forth   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
前に
   
tack back and forth: 前にうしろにタッキングをくりかえす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 94
roll one’s heads back and forth: 頭をぐるぐると前後に回す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 332

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

put forth flowers: 花をつける
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 5
hold forth: 延々と話しつづける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 405
go forth daily: 毎日出かけて行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 79
back and forth: 二、三度
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 106
and so forth: その他もろもろ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 109
and so forth: その他もろもろのもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 19
and so forth: とかなんとか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
with one’s arms pumping back and forth and one’s legs scarcely moving at all: 両手をこちょこちょとせわしなく振り回すだけで足の動きはちっとも変らない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
whip back and forth: ぶるんぶるんと揺れる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
walk back and forth at ...: (場所)のところを行ったり来たりする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 551
universal appeal, and so forth: 万民に通用するというか
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 38
turn the knob back and forth: ノブをがしゃがしゃと回す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 258
trundle busily back and forth: 自分で自分の身体をキャッチボールするようにせわしなく往復する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
toss back and forth harmless jokes: 罪のない冗談をとばしあう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 18
the child sb labored to bring forth into the world: 自分でお腹を痛めた子
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 389
swing one’s legs loosely back and forth: 脚をぶらぶらと動かす
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 72
start rocking back and forth: ぐらぐらと左右に揺れ動く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
set forth on one’s returning passage to ...: 〜へと帰途につく
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
say ..., and so on and so forth: 口々に〜を言い合う
rock sb back and forth: (人を)抱いて揺する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 76
rock back and forth: はげしく前後にゆする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
peer forth with increased eagerness: いよいよ一心になってのぞく
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 72
pass the looks back and forth: ちらちら視線を交わす
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
pass sth back and forth: ぱっぱっと出したりひっこめたりする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 216
pass back and forth sth: 回し飲みする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 255
pass a bag of potato chips back and forth: ポテトチップの袋を回す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 121
pace back and forth through the house: 家のなかをぐるぐると歩きまわる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
pace back and forth on the telephone: 電話機をもったまま行ったりきたりをくりかえす
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
pace back and forth: うろうろと往復する
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
move back and forth across the road: 道路を何度か行ったり来たりする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 64
make tapes and mail them back and forth: 手紙をテープに吹きこんでやりとりする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
look back and forth between sb and sb: (人と)(人の)顔を交互に見る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
look back and forth between sb and sb: (人の)顔と(人の)顔を順番に見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
lists go forth every evening: 名簿は毎夕発表される
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 177
let sth swing back and forth: (物を)ゆらゆらと前後に揺らせる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 198
let forth a tremendous sound on impact: 衝撃音がものすごい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
let forth a brief high sound: 短くかんだかい声を発する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 13
idly to rub the material back and forth: 生地をあてもなくしごく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 271
hold forth to disinterested sb: そんなことに興味のない〜にいちいち告げる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
go back and forth through the hoop: 否定したり肯定したり煩いつづける
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 12
go back and forth: 一進一退を繰り返す
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 425
go back and forth: 何度も往復する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
give forth with cynical carping: 辛辣な皮肉を吐く
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
find sth and show it forth: (物を)見いだし、それを身をもって示す
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 62
curving the ball and so forth: カーヴをはじめとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
can see schools of fish darting back and forth: 沢山の魚が群をなして素早く左右に動き回っているのが見える
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 105
calling forth one of two basic emotions: 基本的なふたつの感情のどちらかを誘発する
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 14
be rocking back and forth: ぐらぐらする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 167
be inclined to hold forth: 大いに乗りだしてくる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 279
back and forth between ...: 〜とのやりとり
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 373
and so on and so forth: きりがない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 110
and so on and so forth: それからそれへ膨らんで止まることを知らない
and so forth and so on: 〜して云々、と(人は)くだくだしく弁解する
argue back and forth: 丁々発止とやりあっている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 57
go back and forth between ...: 〜の間を往復する
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 29
back and forth: あれこれとりざたされている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 72
back-and-forth:応酬
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 161
bounce back and forth: 前後に行きつ戻りつする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 404
In his great misery, Peter broke forth with a brief childish smile: これほどの苦しみのさなかで、ピーターは子供っぽい微笑をさっとうかべると、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 23
bring forth smiles and laughter: 人々の微笑や高笑いを誘う
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 30
the bursting forth of flavors: はじける芳香
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 218
one’s own horribly repressed desire for expression suddenly burst forth: (人の)抑制は瞬時にして吹きとんだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 190
burst forth: 迸る
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 36
busily fly back and forth: せかせかと行き来する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 62
call forth: (非難が)わく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
the sound of a carpet sweeper being drawn back and forth over a rug: 掃除機が絨毯の上を行きつもどりつするときのうおーんという音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
be carried forth with ...: 〜を伴う
launch forth with an up-tempo chorus of ...: アップテンポで〜を歌いだした
cruise back and forth between swh and swh: (場所と場所の)間を流す
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 206
instead of sb’s drab slogging forth and back: (人が)よたよたと行きつもどりつする代りに
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 36
energetically sth gushes forth: 滾滾として湧いて出る
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 191
our serene, illustrious, excellent and so forth prince, our Lord king: 至仁、至高、至尊等等なる君主国王陛下
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 111
move gently back and forth: かすかに揺れる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 371
hold forth with one’s own peculiar notions about sth: (〜については)一家言を吐く
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 61
hold forth on ...: 〜を論ずる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 52