frightened   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おずおずと
   
say sb, in a small frightened voice: いくぶんおずおずと小さな声でいう アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 106
おどおどした
   
a frightened lonely girl: ひとりぼっちのおどおどした娘 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
おののく
   
bewildered and frightened: うろたえおののく ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 158
おびえ
   
an angry, frightened clamorous voice: 声は、怒りとおびえと耳ざわりな騒音に彩られている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
おびえた
   
be a little frightened: おびえた雰囲気になる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 229
ぎょっとする
   
be suddenly frightened that in desperation ...: 〜と感ぜられて思わずぎょっとする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
こわいと思う
   
be too disoriented to be frightened: 感覚が混乱していて、こわいとも思わない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
それはもう心配する
   
be frightened for ...: 〜をそれはもう心配する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 352
どきどきするような
   
as with startled eyes and lips parted in frightened pleasure: 驚きに眼を見はり、どきどきするような楽しさから、脣をかすかに開けたまま ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 58

ビクつく
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 362
ビクビクしている
   
feeling frightened: ビクビクしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22

何かものにでもおびえたように
   
come running back frightened: 何かものにでもおびえたように ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 247
肝をひやした
   
a good deal frightened at the sudden change: あまりの急変化にすっかり肝をひやしたものの ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 29
気の小さい
   
a frightened nervous person: 気の小さい、驚き易い人間 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 85
気味が悪い
   
become a little frightened: 気味を悪がる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134
怯えているように
   
sound faint and a little frightened: 弱々しく、いくらか怯えているようにひびく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
怯気がついた
   
be evidently more frightened than hurt: 傷ついたというよりは、むしろ怯気がついたらしい スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 173
恐れる
   
be frightened of the unknown: 説明のつかないものを恐れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 183
恐怖
   
view ... with frightened suspicion: 〜を恐怖と疑惑の混じった目で眺める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
恐怖におびえる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
恐怖にとらわれた
   
sb frightened: 恐怖にとらわれた(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
恐怖を感じて
   
honestly frightened: 嘘いつわりなく恐怖を感じている デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 29
思う
   
be frightened that ...: 〜と思う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
心細い
   
look rather frightened and helpless: (人の)顔がいかにも心細そうだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
心配する
   
be surprised and frightened: 驚ろいて心配する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 99
心配だ
   
be more frightened for sb than for oneself at the moment: さしあたって自分のことよりひとのことが心配だ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 142
胆をつぶして
   
be so frightened: すっかり胆をつぶして ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 293
度肝を抜かれる
   
be frightened by the fifteen scruffy-looking foreigners: 十五名のむさくるしい男たちに度肝を抜かれる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 133
度胸のない
   
frightened people: 度胸のない人間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

become frightened: おそれをなす
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 131
be horribly frightened: 心配で生きた心地もなくなる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 194
be genuinely frightened: 真剣に心配する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 175
rattle a frightened tattoo: おびえきったようにバタバタと打つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
only look at sb in a helpless frightened sort of way: ほとほとおびえきったようすで、ちらとこちらを見るきりだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 85
one’s frightened mouse of a husband: 常日頃ネズミのようにびくついている臆病者の夫
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
looking frightened and confused: 不安げで頼りなげだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 52
got so frightened that ...: 背筋がぞっとして〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
frightened expression on the flight attendant’s face: スチュワーデスが真っ青な顔をしている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
become more and more frightened: どんどん恐怖がつのってゆく
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 18
be so much frightened that one do ...: すさまじく恐ろしい剣幕なので、〜する
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 48
be frightened a coward to equal sb: 〜と同じく臆病風に吹かれて、すっかり怖気づく
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 135
be far too frightened to call: それが心配で、つい敬遠しているところです
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 29
be a little frightened: 恐れに似た感情をいだく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
ask in a furtive, frightened way: おどおどと、妙にあたりをはばかるように言う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 201
act like a frightened fool: 臆病風に吹かれて馬鹿なことをする
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 411
echo in a tone that is half astonished and half frightened: 鸚鵡返しにいったけど、内心あきれるやら、ぞっとするやら
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 100
be vaguely frightened to find sb so astute: (人の)洞察力にかすかな脅威を感じる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 290
be frightened away from ...: 〜はじきだされる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 196
leaving sb frightened and bewildered in the doorway of the wood-sawyer’s house: ただ呆然とおびえながら、木挽き小屋の門先に立ちつくす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 173
You certainly frightened us!: まったく肝がつぶれたよ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 139
confused and frightened: まどい、怯えながら
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 51
be deeply frightened: とてもおびえている
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 315
His stories were what frightened people worst of all: かれの話というのが、いやというほど、みんなをちぢみあがらせた
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 15
a frightened leader: 指導者が恐怖にとりつかれた場合
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
look toward the frightened proprietor: 取り乱した店主のほうへ顔をあげる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 21
I'm frightened trying to look casual as sweat drips down my face: 私は努めて何気ないふうを装ったが、本当のところはすっかり上がってしまい、額に汗の粒が噴き出すほどだった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 208
be so frightened: すっかり度肝をぬかれる
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 106
stare at sb as if be frightened by something terrible: おぞましいものを見るように怯えた目をして(人を)見守る
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 157
sb look frightened: (人は)怖気づいた顔
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 243
it frightened me: なんだかこわかったわ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
get frightened: びくびくする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 158
don’t be frightened: ね、安心して
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 68
become frightened by ...: 〜ために動顛する
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 16
be thoroughly frightened: 震え上がる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 144
be so frightened: 度肝を抜かれる
志賀直哉著 マクレラン訳 『暗夜行路』(A Dark Night's Passing ) p. 14
be not frightened of nothing: こわいものなしだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 437
be frightened to ...: 〜して愕然とする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 432
be frightened of sth: (物は)苦手だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 170
be frightened for sb since ...: 〜があってから(人の)身を案じる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263
be frightened by sth: 〜には愕然とする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
be frightened by sth: (物が)おそろしくなる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 13
be frightened: おびえる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 104
hold sb in their furious frightened glare: 怒りと恐れをこめてひたと(人を)とらえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 300
Indeed, there was no reason to be frightened of Ginpei: また、おびえるにもおよばなかっただろう
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 92
be fascinated and frightened by their independence: かれらの団結に魅惑され、脅威を感じた
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 211
sb remembered being a little frightened: 自分が恐れに似た感情をいだいていたのを、(人は)よくおぼえている。
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
Secretly, though, it also frightened him: しかし実を言えば、彼は少し怖くもあった
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 200
Still, he was too anxious to see Estwald to let himself really be frightened: でも彼はエストウォルドに会いたい一心なので、驚いているひまはなかった
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 167