight of stairs: 階段の最後の一列に足がかかる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 126
sb’s wild flight: 狂気の逃走
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 146air