gentle   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おだやかな
   
the gentle figure of sb: (人の)おだやかな姿 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 443
かすかな
   
be limited to a gentle lulling sway: 心地よいかすかな振動を伝えるだけだ アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 121
なだらかな
   
gentle slope: なだらかな斜面 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 186
gentle incline: なだらかな斜面 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 255
のどかな
   
gentle valleys: のどかな谷あい レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 134
ほどよい
   
with gentle violence: ほどよい激しさで クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
やさしい
   
the gentle threat had made one drunk: このやさしい恫喝に(人は)酔った 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
have a gentle disposition: 気立てがやさしい 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
a gentle but insistent hand: やさしいけれどもゆるむことのない手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
やわらかな
   
gentle discouragement: やわらかな反対 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
やんわりと
   
And how Annie had overruled him in her gentle way: そんな彼を、アニーはいつものやりかたでやんわりと説き伏せたのだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
ゆるい
   
a gentle hill: ゆるい坂 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410

温かい
   
sb’s gentle concern is a key influence in helping sb do: (人が)〜できたのは(人が)示した温かい思いやりのせいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 494
温厚な
   
a gentle philosophical fellow: 温厚な悟りすました男 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 238
gentle decent civil servant: 温厚篤実な役人 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 324
gentle in one’s manner: 温厚な物腰 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 67
gentle soul: 温厚な人物 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193
have become someone old and wise and gentle: 年をとって分別をわきまえた温厚な人間に変わっている ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 239
穏やか
   
say in one’s gentlest voice: それ以上穏やかにはできぬほど穏やかに言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 484
in a gentle but explicit way: 穏やかだが、うむをいわさぬ調子 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 572
気が弱い
   
be gentle people: 気が弱い 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 141
軽い
   
feel a gentle lurch: 軽いバウンドを体に感じる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 180
軽く
   
give a gentle knock: 軽くノックする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 40
弱々しい
   
the image of his gentle smiling face flashes before my eyes: 彼の弱々しい笑顔が浮かんでしまう 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 35
小さな
   
hear the sound of gentle clapping: 小さな拍手さえきく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
上品な
   
gentle laugh: 上品な笑い ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 106
心もおだやか
   
they are a gentle people: 人の心もおだやかだ 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 18
心やさしい
   
gentle relentlessness: 心やさしいきびしさ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 214
a gentle country girl: 心やさしいカントリー・ガール ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
丁寧
   
sb’s voice is gentle--inflexible: 言葉つきは丁寧だったが、うむをいわさぬ響きがある アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 159
優しい
   
one’s long, slant eyes are gentle: (人の)目は細く切長で優しい光をもつ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 56
be drawn together by a gentle brotherly feeling: 兄弟の優しい心持ちが湧いてくる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
優しく
   
sound gentle to sb: (人に)優しく聞こえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
和らいだ
   
in marginally gentler tones: さきほどよりいくぶん和らいだ口調で デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 125
慇懃
   
a gentle polite, elderly person: 慇懃で物腰のやわらかい老人 ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 174

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

thoughtful, gentle sb: 痒いところに手の届くほど心遣いを見せている(人)
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 55
in gentle sorrow: 情合で
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
a gentle slope: だらだら坂
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 452
with a ferocious expression but surprisingly gentle eyes: 恐ろしい顔のわりには眼つきのやさしい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
speak with a gentle ambiguity: 声も甘く、はっきりしないもの言いをする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
smile a gentle smile: にっこりと笑う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
say in sb’s gentlest voice: 当たりの柔らかな口調だ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 99
one’s voice becomes gentle and low: 声を和らげて言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 336
in the gentlest and most tactful way: やんわりと遠回しに
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 57
in a gentler tone than before: 今度は調子を和らげて
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 15
in a gentle exercise at catching up on things: いろいろなことになじみをとりもどすための、まずは肩ならしだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
hear a gentle sound of movement: 人のうごく気配がかすかにする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 239
gentle aids to the power and honour of families: 家門の権力、名誉を救おうという工夫
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 218
cheerful, noisy, lazy, gentle downhill slope: 賑やかで騒しいだらだら坂
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 175
be too gentle ever to raise the issue: 控え目な男だからそんなことはおくびにも出さない
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 50
be really gentle girl: 気持ちは実に素直な女だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 71
be gentle to sb: (人を)慈む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 458
a gentle note of solicitude for sb’s plight: (人を)いたわる優しさ
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 33
a gentle accent which seems molded exactly to his appearance: といっても、顔かたちを見て初めてそれとわかるていどのなまりだ
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 11
at heart sb is actually a gentle person: 心根のやさしい人だ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
bestow on all of them the same gentle charity: どの人にもわけへだてなく優しい思いやりをかける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 10
gentle decent civil servant: 温厚篤実な役人
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 324
despite one’s friendly, gentle smile: その穏やかな表情とはうらはらに
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 66
have a gentle disposition: 人間は大人しい
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 143
gentle disposition: 穏やかな性格
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 144
A faded, middle-aged woman with a gentle face--but what was she really?: 優しい顔をした窶れた中年の女−−それにしてもあの女はいったい何者なのだろう?
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 231
in one’s gentle familiar way: (人の)いつものおだやかなやり方で
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
The soft Devon voice was grim and gentle at the same time: デヴォンシャー人の低い声は、きっぱりしたなかに優しさがこもっていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 277
be too gentle and hesitant: あまりに礼儀正しく、優柔不断だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 169
But Rie was a modest and gentle woman, and their relationship was harmonious: しかし妻の梨枝はやさしいつつましい人となりで、夫婦仲は睦まじかった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 5
gentle elegance one naturally possess: (人の)有している優しいもの、可憐なもの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 127
say in gentle rebuttal: のどかにやり返す
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 175
be remarkably gentle: ことさらやさしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 53
be still gentle and lovely: 可愛さと、やさしさが、今も残っている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 200
gentle threat: やさしい恫喝
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 139
say in an unnervingly gentle voice: 気味のわるいやさしい声をだす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 145