getting   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

don’t be getting above yourself: 実際以上に飾ろうとするんじゃない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 523
the accident has happened in getting sth out of cart: 椿事は(物を)車から下ろしているときに起った
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 51
be getting very selfish in one’s old ages: 年齢とともにすごく自分勝手になっている
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 349
be getting ahead of oneself: これは横道だ
spent XX years getting sth all set up: ここまで持ってくるのにXX年かけた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
Holden, you're getting handsomer by the minute: ホールデン、あんた、一分ごとにハンサムになっていくわ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 136
be getting angry: 腹立ちを覚えはじめる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 206
be getting pretty annoyed: だいぶかりかりしている
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 8
this isn’t getting us anywhere: これじゃラチがあかん
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 90
just as it is getting dark: うす暗くなる頃
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
have difficulty in getting sth away from sb: もぎ離すのがひと苦労だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 43
be getting carried away: かなり本気
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
be getting to be quite the New Yorker: すっかりニューヨークにくわしくなった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 380
begin getting ready: 肩ならしにかかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
Besides, I had little hope of getting a reply from him: 前例に徴して見ると、とても返事をくれそうになかったから
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 109
be getting a big kick out of the whole thing: すべてに見放された存在である
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 91
things are already getting blown way out of proportion: 事態はどうしようもなく大げさに受け止められている
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 81
keep sb from getting bored: 退屈しのぎになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 40
keep from getting bored: 退屈しのぎに
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 36
be patient about getting to the bottom: 結論をいそがず慎重にやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
be interested in getting to the bottom of sb’s death: (人の)死が気にかかる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 234
getting braver: ものおじしないようになった
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 328
there’s another bunch getting ready to hatch: もう一組、孵りかけているのがいますよ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 60
ask how sb be getting on with the business: 作業のはかどり具合を尋ねる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 37
that business about getting up early to see the first show: 早朝興行を見るために早起きしなければならないという話
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 119
It made me mad, though, when I was getting my coat: でも、オーバーを受け取りながら、腹が立ってたまんなかった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 137
think sb can forget getting any real sleep: ちゃんと眠れそうもないことを覚悟してなければなるまい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
sneak around sb’s rules without getting caught: こっそりと裏でうまくやる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
keep getting caught: 年じゅうパクられてる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 146
be gradually getting caught up in the excitement: だんだん騒がしくなって来た
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 416
be getting loud and clear: 声を大にして言いたい
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 174
be getting colder: 寒気が増す
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
confusing way of getting everything upside down: とんちんかんな習慣
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 15
have considerable difficulty getting to do: なかなか〜できない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 281
things are getting out of control: だんだん過熱してきた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 138
matters start getting out of control: 事態が手に負えなくなりはじめる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 337
be getting corny: そろそろイカさなくなった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 194
be getting a lot of sever cramps in one’s hands: 両手に痙攣がしょっちゅうくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 435
not a day passed without one’s eyes getting red and swollen from crying: 目を真っ赤に泣きはらさぬ日はない
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 52
be getting worse every day: 日に日に悪くなっていく
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 397
This was a very disturbed woman who needed help, and she wasn't getting it: アン・キャンベルは大きな悩みをもち、助けが必要であったにもかかわらず、それが得られなかった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 227
keep ... from getting dusty: 〜に土がつくのを嫌う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
for fear of getting embroiled: 掛かり合いになるのを恐れて
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 129
keep getting emptier and emptier: どんどん空っぽになってゆく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 36
getting even: 復讐
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
feel oneself getting excited for some reason: わけもなくすこし気持を高ぶらせているのを感じる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 120
be getting so excite about: 気をもむ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 18
be getting excited: あたふたする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 413
be getting the excrement off sth: 〜がとてもきれいになっている
the exhaustion from the heat and overwork is getting sb down: 暑さと疲労にいらいらする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
be getting expensive: お金がかかる一方
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 164
not a day passed without one’s eyes getting red and swollen from crying: 目を真赤に泣きはらさぬ日はない
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 52
be getting into less familar territory: だんだん、話が難しくなってくる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 165
keep getting fatter and fatter: みるみる肥えふとる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
even the damn sharks are getting finicky: だんだんサメも贅沢になってきやがったな
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 92
have fished without getting a nibble: 竿を出していつまでたってもちっとも魚信がない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
look in frequently to see how sb is getting in: (人の)様子をちょくちょく見にくる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 33
be getting full: 肉がつきはじめる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
just getting into full swing: 宴たけなわを迎えた
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 268
start getting funny: 態度がおかしくなりだす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 152
be getting warm: 蒸し蒸ししてくる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
Stephen was getting the measure of Harvey: スティーヴンはハーヴェイのやり口を見ならいつつあった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 246
be getting to sb: だんだん〜に焦らされている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
what’s the use of getting poetic about it?: キザないいまわしはぬきにしたらどうです?
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 66
this place is getting pretty run-down: この家も大分イカれてきたな
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
there is no getting around it: まあ、こんなものだろう、というところがある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
there is no getting around it: 誰もそれをとめることはできない
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 8
there’s no getting around it: 仕方がない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 111
sth is getting sb down: 〜にいらいらする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
start getting into trouble: トラブルに巻き込まれるようになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 203
spend too much time getting down to ...: (場所へ)精勤賞を貰えるほど足繁くかよう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
spend hours and hours getting nowhere: いくら時間をかけても、徒労におわる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 42
seem to be getting nowhere: 行き場をうしなった気分でいる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 144
realize that one is getting nowhere: とてもだめだ、と見きわめる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 303
one’s writhing is only getting worse: もがき苦しむ様子はただごとではない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
now we’re getting somewhere: これでやっと話が合いそうだ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 182
make a point of getting sb to do: (人が)うまく〜するようにもっていく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
know one is getting nowhere: 手に負えないことはわかっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
kept getting postponed: そのうち、そのうちと一日延ばしで
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
keep getting weirder: いよいよもってきみょうな〜だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
keep getting in the way: いつも邪魔だてをしてくれる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 252