free   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あいた
   
free arm: あいた手 グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 30
ただでもらえる
   
free toothpicks: 爪楊枝がただでもらえる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 85
はるかかなたまで
   
have a free view: はるか彼方まで見晴らしがきく ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 86
ふりほどく
   
tug at ... in order to free oneself: 〜をふりほどこうとする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
ほとばしる
   
one’s laughter free as a waterfall: (人の)笑い声は滝のようにほとばしる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
ものごとにこだわらない
   
a free pleasing sound: ものごとにこだわらない、楽しげな笑い声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195

何でも
   
there is little that sb and sb don’t feel free to discuss with each other: ( 人と) ( 人は) 何でも話し合う仲だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 210
   
whenever sb can break free: 暇さえあれば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
解放感
   
be at once suddenly focused, rescued, finally free: 緊張と救いと解放感が同時に襲う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 281
気まま
   
be free and unclouded: 気ままで、なんのかげりもない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 135
気楽
   
will never again in one’s life be so free from responsibility: 生涯で一番気楽かも知れない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
給料なし
   
would work for free: 給料なしでもはたらきかねない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
去る
   
free of the burden of negative feelings: 恨みが去る 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 90
空いている
   
wave one’s free hand about: 空いているほうの手を振る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 104
空いているほうの
   
with one’s free hand: 空いているほうの手で 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
空に放つ
   
free the new swallowtails: 羽化したばかりのアゲハチョウを空に放つ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
空中
   
free fall: 空中降下 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
差し支えない
   
be free to do: 〜して差し支えない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
自由
   
will see sb dead before one will see sb free again: (人を)再び自由な身にするくらいなら、その前に〜を殺してやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 39
live one’s life in accordance with one’s own free will: 自分の自由意志で人生を生きている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
have both one’s arms free: 両手が自由になる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 346
feel free to do, if one wish: 気にしないで自由に〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
be free of the bonds that prevent one from doing: 〜する自由を得る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138
be free at last: 自由になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 68
be free: 自由の身だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 454
自由である
   
be free to draw one’s own conclusion: どう解釈するかは読む者の自由である フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 269
自由な
   
be kind of a free spirit: 自由な精神の持主 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 97
自由な市民
   
whose business is with all degrees of mankind, bond and free ...: (人の)治療相手は、それこそあらゆる身分階層の人間、囚人もいれば、自由な市民もいる、〜といったぐあいだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
自由に
   
have free rein too do ...: 自由に〜する権利がある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
be free to come and go as one like: 自由に(場所に)出かけていくことができる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
自由のきく
   
shower blows upon sb with her free wing: 自由のきく方のつばさで猛打の雨をふらせる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 92
手があいている
   
sb is free: 手があいている 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 93
食い止める
   
free sb from sth’s repetition: 〜の再発に(人が)巻き込まれるのを食い止める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 143
心配がない
   
free sb from ...: (人には)〜の心配がない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 53
振りはらう
   
struggle to free from sb’s powerful bear hug: もがきながらも(人の)強力なベアハッグを振りはらう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 123
振り向けることができるようになる
   
free resources for work on environmental security: 環境安全保障に関する作業のために資源を振り向けることができるようになる ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 11
調達する
   
free resources for growth and development: 成長と開発のための資源を調達する ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 12
派手
   
one’s gestures become more free: ジェスチュアが派手になる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
排して
   
free of all hyperbole: 一切の誇張を排して ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 184
不安定
   
free molecules: 不安定分子 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
万人の財産である
   
information should be free: 情報は万人の財産であるべきだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 46
無償で
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 79
無料
   
would work there for free: (人)なら無料でもはたらくさ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
get in for free: 無料見 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
無料で
   
have a free shot at ...: 無料で〜に行くことができる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187