foot   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あがり口
   
show sb to the foot of the stairs: (人に)階段のあがり口をしめす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 52
at the foot of the great staircase: 大きな階段のあがり口のところで ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 304
つま先
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311

フィート
   
at AA feet above ground level: 地上AAフィートで クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95

   
the peacock picked up its gray feet: 孔雀がその灰色の脚をぴょんぴょんとはねあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
根もと
   
the foot of ...: 〜の根もと レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 43
at the foot of the tall camphor tree: 大きな楠の根もと 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 189
昇り口
   
the foot of the stairs: 階段の昇り口 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 284
   
light of foot and heart: 心も軽く身も軽く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
   
without shifting one’s feet: 足の位置をそのままに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
walk with its feet up in the air: 足を空に向けて歩く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
wag one’s foot: 足をゆらゆらと揺する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 269
the foot of the bed: ベットの足下 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
stamp upon sb, until sb lie dead under one’s feet: (人を)さんざん足蹴にして踏み殺す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 37
sprain one’s foot: 足をつる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 30
set foot inside: 足を踏みいれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
sb’s feet: (人の)足下 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
return from an artfully reluctant trip to the bathroom under orders from sb to wash one’s feet: (人に)足を洗うことを命ぜられてわざとしぶしぶ足を洗ってきた 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
plant each foot: 一歩一歩、ゆっくり足を踏み出す ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 385
pivot on one’s left foot and drive off the right: 左足を軸に右足が地を蹴る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
pick up one’s forward foot: ピッチャーに近いほうの足をぐいっと引き上げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
one foot inside ... and ...: 〜に一歩足をふみいれたとたん〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
one’s feet printing tracks in one’s own blood: 動いたあとには血の足跡がしるされていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
one’s feet in the wind: 足が風になぶられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
lie down near sb’s feet: (人の)足下に横になる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 146
hit oneself in the foot: 足にぶつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 133
have one’s feet up on sth: (物に)両足をのせて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
foot fetishist: 足フェチの野郎 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 373
cross one’s feet: 足がもつれる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
be rocking too far back on one’s hind foot: 軸足に体重をかけすぎている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 227
be pretty much staved in from a foot or fist hurled by sb: 足で蹴ったか拳固でなぐったかしたらしい凹みがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
bare foot: 靴を履いていないほうの足 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
足どり
   
on catlike feet: 猫のような足どり ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 163
足の甲
   
glance off one’s foot: (人の)足の甲を打って倒れる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 32
足もと
   
in all one’s life one has never seen soldiers so uncertain on their feet: これほど足もとのおぼつかない兵士たちを見るのは、生まれてから一度だってない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
be a bit unsteady on her feet: 足もとがおぼつかない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 326
at the foot of the bed: ベッドの足もとに タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 178
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 57
足音
   
hear more feet than one’s own: 耳にとびこんでくるのは(人の)足音だけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
登り口
   
at the foot of the slope: 坂の登り口に 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 74
片脚
   
rest on foot in the crotch of a tree: 片脚を木の股にかける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 251
片足
   
without taking one’s foot off ...: 〜に片足をのせたまま サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 161
one foot on the rich carpet: 片足を豪奢なカーペットの上に置いて脚を組む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
   
move one’s feet: 歩を運ぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 154